人間関係

もう人間関係に疲れない!人間関係を良好にするコツとは?

更新日:

もう人間関係に疲れない!人間関係を良好にする姿勢とは?

「人間関係に疲れないためにできることって何?」

「人間関係を良好に保つポイントってあるの?」

人間関係で悩んでいる人はこのような疑問を持っているのではないでしょうか。

職場や学校など人間関係は切っても切れないものですので、何とかうまくやっていきたいものです。

そこでこの記事では人間関係に疲れないコツや良好に保つ方法などを紹介していきます。

人間関係の悩みは誰もが持っている

人間関係の悩みは誰もが持っている

人間関係の悩みは特別なものではなく誰もが持っているものです。

しかし、その悩みはかなり重大な問題を引き起こすものでもあります。

ここではどのような問題を引き起こすのか、健康と生活への影響に焦点を当てて説明していきます。

ストレスの要因として人間関係の悩みは重大

人間関係の悩みはストレスを抱える要因となるので全く軽視できるものではありません。

2015年にエン・ジャパンが実施したアンケートによると、仕事でストレスを感じるポイントのトップは人間関係でした。

このようなストレスを放置しておくと心身に大変な事態を招きます。

心への影響

過度なストレスによって引き起こされる心の病気としては、うつ病や適応障害、パニック障害などがあります。

ストレスは全く悪いものではなく、メリハリのある生活のためには適度に必要です。

しかし、慢性的に過剰にかかると徐々に、いろいろなことがめんどくさいと感じるようになります。

また、気分の落ち込みが激しくなったりイライラしたり、焦ったりしやすくなります。

通常、このような状態が2週間以上続く場合はうつ病が疑われるので、精神科の受診が必要です。

精神病を一度引き起こしてしまうと趣味を楽しめなくなったり寝付けなくなったりして、ドンドン自分を追い詰めていってしまいます。

最悪自殺願望も芽生えるようになってしまうのです。

健康への影響

ストレスによって頭痛や腹痛を引き起こすのは有名ですが、他にも命に関わる病気の要因になります。

例えば、動脈硬化や脳卒中、がんなどの発症リスクを上昇させるのです。

ストレスを受けると交感神経という活動・緊張時に活発になる神経が活発になります。

交感神経は血管を収縮させる作用もあるので、血管に負担をかけて動脈硬化の要因となるのです。

また、柔軟性を失った血管は詰まりやすく破裂しやすいので、心筋梗塞や脳出血などにもなりやすくなるのです。

さらに、ストレスは免疫力を低下させてがん細胞の増殖を抑えられなくもします。

退職する原因の3割が職場の人間関係

人間関係の悩みは仕事、特に退職の動機になって生活に大きな影響を与えます。

例えば、2017年に厚生労働省が実施した「労働安全衛生調査」によると、対人関係で強いストレスを受けている人の割合は30.5%です。

また、転職口コミサイト「転職会議」が実施した離職理由アンケートによると、退職の原因として最も多かったのが人間関係でした。

このように、人間関係の悩みはかなり幅広くさまざまなものに甚大な問題を与えるのです。

誰もが持っている悩みではありますが、小さいうちに対処できるのならしておく必要があります。

人間関係の悩みが生じる理由とは?

人間関係の悩みが生じる理由とは?

