洗濯

洗濯機をキレイに掃除する方法を解説!汚れを簡単に取るには?

更新日:

洗濯機をキレイに掃除する方法を解説!汚れを簡単に取るには?

洗濯機は毎日のように水や洗剤にさらされているため、常に清潔だと思っていませんか?

ぱっと見キレイに見える洗濯槽の中は、実はカビや雑菌、いろいろな汚れが溜まっているんです。

洗濯機の掃除は毎日行う必要はなく、定期的に行うことで清潔に維持できるので、実践してみましょう。

洗濯機は掃除をする必要があるの?

洗濯機は掃除をする必要があるの?

洗濯が終わった衣類から洗剤や柔軟剤以外の、イヤな臭いがしていませんか?

もしも異臭がするのなら、洗濯機の中が汚れているサインなので掃除をしましょう。

洗濯機の中は湿気が多く、カビや雑菌が繁殖しやすい環境にあるだけでなく、さまざまな汚れが付着しているので定期的に除去する必要があります。

洗濯機には汚れが蓄積する

毎日目にする洗濯機の本体(外側)、洗濯槽の表面だけ見ていると、どこが汚れているの?と思うかもしれません。

洗濯機の汚れというのは、なかなか目が届きにくい場所にたまりやすくなっており、普段掃除しないからこそ汚れがどんどん蓄積されていきます。

特に洗濯槽は内側に脱水用の穴が多数あるため、汚れがたまったりカビが発生しやすくなっているんです。

他にも、洗濯機と洗濯パンのすき間も汚れがたまりやすい場所となっています。

洗濯機にたまりやすい5つの汚れ

洗濯機にたまりやすいゴミは、以下の5種類です。

ホコリ

ホコリは洗濯機本体の周囲や洗濯パンの中というような、普段はあまり見ることのない場所にたまりやすくなっています。

洗濯機と壁のすき間はなかなか手が届かない、目につかないことが多く、特に洗濯機の後ろ側は全く眼中にないという方も多いのではないでしょうか?

乾いたホコリは掃除機で簡単に吸い込めますが、洗濯機周辺は湿気が多く、ホコリが水分を吸収してしまうので、そう簡単には除去できません。

カビ

カビが発生する原因は湿気が多いことであるので、洗濯機のあちこちに発生しやすくなっています。

洗濯機のフタの内側、本体の底面、洗剤投入口、そして一番カビが多い部分が洗濯槽の内側です。

水アカ

窓ガラスや風呂場、キッチンや風呂場、キッチンなど水回りには必ず見られる水アカは、洗濯機にも付着します。

水分が蒸発した跡に残る水アカは、水に含まれるミネラル分であり、蓄積するとなかなか取り除くことができません。

石鹸カス

ここで言う石鹸カスとは、手洗いに使う固形石鹸のことではなく、洗濯用の洗剤を指しています。

洗剤には粉末と液体がありますが、粉末の場合には水に溶けきれない、液体の場合には洗剤投入口に余ることがあり、これらが固まり洗濯槽内に留まったものが石鹼カスです。

衣服についた汚れ

衣類や肌着の繊維、糸、毛玉、付着した食べ物や飲み物、汗や皮脂などさまざまな汚れが付着しています。

洗濯前に見落としがちなポケットに入ったままのティッシュやメモ紙、ゴミくずなども洗濯機内を汚す原因です。

洗濯機は掃除をしないとどうなるの?

洗濯機にはさまざまな汚れやゴミがたまりやすいことが分かったかと思いますが、これらを掃除せず放置するとどのようになるのかというと、答えは簡単です。

汚れはたまり続け、カビは繁殖する一方となり、洗濯物に汚れが付着したり、雑菌臭が付いたりします。

その結果、満足いく洗濯ができず何度も洗濯をすることになりますし、特に注意しなければならないのは、衣類についた雑菌臭は簡単に落ちないという点です。

せっかく高価な高性能の洗濯機があっても、掃除を怠ると意味がありませんので、定期的な掃除は必要ということになります。

洗濯機を掃除するタイミングは?

洗濯機を掃除するタイミングは?

では、洗濯機はどの程度の間隔で掃除をしたら良いのでしょうか?

毎日やれば、常に洗濯機はキレイな状態を保てますが、そこまでマメにやる必要はありません。

目安は1ヶ月に1度

洗濯機の中でも洗濯槽は、月に1度を目安に掃除をすること推奨します。

ここまで解説したように、洗濯機にはさまざまな汚れやカビなどが蓄積しますから、定期的に掃除をしていつもきれいな状態にしましょう。

最低でも2ヶ月に1回は掃除しよう!

月に1度の掃除も忙しくて無理という方は、せめて2ヶ月に1回は洗濯機の掃除をする時間を確保しましょう。

洗濯機の掃除はそんなに難しいことではなく、大して時間もかかりません。

洗濯機の掃除にはどの洗剤が効果的?

