ブルーライト

ブルーライトの肌への影響とは?|簡単にできる対策法を紹介!

更新日:

現在、多くの人が使われているスマホやパソコンですが、そういった製品から発せられる光線にブルーライトと言われるものが含まれていることをご存知の方が多いはずです。

ですが、ブルーライトがどのように我々の身体に影響を及ぼすのかわからない人が大半でしょう。多くの場合、何となく体に悪いというイメージを持たれている方がほとんどではないでしょうか。

もちろん、それでもきちんと対策をしているのであれば良いですが、身体への影響をわかった上で対策された方が健康意識も高まるはずです。また、ブルーライト対策を全然していないという方も知っておいた方が良いでしょう。

知識をつけて対策をすれば今後の健康のために良いはずです。そこで、本記事ではブルーライトが人体や肌に与える影響や、簡単なブルーライト対策など総合的に解説します。

ぜひ、最後まで読み進めていき、しっかりとした知識をつけて健康意識を高めて行きましょう。

ブルーライトが与える人体への影響とは?

ブルーライトが与える人体への影響とは?

まず最初に知っておくべきこととして、ブルーライトがどのような影響を私達に与えるかを知りましょう。また、ここではブルーライトとはどういった光なのかも解説します。

ブルーライトの基礎的な知識となる部分なので頭に入れておくと良いでしょう。

ブルーライトとはどんな光?

ブルーライトは光の波長の範囲や種類です。光は波長の種類によって見え方が変わります。皆さんがよくお聞きする紫外線も光の種類の一種であり、紫外線も浴びすぎると有害であることはご存知だと思います。

ブルーライトは波長が約380〜500nmであり、限りなく紫外線に近い光です。この波長は目の奥まで浸透し、目の角膜や水晶体を通りこして人体への影響を及ぼすと言われています。

ブルーライトの人体への影響とは?

ブルーライトは紫外線に近い光線であるため、人体への影響は少なからずあります。たとえば、眼精疲労を起こしたり、ドライアイを起こしたり、目への影響は分かりやすいでしょう。

そのほか、ブルーライトはメラトニンを抑制する働きがあります。人間の体内はメラトニンによって睡眠リズムを形作っていると言われていて、昼間はメラトニンはそこまで多く分泌されませんが、夜になるとメラトニンを多く分泌して眠気を感じます。

ですが、夜間にブルーライトを多く浴びるとメラトニンが抑制されてしまい、脳は昼間だと感じて睡眠障害を引き起こす原因になります。

ブルーライトは肌にも影響があるの?

ブルーライトは肌への影響もあります。先程お伝えしたようにブルーライトは紫外線に近い光線です。そのため、肌への浸透率が高く、しわやシミ、色素沈着の原因になるとも言われています。

なので、肌への健康を考えるのであれば、できる限り夜間はブルーライトを浴びずにブルーライトカット製品を利用するなどして対策を行うようにしましょう。

また、中には一気に老け顔になるかもしれないと不安を抱く人もいます。

不安によるストレスも肌への影響を与える可能性があるため、日頃から対策をしておいた方が良いのはそのためでもあります。

ブルーライトは肌にどんな影響を与えるの?

ブルーライトは肌にどんな影響を与えるの?

先程、肌への影響を簡単に解説しましたが、さらに詳しく肌への影響を解説します。ブルーライトは我々の生活では見えない光線ですが、長時間浴びていると知らない間に肌への影響を与えるものです。

そのため、これから述べる肌への影響をしっかりと頭に入れてブルーライト対策の意識を高めるようにしましょう。

ブルーライトが肌へ与える影響とは?

シミやくすみができやすくなる

ブルーライトを肌に浴びると、浴びた部分にメラニン色素が発生し、このメラニン色素によりシミやくすみができやすくなると言われています。また、肌のバリア機能が低下し、外的刺激から守ろうとする角質層が厚くなりツヤのない肌へと変化する恐れがあります。

さらに、ブルーライトで目を酷使して睡眠障害を起こすとストレスを感じ副腎皮質刺激ホルモンが分泌されてシミやくすみを引き起こすとも言われています。なので、ブルーライトは肌に様々な影響を及ぼす光線であることが分かります。

しかし、ブルーライトは日頃から対策を行うことで大きく肌への影響を抑えることができます。

シワやハリ、たるみへの影響

ブルーライトは紫外線に近い光線であることから、肌の真皮層にまで到達します。真皮層には肌のハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンなどを作る生産機能がありますが、ブルーライトによってこの生産機能が低下する恐れがあります。

生産機能が低下すれば、シワやたるみができやすくなります。そうすると、他人から見て疲れている表情と捉えられやすくなり、人間関係を形成する上でもあまり良くありません。

また、シミやくすみを気にしている女性も余計にストレスを抱えることでしょう。そのため、日頃からブルーライト対策は必要だと言えます。

カンタン!すぐにできるブルーライト対策

カンタン!すぐにできるブルーライト対策

肌への影響を知るとすぐにでもブルーライト対策の必要性を感じる人もいるかもしれません。いったいどのようなブルーライト対策をしたら良いか気になる人も多いはずです。

もちろん、ブルーライトカット製品を購入することが一番良い方法なのですが、ここではすぐにできるブルーライト対策を紹介します。

肌への影響を気にされる方は今日から始めてみると良いでしょう。

ブルーライトから体や肌を守る

肌を露出する服を控える

ブルーライトは肌の奥まで浸透する光線であるため、パソコンやスマホを長時間操作する場合は肌を露出する服はなるばく控えておいた方が良い出でしょう。ブルーライトは紫外線に近い光線であるため、顔などの肌への影響の他に身体への影響も少なからずあると言えます。

