ホワイトニング

市販のホワイトニングは効果があるの?おすすめ製品や選び方を紹介

更新日:

市販のホワイトニングは効果があるの?おすすめ製品や選び方を紹介

ふと笑った時にさりげなく見える白い歯。それだけで何だか爽やかな印象を与えてくれますよね。そんな美しい歯を手に入れるために行うのが「ホワイトニング」。しかし、ホワイトニングは有名人が専門の施設でやっていて、なんとなく高いイメージを抱くかもしれません。

しかし、実は市販の製品でもホワイトニングを行うことができるんです!市販のものはジェルタイプや歯磨き粉タイプなど種類豊富で価格も手頃。歯科医院に通うのはちょっと…という人でも、気軽に始められるのが魅力です。

しかし、市販のホワイトニングと聞くと、「本当に効果があるの?」「種類が多くてどれを選べばいいかわからない…」そんな人も多いと思います。

今回はそんな人のために、市販のホワイトニングで本当に歯が白くなるのか、そしてホワイトニングの種類や上手な選び方を解説していきます!

市販のホワイトニングで歯は白くなるの?

市販のホワイトニングで歯は白くなるの?

まずはじめに一番気になるのは、「市販のホワイトニングで本当に歯が白くなるのか」というところ。結論から言うと、正しく使えばある程度効果は出ると言えるでしょう。ここでは、市販のホワイトニングの効果や歯科医院のホワイトニングとの違いを解説します。

歯科医院のホワイトニングとの違い

歯科医院で行うホワイトニングを「オフィスホワイトニング」、市販の製品を使って自宅で行うものを「ホームホワイトニング」と言います。

ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと比べると効果が薄いと言われています。それでは、これらは一体何が違うのでしょうか。最も大きな違いは、使用できる薬剤です。

歯科医院のホワイトニングは「過酸化水素(過酸化尿素)」という薬剤を使用しており、歯の表面の汚れや色素を分解して無色化します。さらにエナメル質の構造を変化させることにより歯を白く見せることができるのです。

しかし、治療のために過酸化水素を取り扱うのには、歯科医師免許が必要です。そのため、日本国内では市販のホワイトニングで過酸化水素を配合することは、薬事法で禁止されています

市販のホワイトニングの効果

それでは、市販のホワイトニングには歯を白くする効果がないのでしょうか。もちろんそんなことはありません。

市販のホワイトニングには、主にステインなどの着色汚れを落として、汚れをつかないようにすることで歯を白くする効果があります

そのため、歯の構造そのものを変化させる歯科医院のホワイトニングよりは効果が弱いですが、継続して使い続けることで、歯本来の白さを取り戻す効果が期待できるのです。

市販のホワイトニングのメリットとデメリット

市販のホワイトニングのメリットとデメリット

市販のホワイトニングの効果を知ったところで、買おうか迷っている人のために、次は市販のホワイトニングのメリットとデメリットを紹介していきます。

ホワイトニングジェルのメリット

自宅でホワイトニングができる

市販のホワイトニングの一番のメリットはやはり手軽さ。歯医者に通う時間がない!という人でも自宅で手軽にホワイトニングができるんです

また多くの場合、歯に塗ったりマウスピースを装着するだけなので、簡単にできるのも人気のポイントです。

歯への負担が少ない

通常、市販のホワイトニングジェルを使ったホワイトニングは、オフィスホワイトニングに比べて薬液の濃度が薄いため、歯への負担が少ないことが特徴。濃度の低いホワイトニングなら、歯や歯茎があまり強くない人でも使うことができます

費用が安い

オフィスホワイトニングと比べると費用が安いのも魅力の一つ。オフィスホワイトニングの場合、毎回の料金に加えて歯医者に通う時間やお金もかかります。その上、歯のホワイトニングは保険適用外のため、全額自己負担となります。

