引っ越し

引っ越しの荷造り用ダンボールを安く入手する4つの方法!荷造りのコツまで解説!

更新日:

引っ越しの荷造り用ダンボールを安く入手する4つの方法!荷造りのコツまで解説!

「引っ越しする時にダンボールを安くで手に入れる方法って何?」

「引っ越し時にダンボールをうまく使う荷造りのコツってある?」

引っ越しする時にダンボールのことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

引っ越しで使えるダンボールなどの梱包資材には限りがあるので、何かと悩みがつきものです。

そこで、この記事では引っ越しで使えるダンボールの入手方法や荷造りのコツなどを紹介していきます。

引っ越しのダンボールについて疑問がある人は参考にできる内容ですので読み進めてください。

必要なダンボールの数とサイズの目安は?

必要なダンボールの数とサイズの目安は?

引っ越しの時に気になるのはダンボールのサイズや数かと思われます。

ここでは、引っ越しに大きな影響を与えるダンボールのサイズや目安の数などを紹介していきます。

引っ越しに最適なダンボールのサイズとは?

そもそも「ダンボール」とひと言でいっても、様々な大きさがあり、種類は1つではありません。

ここでは一般的なサイズと、引っ越し業者が提供してくれるダンボールサイズについて紹介します。

最適なサイズは100サイズ〜120サイズ

引っ越しのときに最も使いやすいダンボールのサイズは、ズバリ100~120サイズのものです。

その理由は重いものが運べて、かつさまざまなものを程よく入れられるからです。

例えば、一人暮らしでも家族による引っ越しでも食器や本、DVD、CDなどが大量にあります。

ダンボールが100~120サイズ程度なら、まとめて入れても重くなりすぎないのでダンボールの底が抜ける心配がありません。

ところが、ダンボールの大きさが60~80サイズでは小さくて、荷物を中途半端に分けなければならなくなることがあります

一方、ダンボールが大きすぎると荷物が重くなると底が抜ける恐れがあって運べません。

引っ越しの時にバランスよく対応できるのが100~120サイズですので、このサイズを中心に調達するようにしましょう。

ちなみに、100サイズのダンボールとは外形3辺(幅+奥行+高さ)の合計が100cm以下のものです。

引越し業者からもらえるダンボールのサイズは2種類

引っ越し業者に依頼すると基本的にダンボールを2種類もらえます。

この2種類のサイズは引っ越し業者によって若干違いますが、たいてい以下のような大きさです。

  • S(小)サイズ:100~110サイズ
  • M(中)サイズ:120~130サイズ

この中でも特に多くもらえるのが、100~110サイズのダンボールです。

このことからも、引っ越しで最も使えるダンボールのサイズは100~120サイズ程度であることがわかります。

必要なダンボールの数の目安

引っ越しでは最適なダンボールのサイズの他にもどれくらい準備する必要があるのか、その数も知りたいはずです。

ここでは、引っ越しで使うダンボールの数の目安を、単身と家族の2通りに分けて紹介していきます。

あくまで目安ですが、引っ越しするとなるとダンボールは最低限これくらいは必要と考えてください。

単身の引っ越しに必要なダンボール数の目安

単身者の引っ越しで必要なダンボールの数は、10箱程度です。

実際、単身者が引っ越し業者に依頼をするとダンボールを10箱までは無料で配布してもらえます

内訳は小サイズ7~8箱、中サイズ2~3箱が目安です。

引っ越し業者は長年の経験からダンボールの枚数を定めているので、基本的に正しいでしょう。

ダンボールの大きさなどで若干の誤差はありますので、余分に数箱用意しておけば安心して引っ越しができます。

ただし、単身者でも住んでいた間取りや家電家具などによってはダンボールが全然足りないことも十分考えられます。

そのため、荷物が多いと感じている人はダンボールを15~20箱程を目安にしてください

荷物が多い人でもダンボールを20箱用意すればたいていの引っ越しは問題なくできます。

家族の引っ越しに必要なダンボール数の目安

家族の引っ越しで必要なダンボールの数は人数によって違いますが、基本的に人数×10箱が目安です。

