ホワイトニング

ホワイトニングジェルとは?気になる効果やメリット・デメリットを徹底解説

更新日:

ホワイトニングジェルとは?気になる効果やメリット・デメリットを徹底解説

まるでマンガの登場人物のようにキラリ!と輝く白い歯。誰もが一度はそんな美しい歯にあこがれたことがあるのではないでしょうか?

しかし、日常生活で美しい白い歯を保ち続けるのは、現実的になかなか難しいもの。そんな時、使っているとたちまち歯が美しくなっていく、そんなアイテムがあったら気になりませんか?それが「ホワイトニングジェル」なんです。

ホワイトニングジェルは、文字通り歯磨き粉やジェル状の薬剤を歯に塗ることで、歯を白くする効果があります。歯医者に何度も通わなくても、ホワイトニングができるという手軽さから人気を集めています。

しかし、本当にホワイトニングジェルを塗るだけで歯が白くなるのでしょうか。興味はあるけど、ちょっと怪しくて手が出しづらい…そんな人もいるかもしれません。

そこで今回は、そんなホワイトニングジェルの気になる効果や使い方、ホワイトニングジェルを使うメリットやデメリットなどを解説します。気になるけど手が出せない人も、これを読んで検討してみてください!

ホワイトニングジェルってなに?

ホワイトニングジェルってなに?

ホワイトニングジェルとは、歯に塗ってホワイトニングを行うためのジェル

歯のホワイトニングには、歯医者で行う「オフィスホワイトニング」と歯医者に通わず自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。ホワイトニングジェルは、主にホームホワイトニングで使われます。

ジェルと言っても、通常の歯磨き粉と同じペースト状のものやマウスウォッシュタイプのもの、マウスピースにジェルを塗って装着するものなど、種類は様々なんです

ホワイトニングジェルのメリットとデメリット

ホワイトニングジェルのメリットとデメリット

ホワイトニングジェルを使ってみたいけど、本当に自宅でホワイトニングができるの?そんな不安を抱える人も多いはず。ここではホワイトニングジェルの気になるメリットとデメリットを紹介します。

ホワイトニングジェルのメリット

手軽にホワイトニングができる

ホワイトニングジェルの一番のメリットはやはりこれ。歯医者に通う時間がない!という人でも自宅で手軽にホワイトニングができるんです。

また多くの場合、歯に塗ったりマウスピースを装着するだけなので、簡単にできるのも人気のポイントです。

歯への負担が少ない

通常、ホワイトニングジェルを使ったホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べて薬液の濃度が薄いため、歯への負担が少ないことが特徴。濃度の低いホワイトニングジェルなら、歯や歯茎があまり強くない人にでも使うことができます。

これは、効果の強い物質の使用が薬事法で規制されており、市販のホワイトニングジェルには含まれていないため。ただしこれは日本の製品に限った話なので、海外製品には薬液の濃度が日本のものより高いものも存在します。

白さが継続しやすい

ホワイトニングジェルは、基本的に毎日使うことでゆっくりと歯を白くしていきます。そのため、じっくり時間をかける分、元の色に戻りにくいというメリットがあります。

オフィスホワイトニングは、通常3ヶ月ほどで元に戻ってしまいますが、ホワイトニングジェルを使うと約半年〜1間年継続白さが継続します

費用が安い

オフィスホワイトニングと比べると費用が安いのも魅力の一つ。オフィスホワイトニングの場合、毎回の料金に加えて歯医者に通う時間やお金もかかります。その上、歯のホワイトニングは保険適用外のため、全額自己負担となります。

ホワイトニングジェルなら購入する時にしかお金がかからないので、費用をグッと抑えられます

ホワイトニングジェルのデメリット

長く使わないと効果が出にくい

歯医者で行うオフィスホワイトニングに比べ、薬液濃度が低く歯への負担が少ないホワイトニングジェル。しかし、その分効果が弱いのも事実です

オフィスホワイトニングのように1回で目に見えるほどの効果は期待できず、長期間使い続ける必要があるため、すぐに歯を白くしたい人には向きません

毎日つける必要がある

ホワイトニングジェルは、基本的に毎日つけないと効果が発揮されません

特にマウスピースを使う場合などは、しばらくの間つけて終わったら洗うなどの作業があるので、毎日行うのが手間に感じる人は、なかなか続けにくいかもしれません。

つけている間は食事ができない

ホワイトニングジェルをつけている間は食事ができません。そのため夜遅く帰って食事をとる場合などは、ホワイトニングの時間が十分にとれないこともあります。

自分の生活スタイルを振り返って、ホワイトニングに必要な時間を確保できるか検討してみましょう

歯や歯茎を傷つける可能性もある

ホワイトニングジェルは海外製品も多く出回っており、薬液の濃度が日本のものより高いものも存在します。濃度が高いと知覚過敏が出たり、歯茎に当たった際に染みたりといった危険性があります。

