一人暮らし

一人暮らしの部屋をおしゃれに作る方法!インテリア別レイアウトもご紹介!

更新日:

一人暮らしの部屋をおしゃれに作る方法!インテリア別レイアウトもご紹介!

一人暮らしのワンルームだから、おしゃれな部屋にはできないと嘆いてはいませんか?

実は、家具の配置やインテリアを置くコツを習得すれば、おしゃれな部屋を作ることができます。

この記事では、おしゃれな部屋を作る流れ、家具家電選び、インテリアを置くコツを解説します。

自分らしい、おしゃれな部屋を作り、一人暮らしをより快適なものにしましょう。

目次

おしゃれな部屋を作る流れを抑えよう!

おしゃれな部屋を作る流れを抑えよう!

まずは、おしゃれな部屋を作る流れを解説していきます。

全体像をつかむことにより、頭の中で部屋をイメージしやすくなります。

STEP1:部屋サイズや間取りから部屋を選ぼう

まずは、家具家電を選ぶ前に、部屋のサイズや間取りの確認を行います。

部屋のサイズによって置ける家具家電のサイズが変わります。例えば、大きな家具(ダブルベッドなど)などを置きたい方は、部屋のサイズを大きめに設定しましょう。

また、間取りによって部屋の雰囲気は大きく変わります。一般的には、部屋の形状が縦長・横長のものが多いですが、なかには正方形、変形のものもあります。インテリアを置く向きがそれぞれ変わるため、事前に確認しておきましょう。

部屋のサイズや間取りをあらかじめ決めておくことにより、家具家電をおしゃれに配置することができます。

STEP2:生活に合わせて必要な家具や家電を考えよう

家具家電はサイズを間違えるとレイアウトが組みにくくなったり、生活動線(人が通れる幅)がなくなったりして、住みにくい部屋になってしまいます

例えば、ソファーの場合「幅・奥行き・高さ・何人用なのか」を考慮した方が良いです。

なぜなら、これらを考慮することにより、部屋が広く見えたり、生活動線が確保され、人が快適に過ごすことができるからです。また、お客さんが頻繁に来る場合は、2人用、もしくは2.5人用などを検討するなど将来を見据えることも重要です。

つまり、お気に入りの家具を購入しても、生活動線がなくなっては意味がないので、あなたの生活スタイルを確認し、家具家電を選びましょう。

STEP3:インテリアを置く向きを考える

部屋のサイズや間取り、家具家電が決まったら、それらを置く向きを考えます。

一般的な部屋の間取りは、縦長、横長になります。これらを考慮して、家具家電を前後、左右に置くと、生活動線が確保された、見栄えの良い部屋を作ることができます

インテリアを置く向きを先に考えることで、部屋の装飾が活きてきます。

STEP4:部屋の装飾を考える

自分好みの部屋を作る最終過程になります。

具体的には「素材から選ぶ」「好きな色から選ぶ」「好きなインテリアから選ぶ」「部屋ごとにテーマ決める」「プロのレイアウトを参考にする」とおしゃれな部屋を作れます。

大きな家具家電を変えることは、容易ではありませんが、小さな雑貨品を変えるだけで部屋が大きく変わることもあります。

では、具体的なおしゃれな部屋の作り方を解説していきます。

部屋サイズや間取りから家具家電を選ぼう!

部屋サイズや間取りから家具家電を選ぼう!

部屋のサイズや間取りから家具家電を選ぶことは、おしゃれな部屋を演出するのに必須です。

ワンルームと1Kの違いとは?

ワンルームと1Kの違いを簡単に説明すると部屋に「区切り」があるかどうかです。

ワンルームには、室内にドアなどの区切りがなく、玄関、キッチン、部屋が一体となっている間取りです。

一方で、1K(一つの部屋とキッチン)は、キッチンと部屋の間にドアなどの仕切りがあり、しっかり分かれている間取りになります。

部屋サイズから家具家電の大きさを選ぶ

ワンルームの大きさによって、置ける家具家電のサイズに適正があります。

家具一つが大きすぎると、置きたかったインテリアが置けなかったり、圧迫した空間になってしまいます。

具体的には、6畳、12畳の部屋ではサイズが2倍違います。そのため、6畳ではシングルベッドしか置けないのに対し、12畳ではダブルベッドが置けたりします。

部屋サイズを選ぶことにより、あなたの好みのサイズの家具家電を置くことができます。

インテリアを置く向きによる違いとは?

