引っ越し

【決定版】引越し業者の人気おすすめ8選!選び方から口コミまで解説!

更新日:

【決定版】引越し業者の人気おすすめ8選!選び方から口コミまで解説!

引越しは、多くの方が経験する、大きなイベントです。進学、就職、結婚、転勤など、人生の転機には必ずと言っていいほど引越しがつきものです。住居が変わるといのは、人生がステップアップするのであれば、精神的にもより前向きに生活に向き合うきっかけにも繋がります。

しかし、生活環境が変わると、色々な費用がかかってくるものです。その中に「引越し」の費用があるとすれば、気にかけざるを得ません。引越し業者を利用する際の、相場や費用構造をある程度知っておくことは、余計なコストを抑えることにも繋がります。リーズナブルな引越しをするためにも、基本的な知識を身に着けておいても損はありません。

ここでは、引越し業者にかかるコストを中心に、見て行きましょう。

まずは引越し業者の相場を理解しよう

まずは引越し業者の相場を理解しよう

引越し費用の決まり方とは?

引越し費用には、主に運賃・人件費/梱包資材費・オプション費用の3つがあります。ここでは、それぞれの要素について、基本的な知識を知っておきましょう。

運賃

引越し価格の基本運賃については、国土交通省の定める「標準引越運送約款」という基準があり、約款として決まっているため、引越し業者によって費用が変わってくる、ということは基本的にはありません。100kmを超える運用距離の場合「距離制」が適用され、100km以内ですと「時間制」が適用されます。約款で決められていますので、引越し業者間での際は、余り気にしなくてもよい領域です。

人件費や梱包資材費

では、人件費や梱包資材費はどうでしょう。これらは、先述した基礎運賃の他に、引越しに関連する諸々の経費となります。具体的には、引越しスタッフの人件費や、搬送品を包む梱包資材費、さらにはトラックのガソリン費用や高速道路料金などの交通費が、実費となって引越し費用に加算されます。

オプション費用

上記以外の費用についてご紹介していきます。それは、オプション料金になります。引越し業者によってもオプションのメニューは様々ですが、基本的なメニューは以下のようなものになります。

・不用品処分

引越しの際には色々な不用品が出てくるものです。また逆に、引越しのタイミングで要らないものを捨てていくのも、身軽な人生を送るための知恵です。そういった不用品の処分について、引越し業者に依頼することが出来ます。有料での引き取りと無料での引き取り、さらに買い取り、といったメニューがあります。

・荷造り/荷解き

荷物の荷造りや、引越し先での荷解きもオプションメニューの一つです。多忙な家庭などには大変嬉しいサービスですが、別料金がかかり、また業者間での違いも出てくるサービスです。そもそも自分で作業をすればかからないコストですので、よく検討すべきオプションです。

・荷物一時預かり

退去する日から入居する日までに日数が空く場合に、活用できるメニューです。業者間の費用の違いもありますが、ご自身で貸倉庫やトランクルームを活用する、という手段もありますので、方法の選別も必要です。

・大物家電の取り外し・取り付け

洗濯機やエアコンについては、なかなか素人には難しい作業となります。洗濯機ですと、給水や排水の仕組みの理解も必要ですし、エアコンは、高い場所に設置されていることもあり、危険も伴う難しい仕事です。この様な、素人が自分でやることの難しい作業については、オプションサービスを受けることが安心、と言えます。

・アンテナの配線

配線レベルでしたらご自身でできる、という方も多いと思われますが、いざ引越し当日となるとなかなか時間もなく、夜ゆっくりとテレビが見られなかった、というようなことは良くあることです。自信の無い方は、オプションメニューを利用しても良いかもしれません。

・ペット・絵画・ピアノの輸送

ペットや絵画、ピアノは、通常の荷物とは違い、専門的な輸送が必要となります。オプション料金が発生しても、大切なものを大事に運ぶためにも、ここはオプションメニューを検討してみても良いでしょう。

・自動車・バイクの輸送

自動車やバイクは、もちろんご自身で運転をして運ぶことが出来ます。しかし長距離となった場合は、オプションメニューを活用して、運んでもらうことの検討も必要となります。

・盗聴器発見

引越し先で、盗聴器などが隠れているのか、と思われる方も多いと思いますが、新築でない場合は、引越しの後に部屋の隅から盗聴器が発見された、という例も実はあります。人の出入りの激しいアパートやマンションの場合、このサービスを利用したほうがより安心と言えます。

引越し業者を選ぶ4つのポイント!