市販のホワイトニングジェルを使う場合は自己責任となるので、不安な場合は歯科医師に相談して決めるのが安全です。

ホワイトニングジェルの種類と入手方法

ホワイトニングジェルの種類と入手方法

実は、ホワイトニングジェルといっても、歯磨き粉のようなペースト状のものやマウスウォッシュタイプのものなど種類は様々。ここではホワイトニングジェルの一般的な種類や使い方、入手方法などを紹介します。

歯磨き粉タイプ

通常の歯磨き粉のように、歯を磨くことでホワイトニングができるホワイトニングジェルです。歯磨き粉にも、一般的なペースト状のもの、粉状のもの、ジェル状のものなど種類があります。

ペースト状のものは普段の歯磨きと同じように使える一方、粉状のものやジェル状のものは歯の凹凸や隙間により入り込んで歯に密着するため、ホワイトニング効果が高まってよりきれいに仕上がります。

歯磨き粉タイプのホワイトニングジェルは市販で手に入るものも多く、通販でも品揃え豊富です

マウスウォッシュタイプ

液体で口の中を洗うマウスウォッシュタイプのホワイトニングジェル。口臭対策やオーラルケアに加えて歯に汚れをつきにくくする効果が期待できます。

ただし効果の持続時間は短いので、他のホワイトニングジェルよりも効果は薄めかも。こちらも市販のものが多く手に入れやすいです。

マウスピースタイプ

ホワイトニングジェルを塗ったマウスピースを装着して、薬剤を直接歯に塗るタイプ。オフィスホワイトニングの方法に近く、薬剤が長時間歯についているので、最も効果が期待できます

歯磨きをしてからマウスピースにジェルを塗って装着。終わったら外して口をゆすぎ、マウスピースを洗浄して乾燥させましょう。マウスピースは30分〜2時間ほど装着する必要があり、毎回洗うことなども考えると少し手間がかかります。

マウスピースを使ったホワイトニングは、専門の歯科医院で行うことができます。初回のみ来院して診察や方針の相談を行い、その後型を取ってホワイトニング専用のマウスピースを作ります。

マウスピースとホワイトニングジェルは市販でも手に入りますが、型が合わないことやジェルの成分が歯を傷つけてしまうことが原因で、満足な効果が得られない場合もあります。確実にホワイトニングしたい場合は歯科医院で作るのがおすすめです。

ホワイトニングジェルの効果を高めるポイント

ホワイトニングジェルの効果を高めるポイント

ホワイトニングを成功させて理想の白い歯に近づけるためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?ここでは、ホワイトニングジェルの効果を高めるために抑えておくべきポイントを紹介します。

ホワイトニングジェルの適量を守る

ホワイトニングジェルはたくさんつければより効果が出るといったことはありません。「歯1本に対して米粒の半分程度」など、適量が決まっています

逆につけすぎると歯茎まで白くなってしまうなどの問題が起きる可能性もあるので、適量をしっかり守りましょう。

決まった時間に毎日行う

ホワイトニングジェルは、継続して使うことで初めて効果を発揮します。時間があるときや気が向いた時だけ、というのではなく、毎日規則的に使うことがホワイトニング効果を高めるコツです。

また、ホワイトニングジェルの使用を継続するには、それを習慣化させるのが大事。夜寝る前やお風呂の間など、ホワイトニングジェルをつける時間を決めておくと、自然と毎日習慣的に使うことができます。ホワイトニングを自分の生活スタイルに組み込んでみましょう。

歯をしっかり磨く

歯に汚れが残っていると、その部分だけジェルが上手くつかず、ホワイトニングにムラができてしまいます。歯磨き粉タイプの場合は一緒ですが、ジェルの場合はしっかりと歯磨きをしてから使うようにしましょう。

ホワイトニングジェルの注意点

ホワイトニングジェルの注意点

ホワイトニングジェルには、使用する上でいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ホワイトニングを行う前にしっかり確認しましょう。

ジェルが歯以外につかないようにする

歯磨き粉やマウスウォッシュのように薬剤の濃度が高くないものなら構いませんが、マウスピースのジェルのように効果が強いものは、歯茎などにつくとそこまで白くなってしまったり、痛みがでてしまう場合もあります。

マウスピースを使う際は、必ずはみ出た分を拭きとって歯茎につかないよう気を付けましょう。万が一ついてしまったら、すぐに洗い流すようにしましょう。

ホワイトニングできない歯がある

人工歯や詰め物・被せ物はホワイトニングすることができません。そのため、ホワイトニングした歯と色が違い目立って見えてしまいます。すでに詰め物などがある場合は、ホワイトニングをする前に歯科医師に相談することをおすすめします。

食べ物の色がつきやすくなる

ホワイトニング後は歯が乾燥し、色がつきやすい状態になってしまいます。そのため、ホワイトニング直後にはコーヒーやカレーなど色の濃い食べ物や飲み物を取るのは避けましょう

また、喫煙も同様に色がつきやすいので、ホワイトニング直後は避けるようにしましょう。

ホワイトニングジェルのよくある質問

ホワイトニングジェルのよくある質問

ホワイトニングジェルに関するよくある質問をまとめました。ホワイトニングジェルを使ってみたいけど、ここが気になる!そんな疑問に答えていきます。

どれくらいで効果が出るの?