洗濯機の掃除にはどの洗剤が効果的?

洗濯機の場合、掃除をする場所は洗濯槽がメインとなり、専用の洗剤もいろいろな商品が市販されています。

ただ、どれでも使って良いかと言えばそうではなく、カビを中心に落としたいのか、汚れを落としたいのかによって使用する洗剤を選んだ方が効率的です。

洗濯機の掃除に使える3種類の洗浄剤

市販されている洗濯機用の掃除に使える洗剤は大きく分けて3種類あります。

カビならこれ、油汚れならこれというような感じで、それぞれに得意分野というものがあるので、3種類の洗剤を持っておくと良いでしょう。

重曹

正式な名前は炭酸水素ナトリウムで、キッチン周りの掃除に使われることが多いですが、洗濯機の掃除にも使用できます。

重曹はアルカリ性で、洗濯槽内の汚れ中和、除去、さらには消臭効果があるためカビや雑菌の臭いを抑える効果があるんです。

しかも、100円ショップで安価で手軽に購入できるものメリットの一つと言えます。

酸素系クリーナー

酸素系クリーナーには粉末と液体の2種類があり、前者の主成分が過酸化ナトリウム、後者は過酸化水素水です。

両者とも泡を発生させるため、その泡の力で汚れを落とすのが酸素系クリーナーの特徴となっています。

酸素系クリーナーの中で、特に人気があるのがオキシクリーンなので、ぜひチェックしてください。

塩素系クリーナー

塩素系クリーナーの主成分は次亜塩素酸ナトリウムで、その代表的なものと言えばキッチンハイターです。

殺菌力が非常に高く、洗濯槽に発生したカビや細菌に高い効果があるのが特徴ですが、臭いがキツイというのが欠点でもあります。

重曹はどんな場合に使うべき?

他の洗剤と比較すると、洗浄力では劣ってしまいますが、自然の素材から作られているということもあり、環境に配慮したいとお考えの方におすすめです。

洗濯機の臭いを取り除く効果があるので、雑菌の臭いが気になる時に使用しましょう。

酸素系クリーナーはどんな場合に使うべき?

定期的な掃除を行う中で、カビの発生や臭いが感じない場合に使用すると良いでしょう。

塩素系クリーナーはどんな場合に使うべき?

塩素系は特にカビに強い特徴があるため、洗濯機がカビや雑菌の臭いがする時に使用すると効果的に掃除をすることができます。

また、長期間洗濯機を掃除した記憶がないという方は、塩素系クリーナーを使用しましょう。

洗濯槽を掃除する方法を解説!

洗濯槽を掃除する方法を解説!

3種類の洗剤を使った洗濯槽の掃除のやり方についてご紹介しましょう。

いずれも簡単に行えますので、ぜひ参考にして取り組んでください。

重曹を使った掃除方法

重曹で掃除をする場合、時間がかかるというデメリットがあるため、ゆっくりじっくりと時間を確保できる時に行うと良いでしょう。

準備物

①重曹200gあれば掃除できますが、汚れが酷い時にはさらに増やしても構いません。

②ゴミ取りネット

掃除手順

①糸くずフィルターを取り外し、洗濯槽にある満水の位置までお湯(40℃~50℃以内)を溜めます。

(お湯の温度は高温になると洗濯機の故障の原因となるので、この温度を厳守してください。)

②洗濯機に重曹を投入して、標準の洗濯コースで5分ほど回したら停止させ、5~6時間放置します。

(標準よりも念入りに洗濯するコースがあるのでしたら、そちらをセットしてください。)

③放置させているとゴミが浮いて来るので、ゴミ取りネットで取り除きましょう。

そして時間が経過したら、洗濯機を再び5分回しゴミが浮いたらまた取り除き、排水します。

➃排水が終わったら水かお湯で満水にさせてすすぎ、ゴミが出て来たら排水させます。

これをゴミが出て来なくなるまで繰り返し

最後の排水が終わったら、洗濯槽をしっかりと乾燥させて完了です。

酸素系クリーナーを使った掃除方法

泡で洗濯槽内の汚れを落とす酸素系クリーナーの掃除方法です。

準備物

①市販されている洗濯機用の酸素系クリーナー(お好みのもので構いません。)

②ゴミ取りネット

掃除手順

①お湯(40~50℃)のお湯を洗濯機にため、その中に酸素系クリーナーを投入し、標準コースで5分回して停止させ2~3時間放置し、浮いてきたゴミをゴミ取りネットで取り除きます。

②ゴミを取り除いたら運転を再開し、最後まで終わったら洗濯機の槽内を乾燥させて完了です。

塩素系クリーナーを使った掃除方法

洗濯機の槽内に発生したカビを徹底的に取り除きたい、洗濯機の臭いが気になる時には塩素系クリーナーを使用して掃除しましょう。

やり方は非常に簡単です!