市販のホワイトニングなら、価格が安いものも多く出ている上に、購入する時にしかお金がかからないので、費用をグッと抑えられます。

ホワイトニングジェルのデメリット

長期間使わないと効果が出にくい

先程の解説のように、歯の構造を変化させる歯科医院のホワイトニングに比べると、市販のホワイトニングはあくまで汚れを落とすことが主なはたらきのため、長く使わないと効果が出にくいのがデメリット

歯科医院のように1回で目に見えるほどの効果は期待できず、長期間使い続ける必要があるため、すぐに歯を白くしたい人には向きません

歯や歯茎を傷つける恐れがある

市販のホワイトニングは海外製品も多く出回っています。薬剤の使用が薬事法で規制されているのは日本製品のみのため、海外製の中には薬剤の濃度が日本より高いものも濃度が高いと知覚過敏が出たり、歯茎に当たった際に染みたりといった危険性があります

市販のホワイトニングを使う場合は自己責任となるので、不安な場合は歯科医師に相談して決めるのが安全です。

市販のホワイトニングの種類と使い方

市販のホワイトニングの種類と使い方

市販のホワイトニングには、普段使うような歯磨き粉タイプや本格的なマウスピースタイプなど、様々な種類があるんです。ここでは、市販のホワイトニングの種類や使い方、入手方法などを紹介します。

歯磨き粉タイプ

通常の歯磨き粉のように、歯を磨くことでホワイトニングができます。価格も手頃で使いやすいのが魅力。歯磨きの目的同様、歯についた着色汚れを落とすのが主な働きです。

歯磨き粉タイプには、普段の歯磨きと同じように使えるペースト状のものだけでなく、粉状のものやジェル状のものもあります。歯の凹凸や隙間により入り込んで歯に密着するため、ホワイトニング効果が高まってよりきれいに仕上がります。

歯磨き粉タイプのホワイトニングは市販で手に入りやすく、通販でも品揃え豊富です。

マウスウォッシュタイプ

液体で口の中を洗うマウスウォッシュタイプのホワイトニング。口臭対策やオーラルケアに加えて歯に汚れをつきにくくする効果が期待できます。ドラッグストアなどでも多く販売されています。

ただし効果の持続時間は短いので、他の製品よりホワイトニング効果は薄めかも。普段の歯磨きにプラスして使うのがおすすめです。

マウスピースタイプ

ホワイトニングジェルを塗ったマウスピースを装着して、薬剤を直接歯に塗るタイプ。薬剤が長時間歯についているので、最もホワイトニング効果が期待できます

使い方は、歯磨きをしてからマウスピースにジェルを塗って装着。終わったら外して口をゆすぎ、マウスピースを洗浄して乾燥させます。マウスピースは30分〜2時間ほど装着する必要があり、毎回洗うことなども考えると少し手間がかかります。

マウスピースを使ったホワイトニングは、専門の歯科医院に処方してもらい行われることが多い方法です。理由は、型が合わないことやジェルの成分が歯を傷つけてしまうことが原因で、満足な効果が得られない可能性があるため。確実にホワイトニングしたい場合は歯科医院で作るのがおすすめです。

ペンタイプ

歯の汚れを落とす薬剤が配合された液体を、歯にマニキュアのように塗っていくタイプのホワイトニング。

サッと塗るだけで手早く歯を白く見せることができるため、デートやパーティの前など、ここぞという場面で使えます。コンパクトな容器は持ち運びに便利で、外出先でもすぐに取り出して使うことができます。

ただし、歯に自分で直接塗るため色むらができたり、効果が1日前後と短いのがデメリット。また、商品によっては乾燥させるために放置する時間が必要な場合もあるので、急に使う場合に備えて買う前にチェックしましょう。

シールタイプ

歯をパックのように包み込むことで成分が浸透し、ホワイトニング効果が得られます。販売している場所が限られるため手軽さには欠けますが、歯磨きと合わせて使うことで白さが実感できると良い評判も。

しかし、歯の1列にまとめて貼るため、歯並びによっては成分が均一に行き届かず、効果にムラが出てしまう場合も。また、内容量に対して値段が高いものが多く、他の製品とく選べるとコストパフォーマンスや手軽さに欠けると言えます。