つまり、2人なら20箱、3人なら30箱です。

ただし、単身者と同様に荷物の多さには個人差がありますので、荷物が多いと感じている人は目安の1.5倍ほど用意しておくとよいでしょう

ちなみに、大手の引っ越し業者の多くは最大で50箱まで無料でダンボールを用意してくれます。

内訳は小サイズ30箱、中サイズ20箱が目安です。

なお、引っ越し業者のプランなどによって無料でもらえるダンボールの数には違いがあります。

50箱を無料でもらえない可能性もあるので、荷物が多い人は事前に確認しておくようにしましょう。

そのため、引っ越しの料金も重要ですが、ダンボールをもらえる量も業者選びの基準に定めるのが上手に引っ越すポイントです。

引っ越し用ダンボールを安く入手する2つの方法!

引っ越し用ダンボールを安く入手する2つの方法!

引っ越しをするときにはダンボールがたくさん必要で、荷物の量によってはダンボールを調達しなければなりません。

ここでは引っ越し用のダンボールを安くで入手する方法を2つ紹介します。

通販サイトで安く購入する

まずは引っ越し用ダンボールは通販サイトで購入するのが安くするコツです。

ここではおすすめのサイトとその特徴・値段を紹介していきます。

ダンボールワン

ダンボールワンはダンボール通販業界No.1ですので、さまざまなダンボールの調達が可能です。
また、プチプチやテープなどもセットになった引っ越しダンボールセットがあります。

100サイズダンボール 1枚当たり68.3円~
引っ越し用ダンボールセット 15枚3,685円

アースダンボールA

アースダンボールAは商品点数や顧客対応で業界No.1を誇るサイトで、安くで欲しいダンボールが見つけられます。
用途別のダンボールが揃っているのも特徴です。

100サイズダンボール 1枚当たり64円~
引っ越し用ダンボールセット 10枚2,059円~

ASKUL

ASKULは文房具や生活雑貨などさまざまなものを扱っている通販サイトです。
引っ越し用の道具もいくつも扱っているので、まとめて購入が可能です。

100サイズダンボール 10枚2,662円~

ニューパックドットコム

ニューパックドットコムは規格ダンボールやオーダーメイド、梱包資材などを格安で販売しているサイトです。

100サイズダンボール 10枚 704円~ 1枚当たり70.4円~
引っ越し用ダンボールセット 20枚1,936円~

BoxBank

BoxBankは引っ越し用ダンボールを年間2万セット以上を売る、多くの人に支持されているサイトです。

100サイズダンボール 1枚当たり84円~
引っ越し用ダンボールセット 15枚3,160円~

キラット通販

きらっと通販は梱包や作業用品、ダンボールなどを取り扱っているサイトで、業界最安値と価格に自信を持っているサイトです。

100サイズダンボール 10枚1,353円~

実店舗で安く購入する

引っ越し用のダンボールを実物を見て選びたいという人もいるでしょう。

ここでは実店舗で安くダンボールを購入できる場所を紹介していきます。

ホームセンター

引っ越し用のダンボールを実店舗で探すなら「ホームセンター」が最もおすすめです。

例えば、ロイヤルホームセンターやコーナン、コメリなどがあります。

なんといってもいくつもあるダンボールを手に取って直接見られるので、何を入れようか具体的にイメージできます。

もちろん、テープなども一緒に探せるので、引っ越し用ダンボールが必要なときは行ってみてください。

100均

ダンボールの費用を安く抑えたい場合は100均でも購入が可能です。

ホームセンターなどと比べると種類は少ないですが、引っ越しに使えるサイズのダンボールがある場合は100均の方が安いです。

ホームセンターに行く前にチェックしてみるのもいいでしょう。

郵便局や宅配の営業所

近くに大きいホームセンターがないときは、郵便局や配達業者の営業所に行くのがおすすめです。

配達業者ですので引っ越し用ダンボールではありませんが、引っ越しに十分なダンボールが売られています。

荷物に合わせて種類もたくさんあるので、どうしても引っ越し用に使えるダンボールが見つからないときは配達業者で購入するのもいいでしょう。

引っ越し用ダンボールを無料で手に入れる2つの方法!

引っ越し用ダンボールを無料で手に入れる2つの方法!