引越し業者を選ぶ4つのポイント!

引越しは、全て自分で行う、ということは現実的ではなく、当然引越し業者に作業を頼むことになります。どうせ作業を依頼するのであれば、賢く引っ越し業者を選びたいものです。ここでは、どんな観点で引越し業者を選んだらよいのかを、見て行きましょう。

ポイント1:コスパで選ぶ

相見積もりや一括見積りを取る

コスパの高い引越しをするには、費用の安い引越し業者に出会うことが必要です、ではどうすればそういった業者に出会うことが出来るでしょうか。方法の一つとして、複数の業者から「相見積もり」を取ることをお勧めします。

業者によっては、複数の荷物を混載して運搬する「混載便」を利用したり、遠方への引越しですと、トラックの帰りを利用して運んでくれる「帰り便」などを利用することで、運搬費用に価格差が出てきます。相見積もりを取ることで、格安の引越し業者にも出会う確率が高くなります。また、競合通し相手価格を知らせることで競争原理が働き、交渉によって通常よりも安い価格を得られる可能性があります。

もう一つの手段は、「一括見積り」を取ることです。引越し関連のサイトを見ると、一括見積りサイトがあります。先述した相見積もりに近いものとなりますが、消費者側が提示した条件に対して、引越し業者が一斉に見積価格を提示してくれます。この時点で業者間の競争も発生しますので、自ずと費用の安い業者を見つけることが出来ます。

こういったサイトを利用して、ある程度業者を絞り込んでから、詳細な価格交渉に入るのも有効な手段です。また、各業者に対する口コミ情報なども掲載されていることがありますので、そういった情報も参考にしながら業者を選んでみては如何でしょう。

訪問見積もりを使えばより正確に見積もりがわかる

サイトなどを通じた見積依頼では、引越し業者側も様々な不確定要素を勘案し、実態よりも高めの見積価格が出ることがあります。そんな心配がある場合には、業者に、実際に自宅に訪問してもらって、直接荷物を見た上で正確な見積をしてもらうと、費用が下がることもあります。特に荷物の多い家族世帯では、訪問見積をお勧めします。

急ぎでなければ、繁忙期から引っ越し時期をずらそう

引越しに関する費用は、繁忙期(2月~4月)と通常期(5月~1月)で差が出ます。経済論理により、混みあっている時はコストがあがる傾向にあり、荷物量によっては数万円の差が出ることも珍しくありません。

もちろん引越しは、自分では時期の調整がしずらい局面におかれることが珍しくありません。しかし、もし調整が可能であるならば、出来るだけ繁忙期を避け、通常期に引越しを行うことをお勧めします。

ポイント2:サービスの質やオプションで選ぶ

エアコンの取り外しや取り付け

先述しましたように、オプションとして、エアコンの取り外しや取り付けを行っている業者が多数あります。もちろん、ご自身で作業されてもいいのですが、現実的には難しい作業と言えます。また、引越し業者と、エアコン移設業者を分けて発注することも出来ますが、日時の調整などの手間はご自身に振りかかることとなります。

引越し業者も、別業者に移設作業を委託するケースが多いですが、引越し業者が1次窓口として調整機能を発揮してくれるのであれば、引越し業者のオプションサービスを活用するのが、賢い選択と言えます。

不要品の買取

引越しのタイミングで生活に要らないものを捨てていくのも、身軽な人生を送るための知恵です。不用品を処分するのにどんな方法があるでしょう。

一つは、粗大ごみとして公的機関に引き取ってもらう方法です。この場合、当然ごみ処理費用を負担する必要があります。もう一つは、不用品回収業者に引き取ってもらう方法です。しかしこの場合も、上記と同様、回収費用がかかってきます。

さらにもう一つの方法は、不用品を引越し業者に買い取ってもらう、という方法です。当然査定をされ、いくらの値段が付くのかにより買取価格は変わってきますが、単純に粗大ごみ処理や回収業者に頼むよりは、少しでもコストを抑えることに繋がる可能性があります。不用品の買取サービスをオプションとしいる業者の活用も検討してみては如何でしょう。