インテリアを置く向きによる違いとは?

インテリアを置く向きは、部屋の形状によって変わります。

今回は、一般的な形状の縦長・横長の場合の置き方を解説します。

インテリアを前後置きするケース

部屋に入って縦に長い部屋の場合は、インテリアを前後置きにします。

具体的には、奥にベッドを置き、手前側にソファ、テーブル、テレビなどを置くイメージです。

ベッドを部屋の長い辺にあわせて配置することも可能ですが、ソファーが置けなくなったりするため、おしゃれな部屋を作るのにはあまり適していません。

インテリアを左右置きするケース

部屋に入って横に長い部屋の場合は、インテリアを左右どちらかに置きます。

具体的には、左右どちらかにベッドを置き、もう片方にソファ、テーブル、テレビなどを置くイメージです。

部屋の真ん中にスペースができるため、生活動線がはっきりとしていて、暮らしの満足度が上がります。

目的別!インテリアを置く2つのコツ

目的別!インテリアを置く2つのコツ

目的にあわせてインテリアを置くことにより、おしゃれな部屋を作れます。

今回は「部屋を広く見せたい場合」と「2部屋に分けたいときの場合」を紹介します。

①部屋を広く見せるときは低い家具

部屋を広く見せたいときは、背の低い家具を選びましょう。

家具一つ一つの高さを低くすることにより、部屋の見え方が大きく変わります。

しかし、高さのあるベッドやソファーの方が、寝心地や座り心地が優れている場合もあるので、一長一短といえます。

そのため、自身の好みに合わせて、家具を選ぶことも重要です。

②2部屋に分けたいときは仕切りになる家具

10畳以上の広い部屋に住む場合は、部屋を自由にカスタマイズできます。

一方で、広すぎて落ち着かないといったケースもでてきます。

そんなときは、リビングと寝室を分けましょう。奥行きの薄い家具をベッドの横に置くことにより、リビングと寝室を視覚的に分けることができます。

植栽を置くことで生活感が増し、よりおしゃれな部屋を演出できます。

迷ったらプロを参考に!一人暮らしのレイアウト例

迷ったらプロを参考に!一人暮らしのレイアウト例

自身で部屋をレイアウトするのは、楽しく満足感もあります。

しかし、家具を置いてみたら、思っていた部屋と違ったといったケースに陥る場合もあります。

そうならないように、プロのレイアウトを参考にしておきましょう。

一人暮らし1K6畳のレイアウト例-1〜インテリア前後置き〜

一人暮らし1K6畳のレイアウト例-1〜インテリア前後置き〜
「出典:https://roomclip.jp/」

部屋の形状が縦長の場合は、基本的にベッドを窓側に、ソファーを入口側に配置するとおしゃれな部屋を作ることができます。

ソファーやベッドの質感を重視したい方は、テレビ台の高さもそろえると、まとまりのある印象を与えられます。

一方で、家具の背の高さが高いと、やや窮屈な印象を与えてしまうため、自身のライフスタイルや家具の好みにあわせて検討してみてください。

一人暮らし1K6畳のレイアウト例-2〜インテリア左右置き〜

一人暮らし1K6畳のレイアウト例-2〜インテリア左右置き〜
「出典:https://roomclip.jp/」

インテリアを左右に置くことにより、真ん中に生活動線がきれいに生まれています。

黒と白を用いることにより、おしゃれな部屋を演出できています。白は、清潔感があり、部屋を明るく・広く見せたりする効果があります。一方、黒は、高級感を感じさせてくれたり、落ち着きを与える効果があります。

