ブルーライト

【新定番!?】ブルーライトカットコンタクトは本当に効果があるの?効果から購入方法まで徹底解説!

更新日:

スマホやパソコンが普及し現代、便利になった反面で健康影響を及ぼすと言われているブルーライトが気になる人も多いでしょう。実際、スマホやパソコンから発せられるブルーライトを浴びすぎると健康被害を起こす可能性が高いと言われています。

そんなブルーライトから自分の健康を守るために、多くのブルーライトカット製品が世の中に出されていますが、どの製品を使用したら良いか戸惑う人も多いはずです。

なぜなら、ブルーライトカット製品はスマホやパソコンの画面に貼り付けるフィルムから、メガネ、コンタクト、ブルーライトカットアプリまで様々な製品があるからです。

そこで、本記事ではブルーライトカット製品でどれを選んで良いかわからない人、もしくはコンタクト型のブルーライトカット製品の購入を検討している方に向けてブルーライトカットコンタクトの特徴と種類、メリット、購入方法を解説します。

ブルーライトカットに役立つ情報となっているので、興味がある方はぜひ最後まで読み進めて行きましょう。

ブルーライトカットコンタクトとは?

ブルーライトカットコンタクトとは?

ブルーライトカットメガネなど、家電量販店でよく見かける人も多いと思いますが、ブルーライトカットコンタクトはご存知ない方も多いでしょう。

ここでは、まずブルーライトによる目への影響とブルーライトカットコンタクトの概要、そしてブルーライトメガネとの違いを解説します。

基礎的な知識の部分になるので順番に見ていきましょう。

ブルーライトによる目への影響とは?

ブルーライトを長時間浴びると眼精疲労や視力の低下、目のかすみ、頭痛、肩こりを起こす可能性があります。もちろん、個体差によるところも大きいですが、ブルーライトは目への負担が大きいため注意しましょう。

ブルーライトは目の網膜まで到達する光線であり、長時間浴びてしまうと網膜を傷つける可能性もあります。そうすると、目の病気にも繋がり我々の生活に影響を及ぼすでしょう。

また、目だけでなく身体の痛みを起こすこともあり、様々な健康被害を起こすため、あまり長時間浴びて良いものではありません。そのブルーライトへの負担を軽減させるために現在、多くのブルーライトカット製品が出回っているのです。

ブルーライトカットコンタクトとは?

ブルーライトカットコンタクトとはその名の通り、ブルーライトカットの機能を備えたコンタクトレンズのことを言います。通常のコンタクトには紫外線対策や視力規制の効果がありますが、最近ではブルーライトを軽減されるコンタクトも販売されていることが多いです。

特にコンタクトを普段使用している方には視力規制と同時にブルーライトを軽減させる効果もあるため、一石二鳥の効果がある製品とも言えます。また、メガネを使用することに抵抗がある人や、普段の生活でメガネと併用している方にも重宝できるアイテムとされているブルーライトカット製品です。

ブルーライトカットメガネとの違いは?

まずはデザインの面で違うと言えます。ブルーライトカットメガネは皆さんが普段目にするようなメガネと同様の形をしておりかけて着用します。一方、ブルーライトカットコンタクトは小さいレンズを目に入れて装着する製品です。

どちらもブルーライトをカットできる製品ですが、種類はブルーライトカットメガネの方が多く、ブルーライト軽減できる効果も高いでしょう。しかし、普段からメガネをかけずにコンタクトを使用されている方にとってはメガネ自体がストレスになることもあります。

普段通りの自分で過ごしたい方にとってはブルーライトカットコンタクトがおすすめですが、種類がブルーライトカットメガネの比べてまだまだ少ない現状なので覚えておきましょう。

気になるブルーライトカットコンタクトの種類とは?

気になるブルーライトカットコンタクトの種類とは?

ブルーライトカットコンタクトはどんな種類があるの?と気になる方が多くいるでしょう。一言でブルーライトカットコンタクトと言っても種類があるため、ここではその紹介をします。

種類はまだまだ少ない現状ですが、以下の2種類があるため参考にして頂けたらと思います。また、これからはメガネと同様に種類が増えていく可能性もあるので動向も見逃せません。

Purity|業界初のブルーライトカットコンタクト

業界初のブルーライトカットコンタクト製品であり、1Dayコンタクトとして販売されています。業界初であるため、ブルーライトカットコンタクト製品の中では大変人気な商品となっており、多くにコンタクト愛用者が利用しています。

製品の特徴としては高含水分55%でつけ心地が良く、PVP成分が配合されているため、潤いを継続させます。さらに、紫外線カット機能もあり、あらゆる方向であなたの目を守ってくれる製品です。

尚、カラーはライトグルーンを採用していて、このカラーもブルーライトを軽減させるための秘策となっています。

ReVIA|ブルーライトカット効果のあるカラーコンタクト

ブルーライトカット機能搭載の1Day型コンタクトであり、裸眼に近いような状態で使用できるため自然な使い方をしたい方におすすめです。また、こちらのコンタクトはデザインが特徴的であり、「ピュアバリア」、「ノーブルバリア」、「ベーシックバリア」、「フレアバリア」の4種類が用意されています。