ハウスクリーニング

せっかく新たな引越し先が決まっても、どんな方が前に住んでいたかはちょっと気になりますね。そこで、引越し前にプロのハウスクリーニングサービスを使って、気持ち良く新居の生活をスタートしたいものです。引越し前に部屋全体を徹底的にクリーニングしてくれるオプションメニューの活用も検討したいところです。

【退去後のお掃除にハウスクリーニングがおすすめ?】

引越しをするときに、退去する部屋はどうするのが良いのでしょうか? 大家さんや不動産屋さんとの敷金のトラブルに至らないように、引き渡し時のクリーニングも実は大切なことです。出来れば敷金は満額返還してもらえることが一番で、そのためにも、少々コストがかかってもプロにハウスクリーニングをお願いするのも一つの方法です。

ポイント3:安心感なら大手がおすすめ!

引越し業者は、全国に約3,000あると言われています。そんな中で、大手を中心に、「引越安心マーク」を取得している業者がいます。全日本トラック協会が制定しているもので、全日本トラック協会が、安全、安心な引っ越しサービスを提供していると認めた引越し業者を、引越優良事業者として認定するもので、業者を選ぶ一つの選定基準となります。

やはり、大手の引越し業者は全国に支店がある会社があるため、どの地域からも引越しが可能です。引越し先が遠方の場合も、チャーター便、混載便、JR貨物、フェリーなどを利用して引越しが可能です。

また、「大手は高い」、「中小(地域密着型)は安い」というイメージもあると思いますが、大手は、様々なプラン・サービスを持っていて、例えば「段ボール無料サービス」が常識になっているなど、一概に大手は高い、ということも言えません。安心感からすると、やはり大手の引越し業者を基本に検討することが必要と考えられます。

ポイント4:自分に合ったプランを選ぶ!

単身者や荷物が少なければ「単身パック」がおすすめ

単身者は家族世帯に比べ、荷物が少ないのが普通です。このような場合には、「単身パック」というメニューを掲げている引越し業者が多数あります。運ぶ距離などによって、価格は異なってきますが、一つ一つの運搬物をベースにコスト計算がなされるよりも、「単身パック」というメニューを活用する方が、お得に引越しが出来ます。単身者、或いは荷物が少ない場合には、活用を検討するのも良いでしょう。

コスパ重視なら混載便や帰り便もOK!

先述しましたが、荷物の運搬方法については、複数の引越し荷物を混載して運んでくれる「混載便」を利用したり、遠方への引越しですと、遠地からのトラックの帰りの便を利用して運んでくれる「帰り便」などを利用したりで、コストを抑えることが出来ます。自由なスケジュールで運んでくれる、という訳にはいかない場合が多いですが、スケジュールの調整が可能であれば、ぜひ検討してみて下さい。

おすすめ引越し業者8選!

おすすめ引越し業者8選!

引越し業者については、まずは大手にお願いするのが安心、と述べましたが、大手業者といっても実は色んな業者があります。ここでは、おすすめの引越し業者と、そのポイントについて、見て行きましょう。

①:サカイ引越センター

おすすめ引越し業者①:サカイ引越センター
出典:公式サイト

サカイ引越センターは、大手ならではの「作業品質の高さ」と「豊富なオプションサービス」がポイントとして上げられます。

また、こちらでの荷造りがまだ終わっていなかったりした場合でも、嫌な顔をせず、臨機応変な対応をしてくれます

対応エリア日本全国
電話問い合わせ有無有り
相場単身の場合50,000円、4人家族の場合80,000円
プランらくらくコース、せつやくコース、小口引越し便コースなど、プランは豊富

②:日本通運

おすすめ引越し業者②:日本通運
出典:公式サイト

営業スタッフや現場スタッフの対応、補償内容、作業品質などが、日本通運のポイントとして上げられます。

また、「コンテナ便」にも対応しているので、長距離の引越しなどにはコストを抑えられる可能性があります。

遠地への引越しの際には、ぜひ検討してみるのも良いでしょう。

対応エリア日本全国
電話問い合わせ有無有り
相場単身の場合33,000円、4人家族の場合60,000円
プラン単身パック、セルフプラン、フルプラン、ハーフプランなど

③:Akabou(赤帽引越し)