準備物

市販の洗濯機用の塩素系クリーナー(お好みのもので構いません。)

掃除手順

①塩素系クリーナーを洗濯機に投入し、満水になるまで水をためて標準コースで回します。

(洗濯機によっては槽洗浄コースがあるので、ある場合にはそちらをセットして回してください。)
②運転が最後まで終わったら、槽内をしっかりと乾燥させて完了です。

洗剤投入口や糸くずフィルターの掃除方法を解説!

洗剤投入口や糸くずフィルターの掃除方法を解説!

洗濯機の洗剤投入口は、使っているうちに次第に洗剤が固まり、掃除が必要になります。

また、糸くずフィルターは洗濯をしている時に、洗濯槽内に浮遊しているごみを取り除く役割があり、定期的に掃除をしなければ、ゴミが排水口に詰まったり、洗濯物にゴミが付着することがるので要注意です。

どちらも洗濯機の中でも重要な役割を果たすので、定期的にしっかりと掃除をしましょう。

洗剤投入口の掃除方法

洗剤投入口は、洗剤ケース内だけでなく、投入口内もキレイに掃除しましょう。

固まった洗剤を取り除く以外にも、カビを取り除くのも大切な仕事です。

準備物

①使い古しの歯ブラシ

②雑巾

③カビ取り剤

掃除手順

①洗剤投入口からケースを取り外し、洗面器かバケツに入れて水洗いします。

(汚れが酷い場合は、50℃のお湯につけ置きして洗い、固まった洗剤が残っている時には歯ブラシで落としてください。)

②投入口内を雑巾を使って、届く範囲内を拭き掃除をします。

投入口内に固まった洗剤がある場合には、お湯(40℃)を入れて2時間以上つけ置き、洗剤が溶けたタイミングでさらに水かお湯を入れて洗い流しましょう。

③洗剤投入口にカビ取り剤を吹き付け、10分程度放置したら水で洗い流します。

カビの付着が見られる時には、歯ブラシで磨いて取り除きましょう。

最後にもう一度念入りに投入口を水で洗い流したら完了です。

糸くずフィルターの掃除方法

縦型洗濯機のみに装備されている糸くずフィルターは、簡単に掃除ができる場所です。

1回洗濯するだけでもゴミがたまるので、洗濯が終わったら毎回ゴミを処分すれば、掃除も楽になります。

準備物

①バケツ

②キッチンハイター

③バケツ

➃使い古しの歯ブラシ

掃除手順

①フィルターのケースを取り外し、ケース内にたまったゴミを処分しましょう。

②バケツに水を注ぎ、ケースを入れて歯ブラシで汚れを落とします。

③水を入れ替え、キッチンハイターを入れてケースを2~3時間つけ置きし、しっかりと水洗いして乾燥させて取り付ければ完了です。

洗濯パン(洗濯機の下)の掃除方法を解説!

洗濯パン(洗濯機の下)の掃除方法を解説!

洗濯パンは、洗濯機がもしも何かあった時のために、床が濡れないように水が溜まるような構造となっており、排水口も兼ね備えています。

普段は洗濯機の下にあるため、しっかり掃除をしようとなると、電源、アース、給排水のホースを外し、重い洗濯機を洗濯パンから持ち上げて移動しなければなりません。

毎月そのような形で掃除をするのは非常に大変ですから、手軽にキレイに洗濯パンを掃除できる方法をご紹介しましょう。

準備物

①雑巾

②掃除機(狭い隙間を掃除できるノズルがあれば用意しましょう。)

③ハンディモップ

掃除手順

①掃除機の先端に隙間用のノズルを取り付け、掃除機が届く範囲にあるホコリや汚れを吸い取ってしまいましょう。

(洗濯パンには糸くず、髪の毛、ホコリが溜まりやすいです。)

②ハンディモップを使用して、洗濯機の下の隙間に溜まっている汚れを取り除きます。

③雑巾を使って、手の届く範囲を拭き掃除をすれば完了です。

(この時に手の届くところに排水口があるようなら、その周囲もしっかりと掃除しましょう。)

洗濯機の汚れを予防する5つのコツとは?

洗濯機の汚れを予防する5つのコツとは?