消しゴムタイプ

歯の表面を擦り、消しゴムのように汚れを落とすタイプ。汚れの箇所をピンポイントで狙って落とせるところがメリットです。値段も1,000円以内で購入できるものが多く、手軽に手に入れられます。

消しゴムタイプの多くは、研磨剤が含まれたシリコンでできています。強く擦りつけると歯の表面を傷つけてしまう危険性があるため、頻繁に使うのはNG。なかなか取れない汚れを手っ取り早く落としたい時に有効です。

市販のホワイトニングの選び方

市販のホワイトニングの選び方

たくさん種類のある市販のホワイトニングですが、どれに決めたら良いかわからないという人も多いはず。ここでは、市販のホワイトニングを選ぶ際に考えるポイントをまとめました。

ホワイトニングの有効成分で選ぶ

市販のホワイトニングでは、製品によって含まれる成分が大きく異なります。歯を白くするための成分でも、それぞれに働きが異なるのです。

例えば、歯の黄ばみを抑えて歯を白くしたい場合は「ポリリン酸ナトリウム」が有効。汚れを除去するだけでなく、歯の表面のコーティングし、汚れの付着を防ぐ働きがあります。

歯の光沢を出したいなら「ハイドロキシアパタイト」がおすすめ。歯の表面についた細かい傷を埋めて、滑らかな光沢ある歯を作る効果があります。

このように、ホワイトニングの目的に合わせて有効成分に注目すると良いでしょう。

研磨剤や漂白剤の有無で選ぶ

市販のホワイトニングの多くには、「研磨剤」や「漂白剤」が含まれています

研磨剤は汚れを落とす効果がありますが、粒子が大きいほど歯を削る力が強くなるため、歯の表面のエナメル質を傷つけたり、歯茎にダメージを与える危険性もあります。研磨剤の粒子が小さい「低研磨性」の歯磨き粉であれば、歯や歯茎へのダメージを抑えながら汚れを落とすことができます

また「研磨剤不使用」のもので、磨くのではなく浮かせて汚れを落とす成分が配合された歯磨き粉もおすすめです。

漂白剤は歯を白くする上で効果は大きいですが、その分歯や歯茎への刺激が強いのがデメリット。歯があまり強くなく、染みるのが苦手という人は、「漂白剤不使用」のものを選ぶと良いでしょう

価格で選ぶ

市販のホワイトニングは、製品によって値段が大きく異なります。安いものには効果がない、というわけではありませんが、ホワイトニング効果のある成分が多く含まれているほど値段は上がります

毎日使うものなのか、定期的なケアのために使うのかなど、使用頻度を考えて無理なく使い続けられる値段のものを購入すると良いでしょう。

日本製・海外製で選ぶ

市販のホワイトニングには、海外製のものも多く出回っています。海外製のものには日本で使用できない過酸化水素などが含まれていたり、薬剤の濃度が高かったりするものも。その場合、よりわかりやすく歯が白くなるかもしれません。

しかし、日本人の歯は欧米人と異なり、エナメル質が薄くて弱いと言われています。そのため、高濃度のホワイトニングを使用することで、知覚過敏などの症状がでる恐れもあるんです。

これに対して日本製品の場合、薬剤の使用が制限されている分効果は弱くなるかもしれませんが、低刺激で安心して使うことができます

市販のホワイトニングの効果的な使い方

市販のホワイトニングの効果的な使い方

市販のホワイトニングでも、正しく使えば歯を白くする効果が得られます。ここでは、市販のホワイトニングの効果的な使い方を紹介します。

ホワイトニングの適量を守る

どのホワイトニング製品でも適量が決まっており、一気にたくさん使えばより効果が出るといったことはありません

特に効果の強いホワイトニングジェルなどは、つけすぎると歯茎まで白くなってしまうなどの問題が起きる可能性もあるので、適量をしっかり守りましょう

決まった時間に毎日行う

ホワイトニングは継続して使うことで初めて効果を発揮します。時間があるときや気が向いた時だけ、というのではなく、毎日規則的に使うことがホワイトニング効果を高めるコツです。