おすすめ引越し業者③:Akabou(赤帽引越し)
出典:公式サイト

Akabou(赤帽引越し)は、貨物軽自動車運送事業者の事業共同組合で出来ており、大手企業というよりは個人事業主の集まり、とも言えます。

しかしながら、営業スタッフや現場スタッフの対応、様々な提案、作業品質、コストパフォーマンスなどは非常に高品質となっています。

軽トラックを使用しますので、荷物の少ない単身者の近地への引越しなどには向いている、と言えます。

対応エリア日本全国
電話問い合わせ有無有り
相場単身の場合32,120円、4人家族の場合324,500円
プラン単身引越し標準プラン、ペットと引越しプラン、単身引越し節約プランなど

④:アート引越しセンター

おすすめ引越し業者④:アート引越しセンター
出典:公式サイト

アート引越しセンターは、テレビCMなどでも有名な、著名大手業者となります。

引越しの「プロ」としての呼び声も高く、「レディースプラン」や「シニアプラン」といったメニューもあります。

引越しが初めての方や、一人暮らしの女性の方、シニアの方には安心して引越しを任せることのできる業者と言えるでしょう。

対応エリア日本全国
電話問い合わせ有無有り
相場単身の場合50,000円、4人家族の場合87,000円
プランおまかせパック、学割パック、レディースパック、シニアパックなど

⑤:ハトのマークの引越しセンター

おすすめ引越し業者⑤:ハトのマークの引越しセンター
出典:公式サイト

ハトのマークの引越しセンターは、引越し専業の大手業者の中では、料金は安め、という評価があります。

とは言いながら、作業の丁寧さや質の高さにも定評があり、且つ様々なプランやオプションメニューもあることが特長です。

「楽々シニアプラン」というメニューもあり、シニアの方の引越しには、ぜひ検討しても良い業者と言えるでしょう。

対応エリア日本全国(一部海外)
電話問い合わせ有無有り
相場~15km未満の場合、単身だと39,000円、3人家族だと80,000円
プラン単身プラン、ファミリー・エコプラン、楽々シニアプランなど

⑥:アーク引越しセンター

おすすめ引越し業者⑥:アーク引越しセンター
出典:公式サイト

アーク引越しセンターの本社は、愛知県名古屋市にありますが、もちろん全国的に有名な大手引越し業者です。

大きな特長は、引越し作業のスタッフは全て自社専門スタッフのみで行い、アルバイトを使いません。

自社スタッフであるため、徹底した実践教育を受けており、質の高いサービスを受けることが出来ます。

対応エリア愛知、仙台、郡山、群馬、埼玉、千葉、八王子、神奈川、新潟、長野、静岡、金沢、
富山、福井、大阪
電話問い合わせ有無有り
相場単身だと40,000円、4人家族だと70,000円
プランミニ引越しプラン、節約プラン、通常プラン、フルフルプランなど

⑦:アリさんマークの引越社

おすすめ引越し業者⑦:アリさんマークの引越社
出典:公式サイト

アリさんマークの引越社は、例えば新築マンションの一斉入居の際などに、幹事会社を任されるほどの信頼の高い引越し業者です。

作業品質を重視し、社内の視察制度や研修制度が充実しており、営業や現場スタッフからドライバーにまで研修内容が行き届いています。

これが、高い信頼性に繋がっていると言われています。

対応エリア日本全国
電話問い合わせ有無有り
相場単身だと38,000円、4人家族だと80,000円
プランアリさんプルパック、アリさんパック、アリさん経済パックなど

⑧:ハート引越センター

おすすめ引越し業者⑧:ハート引越センター
出典:公式サイト

ハート引越センターの特長は、不用品の買取などをはじめ、様々なオプションサービスや提案プランを持っているところです。

予算と折り合いが付けられるようなプランを提案してくれたりなど、高品質ながら、価格とサービスのバランスが取れている業者と言えるでしょう。

対応エリア日本全国
電話問い合わせ有無有り
相場単身だと38,000円、4人家族だと80,000円
プランスタンダードプラン、エコノミープラン、パーフェクトプラン、エクセレントプランなど

目的・用途別おすすめ引越し業者を紹介!

目的・用途別おすすめ引越し業者を紹介!