ホワイトニングジェルはタイプによって効果の強さが大きく異なります。しかし、オフィスホワイトニングに比べると時間がかかり、効果の強いマウスピースを使っても、通常2週間~1ヶ月ほどかかると言われます。

徐々に効果が表れるため、変化が目に見えにくいかもしれませんが、根気よく続けていくことが大事です。写真などで記録を残すとわかりやすいかもしれませんね。

時間が立つともとに戻ってしまうの?

オフィスホワイトニングよりも元に戻りにくいホームホワイトニングですが、それでも半年~1年間で元に戻ってしまうと言われます。

目に見えるほど歯が白くなったと感じた後でも、1ヶ月に1週間ほどはホワイトニングの習慣を続けるようにすると、白さがより持続します。

虫歯があってもホワイトニングはできるの?

範囲の小さいものなら虫歯があってもホワイトニングをすることは可能です。しかし、基本的には虫歯の治療を先に済ませてからホワイトニングを行うのがおすすめ。

ホワイトニングは虫歯の治療を邪魔してしまう可能性があるため、同時に行うことはできません。また、薬剤が虫歯の部分に染みて痛みが出る可能性や、ホワイトニング期間中に虫歯が進行してしまう可能性もあります。

そのためまずは虫歯の治療を行いましょう。また、詰め物などはホワイトニングできないため、ホワイトニングを考えている場合は治療の際に歯科医師に相談しましょう。

マウスピースは寝ながら使っても大丈夫?

睡眠時に使うタイプもありますが、そうでない場合は睡眠時に使用しない方が良いでしょう。

寝ている間にのどの奥に薬剤が流れこんだり、飲み込んでしまう危険性があるほか、無意識にマウスピースを強く嚙んで壊してしまう可能性もあります。

ホワイトニングジェルのおすすめ4選!

これを読んで、ホワイトニングジェルを使ってみたい!そう思ったあなたのために、最後はおすすめのホワイトニングジェル4選を紹介します。

オパールエッセンス

おすすめホワイトニングジェル①オパールエッセンス
オパールエッセンス[出典:Opaleescence

アメリカで製造されたホワイトニングジェルで、ホームホワイトニングの中では最も信頼性が高くポピュラーです。過酸化尿素を配合した粘性の高いジェルをマウスピースに塗って使います。

基本的に歯科医院の販売する商品なので、一度来院して診察を受ける必要があります。

トゥースMDホワイトEX

おすすめホワイトニングジェルおすすめ②トゥースMDホワイトEX
トゥースMDホワイトEX[出典:楽天市場

累計100万本以上を売り上げる人気のホワイトニングジェル。泡立たないジェル状の歯磨き粉タイプです。

歯のくすみの原因である、コーヒーやたばこなどの沈着汚れ「ステイン」を強力に落とし、なおかつ歯の表面のエナメル質を保護することで、健康な白い歯を保つことが可能です。

ホワイトWスタージェルII

おすすめホワイトニングジェルおすすめ③ホワイトWスタージェルII
ホワイトWスタージェルII[出典:楽天市場

ジェルタイプの薬剤にLEDライトを当てることで「光触媒」作用によって歯の汚れを分解するホワイトニングジェル。光触媒を利用したホワイトニングは、痛みや歯へのダメージが少ないのが特徴です。

汚れを分解・除去する効果のほか、歯をコーティングしたり口臭を防ぐ効果もあります。

ティオンホームプラチナ

おすすめホワイトニングジェルおすすめ④ティオンホームプラチナ
ティオンホームプラチナ[出典:DCデンタル

歯科医院で使用される本格的なホワイトニングジェル。専用のマウスピースにジェルを塗って使用します。

水となじみやすく、有効成分が歯に浸透しやすいのが特徴です。ジェルは通販などで手に入りますが、マウスピースは専門の歯科医院で作ってもらう必要があります。

まとめ

今回は、ホワイトニングジェルの効果や種類などを紹介してきました。手軽で使いやすい反面、続けないと効果が出ない点や、歯に痛みが出るなどのリスクも考慮する必要があります。使い方を守って根気よく続ければきっと効果は表れるはず。あなたもホワイトニングジェルで、理想の白い歯を目指してみては?

-ホワイトニング

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.