ホワイトニングを継続するには、それを習慣化させるのが大事。夜寝る前やお風呂の間など、ホワイトニングの時間を決めておくと、自然と毎日習慣的に使うことができます。ホワイトニングを自分の生活スタイルに組み込んでみましょう。

ホワイトニング直後に色のつくものを食べない

ホワイトニング後は歯が乾燥し、色がつきやすい状態になってしまいます。そのため、ホワイトニング直後にはコーヒーやカレーなど色の濃い食べ物や飲み物を取るのは避けましょう。食事の後にホワイトニングを行うようにすれば、無理なく続けられます。

また、喫煙も同様に色が付きやすいので、ホワイトニング後は避けたほうが良いでしょう。

おすすめホワイトニング製品10選!

これを読んで、ホワイトニングを使ってみたい!そう思ったあなたのために、最後はおすすめの市販ホワイトニングを種類別に紹介します。

Dr.オーラル ホワイトニングパウダー

おすすめホワイトニング製品①Dr.オーラル ホワイトニングパウダー
出典:楽天市場

パウダータイプのホワイトニング歯磨き粉。粒子が細かく泡立たないので、歯の隙間にしっかり入り込んで磨くことができます。

こちらは卵の殻が原料の「卵殻アパタイト」を40%も配合。アパタイトには汚れを強力に吸着する力があり、歯を白くするだけでなく、歯をコーティングして口臭も防ぐ効果も持っています。

  • 内容量:26g
  • タイプ:歯磨き粉(パウダー)
  • 効果:ステイン除去、歯垢除去、口臭予防
  • 価格:1,430円

アパガードプレミオ

おすすめホワイトニング製品②アパガードプレミオ
出典:楽天市場

ペーストタイプのホワイトニング歯磨き粉。歯垢の除去と同時にエナメル質を修復して、歯の再石灰化を行います。また、パール成分を配合しており、歯を白く美しく見せる事ができます。

さらに、薬用成分が雑菌の繁殖を防ぎ、歯周病の予防や口内環境のケアも一緒に行うことができます。

  • 内容量:100g
  • タイプ:歯磨き粉(ペースト)
  • 効果:歯垢除去、歯周病予防、歯の再石灰化、オーラルケア
  • 価格:1,130円

トゥースMDホワイトEX

おすすめホワイトニング製品③トゥースMDホワイトEX
出典:楽天市場

ジェルタイプのホワイトニング歯磨き粉。「ピロリン酸4Na」などの洗浄成分がステインに働きかけて、着色汚れや黄ばみを落とします

また、こちらの歯磨き粉は研磨剤を使っていないので歯の表面を傷つける心配もありません。虫歯を防ぐ効果もあり、健康な白い歯を守ってくれます。

  • 内容量:11ml
  • タイプ:歯磨き粉(ジェル)
  • 効果:ステイン除去、虫歯予防、口臭予防
  • 価格:4,980円

ブレスマイルクリア

おすすめホワイトニング製品④ブレスマイルクリア
出典:Amazon

ペーストタイプのホワイトニング歯磨き粉。5つの有効成分が歯石の沈着や虫歯を予防し、口内環境をトータルケアしてくれます。

また「ウーロン茶エキス」や「海藻エキス」などを配合した独自の「シャイニングナノカプセル」が歯の凹凸や隙間に密着して、磨くたびに美しい歯へ近づけてくれます。

  • 内容量:60g
  • タイプ:歯磨き粉(ペースト)
  • 効果:ステイン除去、虫歯予防、口臭予防
  • 価格:1,280円

ハニックDC ルナ

おすすめホワイトニング製品⑤ハニックDCルナ
出典:楽天市場

歯に直接塗るペンタイプのホワイトニング。どこでもサッと塗るだけでナチュラルな白い歯に見せることができます

塗った後、約10秒で乾き、効果は8時間以上持続します。成分も歯に優しいハイドロキシアパタイトと天然ハーブで長時間つけても安心。使い終わったらいつもの歯磨きでサッと落とせます。