洗濯機は定期的な掃除が欠かせませんが、日頃から汚れないような対策をしておくことで、掃除にかける時間を短縮させられます。

①洗濯以外のときはフタを開ける

洗濯をしていない状態でも、洗濯機の中は湿気が高くカビが発生しやすくなっているため、できるだけ乾燥させなければなりません。

フタを閉め切っていると、湿度がさらに高くなりますから、洗濯をしていない時は常にフタを開けておきましょう。

ただし、小さい子供がいらっしゃるご家庭では、子供が誤って中に入り込んでしまう可能性があるので、要注意です。

フタを開けておくことは非常に大切なことなので、「洗濯が終わったら開けっ放す」クセを身に付けましょう。

②洗剤や柔軟剤は適量以上使用しない

「今日の洗濯物は汚れが酷いから、洗剤を多めに入れてキレイにしよう」なんてことしていませんか?

いくら汚れが酷いからと言っても、洗剤を適量以上に投入しても、キレイに落ちることはありません。

むしろキレイになるどころか、洗剤が溶け残ることになり、衣類や洗濯機を汚すことになります。

洗剤が多いと必要以上に泡立ってしまい、何度もすすぎを行う必要があり、それだけ余計な水を使うことになってしまい、ムダなことだらけです。

欲張らずいつも通りの洗剤の量で洗濯することが、洗濯機を清潔に保てます。

③洗濯カゴを用意する

洗濯機はだいたい風呂場に近い場所に置くものですが、近いがゆえに脱いだ衣類をそのまま洗濯機へIN!という方も多いのではないでしょうか。

確かに、そのまま洗濯機に放り込めばそのまま洗濯できるので、効率的に目るのですが、今すぐに洗濯しないというのであれば、実はやってはいけないことなんです。

洗濯機の中は湿度が高いというのはお話しましたが、衣類や肌着が吸い込んだ汗や皮脂汚れによって、さらに高湿度となってしまいます。

湿度が高い中に、衣類に付着した食べ物やさまざまな汚が付いたものを洗濯機の中に入れておくと、カビや雑菌は大喜びです。

そうなると、あとあと面倒な作業が増えるだけなので、脱いだ衣類や肌着はひとまず洗濯カゴにいれましょう。

④乾燥機能がある場合には定期的に使用する

最近の洗濯機は洗濯と乾燥の両方の機能を備えた機種が販売されており、もしも乾燥機能があるのに使っていないという方は、「宝の持ち腐れ」は言いすぎかもしれませんが、たまには使用しましょう。

何度も言いますが、洗濯機内は湿度が高いので、できるだけ乾燥させておいた方がカビの発生を抑えることができます。

特に梅雨時期から夏にかけては高温多湿となり、カビや雑菌が発生しやすく、洗濯機からイヤな臭いがすることも多々あるため、せめてこの期間中は乾燥機能を使いましょう。

乾燥機能を使うのと使わないとでは、洗濯機の清潔度に違いがあるため、定期的な使用が望ましいです。

⑤定期的に掃除をする

ここまで話が進んでくると、洗濯機の掃除の重要さがすでにおわかりかと思います。

溜めに溜めてから洗濯機の掃除をするのは非常に大変な作業となるため、やはり定期的な掃除を怠ってはいけません。

上述したように、1ヶ月に1回を目安にして洗濯機の掃除をしましょう。

洗濯機が常に清潔なら衣類もキレイに仕上がり、身も心もさっぱりとした気分になりますよ。

洗濯機がどうしてもきれいにならないときは?

洗濯機がどうしてもきれいにならないときは?

市販のクリーナーを使って自分なりに、洗濯機の掃除をやってはみたものの、思うようにキレイにならないこともあるかもしれません。

最終的な手段として、掃除のプロに洗濯機の掃除をお願いするのも手です。

業者に洗濯機掃除を依頼する

家庭全般のクリーニングを行っている業者の中には、洗濯機の掃除を請け負うところがあります。

掃除のプロが専用の洗剤と、特殊な技術で洗濯機をキレイに仕上げてくれるので、自分で行った掃除に満足できなかった方にはおすすめです。

洗濯機の掃除にかかる費用は、縦型かドラム式かによっても異なりますが、だいたい1万円~2万円程度となっています。

ただし、ドラム式は引き受けない業者があったり、洗濯機のメーカーによっては別途作業が必要になるため、費用が上乗せされる場合があるので、事前に良く確認をしましょう。

まとめ

衣類や肌着は毎日身に着けるからこそ清潔にしておきたいですが、そのためには洗濯機をいつもキレイな状態にしておくことが大切です。

洗濯機の掃除を怠っていると、カビは発生し放題、汚れは蓄積される一方なので、とても清潔だとは言えません。

まじまじと洗濯機を見ることは少ないかもしれませんが、洗濯機はいろいろな汚れやカビなどが付着しやすい環境に置かれています。

洗濯機が汚れていると、衣類に汚れやカビが付着して臭いの元となるだけでなく、洗濯機の故障の原因になる場合もあるんです。

ご紹介したように、洗濯機の掃除は意外と簡単にできるので、毎月1回はキレイにしてあげましょう。

-洗濯

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.