色にもさまざまな効果があるため、家具家電を購入する際は、参考にしてみてください。

一人暮らし1K7畳のレイアウト例-3〜部屋を広く見せたいとき〜

一人暮らし1K7畳のレイアウト例-3〜部屋を広く見せたいとき〜
「出典:https://roomclip.jp/」

部屋が狭くても、背の高い家具を置かないことにより、視覚的に広く感じるような空間になっています。

テーブル、テレビ台、ソファー、ベッドと全体的に背の低い家具をそろえるのがポイントです。

お客さんがきても、圧迫感を感じない、くつろげるようなレイアウトです。

一人暮らし1K9畳のレイアウト例-4〜2部屋に分けたいとき〜

一人暮らし1K9畳のレイアウト例-4〜2部屋に分けたいとき〜
「出典:https://roomclip.jp/

リビングと寝室が区切られているため、ON/OFFの切り替えがしやすい空間となっています。

無駄な家具家電がなく、非常にシンプルなため、おしゃれな部屋を演出できています。

最近では、ミニマリスト(必要最低限の持ち物で暮らすスタイル)も流行っているため参考にしてみてください。

一人暮らし1K6畳のレイアウト例-5〜在宅ワーク〜

一人暮らし1K6畳のレイアウト例-5〜在宅ワーク〜
「出典:https://roomclip.jp/

リモートワークや在宅ワークの方が増えている昨今、仕事とプライベートの切り替えができずに悩む方も増えているのが現状です。

そのような方は、ベッドと仕事スペースを区切ることによりメリハリが生まれ、仕事に集中することができます。

奥行きの薄い家具や植栽を一つ置くだけで、視覚的効果を感じることができます。

一人暮らし1K8畳のレイアウト例-6〜アンティークな部屋〜

一人暮らし1K8畳のレイアウト例-6〜アンティークな部屋〜
「出典:https://roomclip.jp/」

テレビ台、テーブル、ソファー、ベッドを木目チックなものに変えることにより、アンティークな部屋になります。

ランプやラグマットを置くとヴィンテージ感がさらに増します。

他の人とかぶらない、自分だけのスタイルを貫きたい方は参考にしてみてください。

一人暮らし1DK10畳のレイアウト例-7〜正方形の部屋〜

一人暮らし1DK10畳のレイアウト例-7〜正方形の部屋〜
「出典:https://roomclip.jp/」

正方形の形状の部屋では、生活動線がしっかり確保されるのであれば、インテリアを左右・前後どちらに置いても問題ありません。

自身の好みにあわせてインテリアの向きを変えましょう。

一人暮らし1K6.5畳のレイアウト例-8〜縦長部屋でインテリア左右置き〜

一人暮らし1K6.5畳のレイアウト例-8〜縦長部屋でインテリア左右置き〜
「出典:https://roomclip.jp/」

縦長の部屋でも必ずしも、家具を前後に置く必要はありません。

テレビをコーナーに置くことにより、圧迫感を感じない部屋になります。

カップル1LDK6.5畳のレイアウト例-9〜2人の部屋〜

カップル1LDK6.5畳のレイアウト例-9〜2人の部屋〜
「出典:https://roomclip.jp/」

1Kでも二人で過ごすことが多いケースも考えられます。

1LDKなら食事スペースを確保できるため、リビングはさまざまな装飾が可能です。

将来を見越して、部屋のサイズや家具家電を買い換えることも見越して選択しましょう。

まとめ

まとめ!一人暮らしの部屋をおしゃれに作る方法!インテリア別レイアウトもご紹介!

今回は、一人暮らしの部屋をおしゃれにする方法を解説しました。

もう一度おさらいします。

STEP1 部屋サイズや間取りから部屋を選ぶ
STEP2 生活にあわせて必要な家具家電を選ぶ
STEP3 インテリアを置く向きを考える
STEP4 装飾を考える

部屋のサイズや間取りを決めてから、生活に必要な家具を選ぶとおしゃれな空間を容易に想像することができます。

インテリアを置く向きや装飾がわからない方は、今回紹介した例を参考にしてみてください。

-一人暮らし

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.