ブルーライト

【実体験レビュー!】JINSとZoffのブルーライトカットメガネはどっちがいいの?

更新日:

【実体験レビュー!】JINSとZoffのブルーライトカットメガネはどっちがいいの?

「JINSやZoffのブルーライトカットメガネで悩んでいるけど、どっちがいいの?」

「JINSやZoffのブルーライトカットメガネにはどんな違いがあるの?」

JINSやZoffのブルーライトカットメガネを探している人は、こんな風な疑問を持っている人は多いのではないでしょうか。どうせ買うなら希望通りのものを手に入れたいですよね。

この記事ではJINSやZoffのブルーライトカットメガネの違いや選び方などを詳しく解説していきます。読んでいただければ自分に合ったメガネを購入できるようになります。

JINSやZoffのブルーライトカットメガネには効果があるの?

JINSやZoffのブルーライトカットメガネには効果があるの?

JINSやZoffのブルーライトカットメガネには目を守る効果があります。ではどのような影響から目を守ってくれるのでしょうか。

ここではブルーライトが人体にどのような影響を与えるのかやJINSやZoffのブルーライトカットメガネの効果などを紹介していきます。

ブルーライトカットが人体に与える影響とは?

ブルーライトは人体への悪影響が懸念されています。

その理由はブルーライトのエネルギーが極めて強いからです。その力は紫外線級ともいわれ、それがパソコンやスマホなどの画面から目にドンドン入り込んでいるのです。

この光を受け続けていると、眼精疲労を誘発したり体内リズムを乱したりする可能性があります。

ブルーライトカットメガネの効果とは?

JINSやZoffのブルーライトカットメガネにはレンズに特殊なコーティングがされています。これによって目に入ってくるブルーライトを吸収しているのです。

つまり、ブルーライトカットメガネをつけることで目に入り込んでくる強烈なエネルギーを軽減できるのです。その結果、眼精疲労などの予防・改善が期待できます。

目の健康のためにもJINSやZoffのブルーライトカットメガネをつけてみてはいかがでしょうか。

JINSやZoffにはどんなブルーライトカットメガネがあるの?

JINSやZoffにはどんなブルーライトカットメガネがあるの?

JINSやZoffのブルーライトカットメガネの効果がわかれば、実際どのようなものがあるのか気になると思います。ここではJINSとZoffそれぞれの違いや特徴について紹介していきます。

JINSやZoffのブルーライトカットメガネの違いとは?

JINSやZoffは低価格で購入できたりネットで注文できたり共通点はいくつもありますが、大きな違いはブルーライトカット率とフレーム、価格です。

実は「ブルーライトメガネ」とひと言でいってもカット率にさまざまな種類があります。

例えば、JINSであれば25%と40%カットできるものがあります。一方のZoffは33%と50%カットのものです。

フレームもJINSとZoffとでは方向性が全く違います。JINSは種類や付け心地にこだわっています。ZoffはZoff SMATやZoff CLASSICなどシリーズがあり、フレームのデザインが豊富です。

さらに、価格に関しても違いがあります。JINSは基本的に5,000円(税抜)でブルーライトカットメガネの購入が可能で、薄型非球面レンズに対応させる場合でも追加料金なしで変えられます。

つまり、度数がついた少し特殊なレンズでも価格据え置きでブルーライトカットメガネが作れるのです。

一方、Zoffはお手頃価格のシリーズのフレームを選べば、5,500(税込)でブルーライトカットメガネが購入できます。ただし、薄型非球面レンズなどの特殊なレンズは追加料金がかかってしまうので、注意が必要です。

ザッとJINSとZoffの違いを紹介しましたが、以下では特徴についても具体的に解説していきます。

JINSのブルーライトカットメガネ

JINSのブルーライトカットメガネの特徴は、すべての人が使いやすいメガネを目指して設計されているところです。

例えば、ノーズパッドレスのフレームにすることで、目だけでなく鼻への負担も軽減しています。また、軽量で弾力がある素材を使うことでメガネをつけている感覚を忘れられます。

さらに、フレーズを自分で曲げて調整することも可能です。自分で好きなように調整ができるので、目や耳が痛くなりにくく、ずり落ちを防止することができます。

一般的にメガネの調整は店舗に行かなければなりませんが、JINSのブルーライトカットメガネなら、その場で自分の心地がいい形に変えられるのです。

Zoffのブルーライトカットメガネ

Zoffのブルーライトカットメガネの特徴は、機能性とデザイン性の両立を目指しているところです。

例えば、Zoff SMARTは最先端の特殊軽量プラスチックを使用することで機能性を実現しています。これに加えて、Zoffは特許出願中のテンプル空洞構造を搭載することで、メガネをタフにしつつデザイン性もアップさせています。

また、Zoff CLASSICでは80年代を代表するウェリントンフレームを最新の技術を使うことで、耳への負担を軽減して自然な付け心地を実現しているのです。

他にも、Zoffオリジナルの蝶番を採用したりシリコンエアパッドを使うことで、今よりも使いやすくておしゃれなメガネを追求し続けています。

JINSのブルーライトカットメガネの選び方

JINSのブルーライトカットメガネの選び方

JINSのブルーライトカットメガネはすべての人がつけやすいメガネですが、どれを選んでも良いわけではありません。

ブルーライトのカット率をしっかりと確認して購入しなければ、期待通りの効果が得られないのです。

ここではJINSのブルーライトカットメガネの選び方と購入方法を紹介していきます。

JINS SCREENのブルーライトカット率の選び方とは?