ダンボールは購入しなくても無料でもらう方法が2つあります。

ここでは無料で引っ越し用ダンボールを調達する方法を紹介します。

スーパーなどの小売店から無料でもらう

まずおすすめなのは小売店から引っ越しに使えるダンボールをもらう方法です。

具体的に「どこで」「どうやって」もらえるのか紹介していきます。

スーパー

最ももらいやすいのがスーパーです。

スーパーによっては、入り口近くにダンボールを置いてあるスペースがあります。

そこからいくつかダンボールをチョイスしてもらって帰るのがいいでしょう。

注意点はスーパーでもらえるダンボールは再利用ですので、傷んでいたりして強度が低い場合があります。

引っ越しに使うなら万が一底が抜けてもいいようなものを入れるようにしてください。

コンビニ

コンビニでもダンボールが出るので、無料でもらえる場合があります。

ただし、スーパーのようにダンボールを外には置いていないので、店員さんに声をかける必要があります

また、数も少ないので、欲しいサイズのダンボールが見つかるとも限りません。

ホームセンター

ホームセンターは扱っている商品が多いので、使い終わったダンボールがたくさん倉庫などに保管されています。

もちろんホームセンターにはダンボールが商品として売られているので、すべての店でもらえるわけではありません

また、土がついているなど汚れているものも多いので、ダンボールを選ぶときは注意するようにしましょう。

ショッピングセンター

ショッピングセンターはたくさんのお店が集まっているので、1つ1つ回っていけば引っ越し用のダンボールが見つかることがあります。

雑貨屋や駄菓子屋などダンボールがたくさん出そうなお店を狙っていけば、効率的に引っ越し用ダンボールが入手できるかもしれません。

家電量販店

家電量販店は大きいものから小さいものまでダンボールがたくさんあります。

もし譲ってもらえるなら、たくさんある中から選べるので、引っ越しに向いたサイズのダンボールが見つかる確率は高いです。

また、家電を入れていたダンボールなので厚めでしっかりとしているものもあります。

見つけた場合は引っ越しに安心して使えるので、少し小さくてももらって帰りましょう。

ドラッグストア

ドラッグストアはスーパーと同じで扱っている商品が多岐にわたるので、さまざまなサイズのダンボールが見つかります。

また、きれいで使えそうなダンボールが多いので、近くにドラッグストアがあったら行ってみてください。

ただし、スーパーと違って外にダンボールが置いているとは限らず、店員さんに聞いてみなければなりません

お昼や夕方など忙しい時間はさけて、聞いてみれば快く無料で譲ってもらえるでしょう。

引越し業者からもらえるダンボールを使用する

ダンボールを無料でもらう最も一般的な方法は、引っ越し業者から直接もらうことです。

ここでは業者別にダンボールサイズや枚数などを紹介していきます。

引越し業者別のダンボールサイズ・枚数の比較表

無料ダンボール枚数ダンボールサイズ
ヤマトホームコンビニエンス0枚S:縦330×横340×奥行340 mm
M:縦330×横510×奥行340mm
日本通運家族:最大50箱 
単身:最大10箱
S:縦340×横340×奥行340mm
M:縦340×横520×奥行340mm
サカイ引越センター最大50箱S:縦330×横350×奥行320mm
M:縦300×横460×奥行330mm
アート引越センター家族:最大50箱
単身:最大10箱
S:縦350×横380×奥行350mm
M:縦350×横500×奥行350mm
アーク引越センター最大50箱S:縦310×横420×奥行270mm
M:縦310×横580×奥行330mm
ハート引越センター最大50箱S:縦300×横390×奥行330mm
M:縦335×横485×奥行365mm

また、引越し業者を選ぶ際にはダンボールの他に、料金やサービス内容を重視するという方も多いのではないでしょうか?そのような方は、こちらの「人気おすすめ引越し業者8選」にて詳しく紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

引っ越し直前にダンボール不足した場合は?

引っ越し直前にダンボール不足した場合は?