肌の露出を控えることで、影響のある肌への刺激範囲を最小限に抑えることができ、ブルーライトへの影響を抑えることが可能です。

日焼け止めを使用する

紫外線が日焼けを起こす光線であることは皆さんもご存知でしょう。実は、ブルーライトも紫外線に近い光線であるため、日焼けを起こす原因とも言われています。

日焼け対策として皆さんがよく使われる日焼け止めですが、ブルーライトを浴びる際にも日焼け止めは有効です。日焼けには関係しなさそうに見えるブルーライトですが、実際は日焼けの原因にも繋がるため、日頃から日焼け止めを使用してブルーライト対策を行うのも有効な方法と言えます。

また、パソコンやスマホでの作業を終えて外出する際に太陽光からの紫外線も守ってくれるため、ブルーライト対策以外にも使える一石二鳥のアイテムなので、日頃から日焼け止めの使用をするのはおすすめです。

ブルーライトカットメガネを使用する

家電量販店などで販売されているブルーライトカットメガネを使用するのも対策として有効です。着用するのも簡単であり、ブルーライト対策の王道な方法と言われています。

ブルーライトカットメガネは様々な製品がありますが、長時間スマホやパソコンを操作することが多い方はなるべくブルーライトカット率が高い製品を選んでおくと良いでしょう。

また、家電量販店だけでなくAmazonなどの通販でも売られているため、家電量販店に行く時間があまりない忙しい方は通販を利用して購入されるのもおすすめです。

スマホやPCをブルーライトカットの設定をする

最近のスマホやパソコンではブルーライトカット機能が搭載されていることが多いです。なので、日頃からブルーライトカットの設定を行い、身体への影響を少なくしておくのも良いでしょう。

ただ、中にはブルーライトカット機能が搭載されていない製品もあります。そういった場合はアプリやソフトウェアをダウンロードしてブルーライト対策をする必要があります。

何かを購入する必要がないブルーライト対策であるため、システム上で完結させたい方にはおすすめの方法と言えるでしょう。しかし、多くのブルーライトカット機能搭載の製品は機能をオンにすると画面が赤茶色っぽくなるので、画面を見る際に慣れも必要となります。

スキンケアをしてみる

くすみのケアをする

日頃からのくすみのケアといったスキンケアをすることも大切です。スキンケアをすることで、肌に栄養を与えて影響を最小限に抑えれば極端にくすみやシワができるといったことはないでしょう。

また、ブルーライト以外の外的刺激から守るといった意味でも日頃からスキンケアをすることは大切です。ただ、スキンケアはやりすぎてしまうと逆に肌への影響を起こしてしまう可能性があるため、過度にスキンケアをする必要はありません。

程よくスキンケアを行い健康的な肌を維持できるように行いましょう。

食事で予防する

ビタミンAを多めに摂取する

ビタミンAを多めに摂取することで内側からケアをするとも大切です。尚、ビタミンAが豊富な食材としてはカボチャやトマト、ニンジンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

なので、普段食事をする際には必ず野菜を取り入れるといった工夫をすると良いでしょう。

ビタミンCを多めに摂取する

ビタミンCも緑黄色野菜に多く含まれている栄養成分であり、パプリカやブロッコリー、カリフラワー、じゃがいもにといった食材で摂取できます。なので、緑黄色野菜はただ摂取するだけでなく、その野菜ごとにどのような栄養成分が含まれているのか把握するのも大切です。

食事をバランス良く取ることは大切ですが、緑黄色野菜だけで見てもバランス良く色んな食材から取る方が良いでしょう。

ビタミンEを多めに摂取する

緑黄色野菜では取れない栄養成分としてビタミンEが挙げられます。ビタミンEはナッツ類、魚介類、植物油から取れる栄養成分であり、肌を健康に保つために大切です。

なので、緑黄色野菜に加えてビタミンEが含まれている食材も組み合わせて食事を楽しむと良いでしょう。

まとめ

ブルーライトの肌への影響まとめ

現代はスマホやパソコンなどのIT機器のおかげで便利になった反面、そこから発せられるブルーライトで身体への影響を受ける場面が多くあります。もちろん、これは長時間毎日のように浴びることが悪いのであって、すぐに身体への影響を及ぼすものではありません。

ただ、スマホやパソコンが普及した現代は仕事などで毎日IT機器を操作することが多いでしょう。そのため、日頃からブルーライト対策を行うことは必須に近い状況と言えます。

本記事ではそういったブルーライトの対策や肌への影響を解説させて頂きましたが、実際に対策を行わないと後々健康被害を起こす可能性があります。そのため、健康意識の高い方は今日からブルーライト対策を始めて意識し始めてはいかがでしょうか。

-ブルーライト

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.