ここまで、引越しコストの構造や、引越し業者を選ぶポイント、おすすめの引っ越し業者などをご紹介してきました。

それでは、ここでは漫然と引越し業者を選ぶのではなく、目的や用途に応じて適切に引っ越し業者を選ぶ観点について、ご紹介していきます。

コスパで引越し業者を選ぶ

【おすすめ引越し業者】:Akabou(赤帽引越し)ハトのマークの引越社アリさんマークの引越社

各社とも平均相場が安く、且つ経済的に引越しできるプランを豊富に持っています。

人生に何度も訪れるとは言えない「引越し」ですが、とは言え、少しでもリーズナブルに引越しをするに越したことはありません。そのためにも、ご自身でコストを抑える工夫をした上で、引越し業者を選定することが重要です。繰り返しになりますが、繁忙期を避けたり、気軽にオプションサービスを選ばず自分で出来ることは自分で行ったりした上で、引越し業者を選んでみて下さい。

知名度の安心感で引越し業者を選ぶ

【おすすめ引越し業者】:サカイ引越センターアート引越しセンターアリさんマークの引越社

各社とも極めて有名な引越し業者で、ほぼ知らない人はいない、とも言えます。

引越し自体が一つの大仕事でもありますので、きちんと予定通りに終了することが当然求められます。そういった「安心感」のためにも、やはり大手を中心とした会社の看板を背負って作業をしてくれる業者に頼むのが、失敗しない引越しをする上での必須条件です。

先述しましたような、おすすめの業者の中から選べば、知名度も高く、まず大きなトラブルにはならないでしょう。

オプションの充実さで引越し業者を選ぶ

【おすすめ引越し業者】:サカイ引越センター、日本通運、アート引越しセンター

単身/家族対応はもちろん、フルサポートやセルフサポートなど、幅広いプランを持っています。

当然のことですが、一から十まで自分一人で引越しは出来ません。専門性の高い分野や危険な分野、引越しに当てられる時間の制限具合により、やはりオプションサービスの活用は必要です。

コスパとの兼ね合いにはなりますが、オプションサービスが充実している業者は、任せる方から見たら、やはり頼りになる存在です。必要なオプションサービスを備えているかどうかは、業者を選ぶ上での、大切なポイントと言えます。

少しでも安く引っ越しをする方法とは?

少しでも安く引っ越しをする方法とは?

引越しにより生活環境が変わるということには、様々な費用がかかってくるものです。その中心に「引越し」費用があるとすれば、やはり少しでもコストは抑えたいものです。先述してきましたが、改めて、コストを抑えた引越しの方法を見てみましょう。

荷物量を少しでも減らす

引越し費用には、荷物量の大小が大きく影響してきます。引越しを機会に、不用品を処分したり、買い取ってもらったりしながら、引越し先で本当に必要なものを選別して、引越しの基本となる荷物量をまず減らしましょう。これは引越し費用を抑えるということはもちろん、不必要なものまで背負いながら生活するという状態から脱し、スマートな人生を送ることに繋がります。

相見積もりや一括見積りを取る

コストの安い引越し業者に出会うためにも、まず「相見積もり」を取りましょう。業者によっては、複数の引越し荷物を混載して運んでくれる「混載便」を利用したり、遠方への引越しですと、トラックの帰りを利用して運んでくれる「帰り便」などを利用したりで、価格差が出てきます。

また、もう一つの手段として「一括見積り」を取ることです。消費者側が提示した条件に対して、引越し業者が一斉に見積価格を提示してくれます。この時点で業者間の競争も発生しますので、自ずと費用の安い業者を見つけることが出来るのです。

繁忙期を避ける

先述しましたが、引越し費用は、繁忙期(2月~4月)と通常期(5月~1月)で差が出ます。荷物量によっては数万円の差が出ます。進学、就職、結婚、転勤といった、自分では時期の調整がしずらい局面におかれることも珍しくありませんが、可能な限り、出来るだけ繁忙期を避け、通常期に引越しを行うことをお勧めします。

まとめ

ここまで、引越しに関し、コストを抑える方法や、オプションサービスの活用、おすすめの引越し業者の紹介などをしてきました。人生の転機とは言え、単にコストをかけて引越しをすることは無駄な出費と言えます。これらの情報を活用し、適切な引越し業者を選び、無駄のない引越しを目指しましょう。

-引っ越し

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.