引っ越しの準備をしているとダンボールが不足することはよくあります。

ここでは、引っ越し直前でダンボールが不足した場合、どのように対応するとよいのか解説していきます。

数個不足している場合は引越し業者にお願いをする

引っ越し直前でダンボールが数個足りなくなりそうなら、引っ越し業者にダンボールをもらえないか相談してみましょう。

基本的に引っ越し業者からは決まった個数しかダンボールをもらえません。

しかし、業者によってはダンボールを融通してくれることもあります

ダンボールが数個足りない程度であれば、営業者に連絡してみてください。

10個以上不足している場合の入手方法とは?

ダンボールが数個足りない程度なら引っ越し業者にもらえることがあります。

しかし、10個以上となると、引っ越し用ダンボールをもらうのは難しいかもしれません

その場合のおすすめの引っ越し用ダンボール入手法を紹介していきます

ホームセンターなどで安く購入する

最も手っ取り早いのがホームセンターで引っ越し用ダンボールを調達することです。

ホームセンターなら種類が揃っているので、引っ越し用のダンボールをまとめて手に入れられます。

少し時間に余裕があるのであれば、ネットで引っ越し用ダンボールを注文するのもおすすめです。

ダンボールのサイズなどを自分好みに注文できるので、引っ越しをやりやすくできます。

スーパーなどから無料で入手する

引っ越し用ダンボールに費用をかけたくない場合は、スーパーなどでもらうとよいでしょう。

この場合はダンボールの強度やサイズなどが思い通りにいきません。

しかし、費用は一切かけずに済むので、10個以上ダンボールが不足していてもお金の心配は不要です。

引越しに必要な梱包材を入手する方法

引越しに必要な梱包材を入手する方法

引っ越しではダンボール以外にもさまざまな梱包材が必要です。

ここでは引っ越しにあると助かる道具を紹介していきます。

引っ越しに便利な梱包材の種類

まずはダンボールに封をしたり、中を安定させたりするのに使う梱包材です。

テープ

ダンボールとセットで必要なのがテープです。

テープは引っ越し業者からダンボールと一緒に無料でもらえる場合がほとんどですが、足りない場合は100均などで調達しましょう。

ロープ

本などを束ねるのに使うのがロープやヒモです。

ロープやヒモの調達は100均などで調達すると安く手に入ります。

プチプチ

陶器やガラスなどを衝撃から守るのに使うのがプチプチです。

プチプチに関しても100均で購入できますが、通販を利用するとダンボールなど箱の中に入っていることも多々あります。

普段から一定数は取り置きしておくとよいでしょう。

新聞紙など梱包用の紙

梱包用の紙はお皿などを包むのに役立ちます。

新聞を取っている人は毎日手に入りますが、そうでない人は読まなくなった雑誌などが使えます。

ジッパー

小物などをまとめるのに便利なのがジッパーです。

処方薬などをもらうときに手に入りますが、普段はなかなか入手できない人もいるでしょう。

そのような人は100均で購入できるので、100均へ行ってみてください。

ハンガーボックス

引っ越しに欠かせないのがダンボールと合わせてハンガーボックスです。

ハンガーボックスは重要なアイテムですので、以下で詳しく解説していきます。

便利なハンガーボックスの入手方法

ハンガーボックスの入手方法や使い方を紹介していきます。

ハンガーボックスはどうやって入手する?