JINS SCREENのブルーライトカットメガネを選ぶときは、以下の3つのポイントに注意して購入しなければなりません。

1. ブルーライトのカット率
2. 使用目的
3. 見た目

ここではそれぞれのポイントを詳しく解説していきます。

どのくらいブルーライトをカットしたいか

すでに説明しましたが、JINSには基本的に25%と40%、2種類のカット率のレンズが用意されています。

できるだけ多くのブルーライトをカットしたいのであれば40%のレンズを選ぶことが必要です。一方、少しでよいというのであれば25%のレンズでも十分でしょう。

ポイントはブルーライトのカット率を上げるとレンズの色が少し黄色みがかかってくることです。つまり、カット率を上げれば視界や見た目などに大きな影響を与えるのです。

JINSでブルーライトメガネを選ぶ時はカット率だけでなく、使用目的や見た目などにもしっかりと考慮して選ぶようにしましょう。

なお、JINSのブルライトカットメガネには60%カットのレンズをオプションでつけられます。とにかく最大限ブルライトをカットしたいという人は検討してみてください。

使用する目的

JINSには基本的に2種類のカット率のレンズがあるので、使用目的で選ぶことが有効です。

例えば日常的に使用するのであれば見た目が透明なレンズの25%カットのものがおすすめです。レンズが透明で見た目は自然なので、オフィスから自宅での使用まで幅広く利用ができます。

一方、パソコンやスマホなどを毎日長時間利用する人は40%カットのものであれば目への負担を軽減できます。

JINSの場合、どちらのレンズを選んでも価格は同じですので、使用目的によって分けるようにしましょう。

見た目の印象やオシャレさ

ブルーライトカットメガネはカット率を上げることでレンズの色が濃くなっていきます。見た目やオシャレさを重視する必要もあります。

例えば、色付きメガネとブルーライトのカット両方を求めている人は40%のものがおすすめです。しかし、仕事の都合上レンズに色がついているとよくない人もいるでしょう。

オシャレが気になる人は、一度JINSの店舗で実際に見てから購入してみてはいかがでしょうか。

JINSの店舗は全国にあるので、最寄りの店に行ってみてください。

JINS SCREENはどこで購入できるの?

ブルーライトカットメガネである「JINS SCREEN」はオンラインショップと実店舗の両方で購入が可能です。

オンラインショップで購入する場合は、商品を選んで会員登録をすることで注文を完了させられます。度付きブルーライトカットメガネもレンズ交換券付きで購入したり度数情報を入力したりすることで簡単に購入できます。

JINSでは自分の都合に合わせて購入方法を選べるので、やりやすい方で購入してください。

Zoffのブルーライトカットメガネの選び方

Zoffのブルーライトカットメガネの選び方

Zoffのブルーライトカットメガネもカット率が2種類あるので、適当に選んではいけません。

ここではZoffのブルーライトカットメガネの選び方と購入方法について紹介していきます。

Zoff PCのブルーライトカット率の選び方とは?

ZoffのブルーライトカットメガネもJINS SCREENと同様に、以下の3店に注意して購入しなければなりません。

1. ブルーライトのカット率
2. 使用目的
3. 見た目

ここではそれぞれのポイントを解説していきます。

どのくらいブルーライトをカットしたいか

ブルーライトカットメガネの特徴は、カット率を上げればレンズに色味が加わります。そのため、どれくらいブルーライトをカットしたいかは重要なポイントです。

Zoffのブルーライトカットメガネの場合、最大限カットしたいなら50%のものを選ぶようにしましょう。一方で、自然な見た目を重視するなら33%のものがおすすめです。

購入する場合はカット率と同様に、使用目的や見た目なども総合的に考慮して購入するようにしてください。

使用する目的

Zoffのブルーライトカットメガネには33%と50%の2種類のカット率のレンズがありますので、使用目的で選びましょう。

例えば、普段使いに重点を置くなら視界が自然な33%カットのものがおすすめです。一方、カット率を重視するなら50%のものです。

50%は業界最高水準ですので長いテレワークやパソコン作業でも安心できます。もちろん、休日はスマホゲームや映画を見たいという人にもおすすめです。

見た目の印象やオシャレさ

自然な見た目を気にする人は33%のカット率のものを選びましょう。

Zoffのブルーライトカットメガネは33%のカット率のものは、レンズの色が透明に近いので見た目の違和感はありません。

一方の、50%カットのものはレンズに色味がありますので、色付きメガネがダメな人は注意してください。

Zoff PCはどこで購入できるの?

Zoff PCはオンラインショップと実店舗のどちらかで購入が可能です。

オンラインショップで購入する場合はフレームを選んで購入手続きに入ります。一方、度付きメガネを購入する場合は、レンズ交換券付きで購入したり度数情報を入力することで購入できます。

手軽に購入したい人はオンラインショップで、しっかりと確かめて購入したい人はZoffの店舗を探していってみてください。

まとめ

JINSやZoffにはさまざまな種類のブルーライトカットメガネがあるので、好きなものを選ぶことが可能です。しかし、特徴は同じではなく、それぞれ若干違います。

JINSは使い心地に重点が置かれていてZoffはデザイン性が優れています。また、ブルーライトのカット率や価格なども同じではありません。

そのため、使用目的や見た目などを考えて、自分に最も合っているメーカーで購入するようにしましょう。

-ブルーライト

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.