どれも瞳をキレイに魅せることができるデザインですが、購入を検討されている方は店員さんに相談すると良いでしょう。もう一点の特徴は紫外線もカットしてくれる仕様であるため、こちらも普段コンタクト使用されている方におすすめの製品となっています。

ブルーライトカットコンタクトのメリットとデメリット

ブルーライトカットコンタクトのメリットとデメリット

大変便利なブルーライトカットコンタクトで、まさに普段からコンタクトを使用されている方にとっては救世主のようなアイテムですが、デメリットも存在します。そこで、ここではメリットとデメリットを順番に解説します。

購入を検討する際の参考になるので、ぜひ見ていきましょう。

ブルーライトカットコンタクトのメリット

ブルーライトから目を守ることができる

ブルーライトカットコンタクトは紫外線だけでなく、ブルーライトからも目を守ってくれるメリットがあります。これは通常のコンタクトには備わっていない機能で、目を疲れにくくさせるほか、夜間の運転で目の負担を抑える効果もあります。

また、メラトニンの動きを抑制する働きがあるため、睡眠障害を起こしにくくさせる効果もあり、様々な方向で目の健康を守るメリットと言えます。

紫外線カット機能がついている

ブルーライトだけでなく、紫外線も健康に影響をおよぼす光として考えられています。ブルーライトカットコンタクトであれば、紫外線からも守ってくれるため、ブルーライト抑制と同時に対策できるメリットがあります。

そのため、目に影響のある光から全面的に守ってくれるため、普段からコンタクトを使用される方にとって重宝できるアイテムと言えるでしょう。

ブルーライトカットコンタクトのデメリット

購入時に処方箋が必要

ブルーライトカットコンタクトの購入には処方箋が必ず必要です。そのため、いきなり購入できるわけではないので注意しましょう。なので、購入するのであれば、まずは眼科を通して目の検査を行い処方箋をもらいましょう。

もらった後に、ブルーライトカットコンタクトが販売されているところに行き、購入するという形になります。尚、コンタクトを販売しているお店は多くは眼科と併設していることが多いです。

乱視用のコンタクトがない

ブルーライトカットコンタクトはまだまだ種類が少ないのが現状です。そのため、乱視用のコンタクトもなく、現在購入できる種類は1Dayのもののみ購入可能です。

そのため、乱視用のコンタクトを使用されたいという方は乱視用のブルーライトカットコンタクトが販売されるまで待つか、ブルーライトカットメガネと併用するなどして工夫する必要があるでしょう。

ブルーライトカットコンタクトを購入するには?

ブルーライトカットコンタクトを購入するには?

ブルーライトカットをいざ購入しようと思ってもわからない人もいるでしょう。初めてコンタクト製品を購入される方は特に戸惑うはずです。そこで、ブルーライトカットコンタクトを購入する手順を解説します。

手順さえ頭に入れておけば特に難しいことはないので、ぜひ順番に見ていきましょう。

ブルーライトカットコンタクトの購入には処方箋が必要です

ブルーライトカットコンタクトの購入には処方箋が必要です。先程のデメリットの部分で少し解説しましたが、処方箋は眼科で発行してもらうものとなっています。

そのため、第一ステップは眼科を予約して行き、目の検査を受ける必要があります。また、わからない点がある場合は眼科の受付の人に聞いてみると親切にお答えしてくれることがほとんどなので、何か疑問点があれば遠慮なく聞いてみると良いでしょう。

ブルーライトカットコンタクトはどこで購入できるの?

処方箋を眼科にて手に入れたら第二ステップでコンタクト販売店に行きます。販売店も多数あるため、ブルーライトカットコンタクトが販売されているところに行きましょう。

尚、コンタクト販売店は眼科と併設されていることが多いですが、ブルーライトカットコンタクトが販売されていない併設店舗もあるはずです。そんな時のために、あらかじめブルーライトカットコンタクトが販売されている店舗に併設されている眼科に行けば、店舗を探す手間が省けるためおすすめです。

ブルーライトカットコンタクトの費用は?

ブルーライトカットコンタクトの費用は1箱30枚入りで、2,200円程の相場となっています。そのため、両眼で2箱購入されるのであれば、4,000円〜5,000円ほどが費用としてが必要になるでしょう。

また、ブルーライトカットコンタクトは現在種類が少ない状況ですが、これからどんどん増えていく可能性があるため、料金相場も今後変わってくる可能性があることも覚えておきましょう。

まとめ

ブルーライトカットコンタクトのまとめ

ブルーライトカットコンタクトは普段からコンタクトを利用される方にとって重宝できるブルーライトカット製品になる可能性が極めて高いです。現代は多くのでデジタル製品により多くの方がブルーライトを浴びる時代になっていますが、目の健康を考えるのであれば早いうちに対策をしておくと良いでしょう。

デメリットとして、製品の種類が少ない状況ですが、これから増えていく可能性もあるため今後のブルーライトカット製品の動向も見逃せません。

ぜひ、興味がある方はこの機会に購入してみてはいかがでしょうか。

-ブルーライト

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.