ハンガーボックスは引っ越し業者が当日に無料で貸してくれるので、その時に大切な衣類はかけて運んでもらいましょう。

しかし、ハンガーボックスの貸し出しには個数などに制限がある場合がほとんどです。

絶対にしわや汚れをつけたくない服があるなら、事前に通販ショップなどで購入しておいてください。

ハンガーボックスの使い方

ダンボールでできたハンガーボックスの使い方は簡単です。

基本的に底をテープで止めて上手の穴にポールをはめ込んだら完成です。

後は衣類をかけて、最後に封を閉じれば業者が運んでくれます。

種類別!引っ越し用ダンボールへ梱包するコツを紹介

種類別!引っ越し用ダンボールへ梱包するコツを紹介

ダンボールには強度を上げる組み立て方・梱包方法があるのをご存じでしょうか。

それを知っているだけでダンボールの底抜けなどを防げます。

ここではダンボールの組み立て方や梱包のコツを紹介していきます。

ダンボールは正しく組み立てる

まずはダンボールの正しい組み立て方とやりがちな間違った組み立て方の紹介です。

ダンボールを組み立てる前にしっかりと確認していってください。

正しいダンボールの組み立て方

ダンボールの組み立ての基本は、テープでしっかりと封をすることです。

ダンボールの強度を上げたい場合は、一字で貼った後に両サイドにも「H」の字のように貼り付けます。

さらに強度を増したい時は、「十」の字になるようにダンボールにテープを1~2本貼り付けてください。

ここまですればダンボールの強度はかなり高められます。

間違ったダンボールの組み立て方

間違ったダンボールの組み立て方の代表が、クロス組みです。

手っ取り早いからとテープを使わず、ダンボールの底をクロスに組んで済ませる人がいます。

しかし、これだけではダンボールの強度がかなり弱いので、すぐに底抜けしてしまいます

また、ダンボールの底と天井を逆さに組み立てるのも間違った方法です

引っ越し業者の人が混乱してしまって、底が抜けたり中のものが無茶苦茶になったりします

ダンボールは上下正しく組み立てましょう。

梱包するものに合わせてダンボールへ詰める

ダンボールに荷物を入れる時は、ものに合った詰め方があります。

ここでは誰もが悩んでしまうものを紹介していきます。

食器をダンボールへ梱包するコツ

食器をダンボールへ梱包する時のコツは、小さめのダンボールを選ぶことです。

食器は重いので、大きいダンボールに入れると底抜けのリスクが高まります。

また、食器1点1点プチプチや紙などで包むことも大切です。

ダンボールに入れ終わったら、最後にプチプチや紙などで隙間を埋めていきます

本をダンボールへ梱包するコツ

本をダンボールに入れる時も重い荷物になるので小さめのダンボールを選びます。

また、いっぱいいっぱいに詰め込まないようにするとよいでしょう。

ダンボールに適度に詰め込むことで、落下や底抜けなどのリスクを低減できます

洋服をダンボールへ梱包するコツ

洋服をダンボールに入れる時は、大きいサイズのダンボールを使いましょう。

洋服は軽いのでたくさん詰めても底が抜ける心配はそれほどありません。

また、荷詰めや引っ越し後の開封などのことを考えても、まとめられている方が効率的です。

ダンボールのみだと引越し料金は安くなる

ダンボールのみだと引越し料金は安くなる

通常の引っ越しよりも、ダンボールだけで引っ越しする方法もあります。

ここではダンボールのみを使った引っ越しを紹介します。

ダンボールのみで引っ越しする方法とは?

ダンボールのみを使った引っ越しは、主に単身者向けの引っ越しです。

ここでは主なもの3つを紹介していきます。

単身パックで運ぶ

単身パックはコンテナボックスを利用した引っ越しです。

コンテナに積める量であれば長距離でも利用可能なので、ダンボールだけという単身者におすすめといえます。

単身の方で単身パックを検討しているという方は、こちらの「単身パックとは?おすすめ業者まで解説」を御覧ください。

宅配便で発送する

「引っ越し」というイメージではないかもしれませんが、宅配便でダンボールを運んでしまう方法もあります。

ダンボールだけで引っ越し業者を利用しない分、かなり費用を抑えることが可能です。

少量のダンボールであれば、日時指定をすることでスムーズに引っ越しができます。

ミニ引越しを利用する

ミニ引っ越しは単身パックと似たサービスですので、少ない荷物の単身者におすすめのサービスです。

大きな違いは「荷物の量に制限があること」と「移動距離」です。

引っ越し業者によって違いがありますが、少ない荷物と近い距離ならミニ引っ越しも検討してみてください。

ダンボールのみで引っ越しを検討されている方は、少しでも安く引っ越しをしたいという方が多いのではないでしょうか?そのような方は、こちらの「引っ越し費用を少しでも安く抑える方法」を御覧ください。

まとめ

引っ越しをするときはダンボールが必需品です。

ダンボールは業者にもらえる場合がほとんどですが、もらえない・足りないときは困ってしまいます。

この記事では引っ越しに最適なダンボールのサイズや調達方法などを紹介しています。

また、ダンボールの正しい組み立てのコツも解説しているので、引っ越しを考えている人は参考にしてください。

ダンボールを正しく調達して使えれば、引っ越しをスムーズにできます。

-引っ越し

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.