  • 内容量:5.5ml
  • タイプ:ペン
  • 効果:歯の色を補正
  • 価格:1,289円

クリーンスマイル ティースケアテープ

おすすめホワイトニング製品⑥クリーンスマイル ティースケアテープ
出典:Amazon

シールタイプのホワイトニングで、累計3万個以上を売り上げる人気商品です。上下の歯に貼ったあとにブラッシングすることで効果を発揮します。

個別包装でどこでも簡単に持ち運べるので、旅行先などでもホワイトニングを続けることが可能です。

  • 内容量:14枚
  • タイプ:シール
  • 効果:ステイン除去
  • 価格:3,480円

トゥースティック

おすすめホワイトニング製品⑦トゥースティック
出典:楽天市場

消しゴムタイプのホワイトニング。頑固なタバコやコーヒーの色素汚れをピンポイントで擦り落とすことができます

キシリトールを配合しているので、虫歯予防にも効果があります。スティックタイプなので持ち運びにも便利。値段も手頃で手に入れやすいアイテムです。

  • タイプ:消しゴム
  • 効果:ステイン除去、虫歯予防
  • 価格:257円

スマホワイトプラス

おすすめホワイトニング製品⑧スマホワイトプラス
出典:楽天市場

マウスピースを使った本格的なホワイトニングが自宅で簡単にできるアイテム。ジェルを塗ったマウスピースにスマホをつなぐとLEDが照射。15分間装着するだけでOKなので、時間や場所を選びません

ジェルに含まれる「酸化チタン」にLEDを当てることで「光触媒」の効果が生まれ、歯のステイン汚れを浮き上がらせます。さらに「パパイン酵素」で保湿や着色分解を行ってくれます。

  • 内容量:30g
  • タイプ:マウスピース
  • 効果:ステイン除去、口内保湿
  • 価格:5,980円

ホワイトWスタージェルII

おすすめホワイトニング製品⑨ホワイトWスタージェルII
出典:楽天市場

マウスピースタイプのホワイトニング。ジェルの薬剤にLEDライトを当てることで「光触媒」作用によって歯の汚れを分解します。痛みや歯へのダメージが少ないのが特徴です。

汚れを分解・除去する効果のほか、歯をコーティングしたり口臭を防ぐ効果もあります。

マウスピースはワイヤレスでタイマー付きと使いやすい仕様に。また防水なので丸洗いも可能です。

  • 内容量:30g
  • タイプ:マウスピース
  • 効果:ステイン除去、歯石の除去、口臭予防
  • 価格:10,000円(ジェル3,300円+マウスピース6,700円)

BEMOVITA マウスウォッシュ

おすすめホワイトニング製品⑲BEMOVITAマウスウォッシュ
出典:Amazon

マウスウォッシュタイプのホワイトニング。2種類の有効成分が、口内トラブルの原因菌を殺菌して、虫歯や歯周病などを防いでくれます

さらに、歯石や汚れを除去するほか、口臭予防にも効果的な成分が含まれています。ホワイトニングをしながら口内ケアもバッチリです。

  • 内容量:400ml
  • タイプ:マウスウォッシュ
  • 効果:ステイン除去、歯周病予防、オーラルケア、口臭予防
  • 価格:1,980円

まとめ

今回は、市販のホワイトニングの効果や選び方、そしておすすめのホワイトニング製品を紹介しました。歯科医院での本格的なホワイトニングと比べると効果は劣りますが、安くて使いやすいのが魅力の市販のホワイトニング。正しい使い方で継続して使えば、しっかり効果が出るはずです。自分にあったホワイトニングを選んできれいな白い歯を目指しましょう!

-ホワイトニング

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.