「人間関係の悩み」とひと言でいえますが、その理由は多岐にわたり簡単にまとめられません。

ここではどのような理由があるのか紹介していきます。

コミュニケーションをとるのが苦手

人間関係の要はコミュニケーションですので、言葉のキャッチボールが苦手な人はこれが悩みの種になります。

例えば、何か話しかけられたのにうまく返せない場合、相手に対して申し訳ない気持ちになる人がいるでしょう。

また、どうしてこれくらいの反応ができなかったのかと自己嫌悪になる人もいます。

他にも、コミュニケーションが苦手なので、事前に何を話そうか話題を用意するので、それがストレスになる人もいます。

仕事が忙しいのに人間関係の負担が増えれば精神的に追い詰められいくので、正常な生活を続けることは困難です。

こうして人間関係に疲れて悩みを増幅させていくケースが多々あります。

空気や雰囲気に馴染めない

組織・集団の雰囲気に馴染めないことも疲れの要因です。

例えば活発で体育会系の組織なのにおとなしい人は今一つ馴染めないでしょう。

反対に、上下関係があいまいでフランクな組織なのに、きっちりとしたい人はストレスを感じる可能性が高いです。

組織の空気や雰囲気といったものには決まりがないので、柔軟に対応できない人は疲れてしまいます。

特に日本は同調圧力が強い傾向にあるので、少数の意見は無視されて多数の意見に従うように暗に誘導されます。

組織によってその圧力の強さは違いますが、馴染めていない人にとってはかなり強いプレッシャーを受け続けることになるでしょう。

人に対して心を閉ざしている

人に対して心を閉ざしている人にとっては、人との関わりそれ自体が大きな負担になります。

自分と合うタイプの人かどうかや組織の雰囲気などは関係なく、人と一緒にいることが嫌という人もいるでしょう。

しかし、職場でも学校でも社会生活をスムーズに営んでいくためには必ず人間同士の関りがあります。

そのため、他人を信用できず心を閉ざしている人でも無理をして関わっていかなければならないのです。

そうした日々が続くことでストレスがドンドン蓄積していき、人間関係に疲れていくのです。

そんな疲れが他人に対しての憎悪となって負のスパイラルとして余計に心を閉ざしていく人もいます。

このような人は人間関係リセット症候群を引き起こしやすいので、自分なりのストレス発散術を身に着けておくようにしましょう。

自分の意見を曲げられない

自分の意見を決して曲げないという人も人間関係への悩みを抱えやすいです。

人はそれぞれ育ってきた環境や考え方が違い、人の数だけたくさんの価値観があります。

そのため、学校や職場など人が集まる場所では、さまざまな意見が飛び交うのが当たり前です。

その中で自分の意見に固執してしまう人は、人との関わりが大きなストレスになってしまいます。

このような人の特徴は完璧主義者であったり自分がやっていることに大きな自信を持っていたりする傾向にあります。

ほとんどの場合、相手を否定しようだとか議論で言い負かしてやろうという気持ちはありません。

あくまで自分が正しいと思うことを主張しているだけです。

しかし、周りは自分を理解してくれない・いつも反発してくると感じて悩んでしまうのです。

また、摩擦が絶えないので人間関係に疲れる要因になります。

ストレートに伝えてしまう

いいにくいことでもズバッとストレートに伝えてしまう人は、対立が多くなって人間関係をこじれさせる要因です。

頼み事や反論などをいう場合、前置きが長いと相手に不快感を与えてしまいます。

そのため、消化不良にならないためにズバッというようにしているという人もいるでしょう。

しかし、いい方を間違えると相手を傷つけてしまったり喧嘩へと発展したりして、人間関係に支障をきたしてしまいます。

相手に対して好戦的な印象を与えてしまうとお互い信頼し合うことができず、関係を深めることはできません。

結果的に相手に対していつになっても気を遣い続けなければならなくなり、人間関係の疲れにつながります。

人間関係を良好にするために大事な4つのポイント

人間関係を良好にするために大事な4つのポイント

人間関係に悩む要因やこじらせる原因は人によって違います。

しかし、良好に保つためのポイントを押させておけば、改善できることが多いです。

そこでここでは大事なポイント4つを紹介していきます。

すべての人に有益ですので参考にしてください。

①「Give and Take」の精神で、「役に立つ」意識を持つ

生活の中で得をしようとばかり考えている人は人間関係に疲れてしまいやすいです。

まずは周りの人に役に立とうという意識を持ってみてください。

つまり、周りに「与える」人になるということです。

困っている人を助けたり親切にしたりすることで、人が自然に集まってくるようになります。

一見、都合のいい人になってしまうようですが、人間社会は持ちつも立てるで成り立っています。

「Give」をすれば自ずと良いタイミングで「Take」してもらえるものです。

注意点は「いい人になろう」と思いすぎないことです。

「いい人になろう」つまり「思い通りの評価を得よう」とする行為は、結果的に「Take」を求めています。

これでは人間関係に疲れる要因になってしまいます。

できる範囲で周りの役に立つことに意識を向けてみてください。

周りは自然にあなたを評価し、良い関係を築きやすくしてくれます。

②自己評価と他者からの評価は合わないと開き直る

人間関係をよくするためには、自己と他者の評価はなかなか一致しないと考えることも大切です。

例えば、自分は毎日長時間の残業をして頑張っているのに、上司は評価してくれないケースがあります。

自分は精一杯やっていても、周りから期待通りの評価を得られないとガッカリするでしょう。

しかし、人はそれぞれ価値観が違うので評価基準も違います。

そのため、自分の評価と他者の評価は合わないものと開き直るようにしてください。

ちなみに、心理学には「ジョハリの窓」という考え方があります。

これは自分の性質を「自分が分かっている部分・わかっていない部分」「他者が見えている部分・見えていない部分」の4つを組み合わせて自己分析するものです。

つまり、人間には「自分は気づいていて他者が知らない自分」と「他者は見えているが自分は知らない自分」があるものです。

「評価されていない」とばかり考えていると相手を信頼することはできないので、自分は自分と割り切る部分も持ちましょう。

③相手の良いところに目を向ける

なかなか難しいですが、相手の良いところに着目するのが人間関係の構築には有効です。

どうしても相手の嫌な部分には意識が向き、それにストレスを感じてしまいます。

しかし、良い部分に目を向けることで、良好な関係を築きやすくなります。

ポイントは良い部分を相手にしっかりと伝えることです。

例えば、心理学には「好意の返報性」という言葉があります。

これは良い評価をしてくれる相手には自分も好意的になりやすくなるというメカニズムのことです。

つまり、相手の良い部分を評価して伝えることで、相手は自分に好意を持ってくれるようになるのです。

意識すれば良い部分は見えてくるので、相手をしっかりと観察してみてください。

④相手の立場に立った言動をとる

相手を尊重することも大切です。

例えば「ストレートに伝えてしまう人」は、相手の意見を反対する時でも相手を認める言葉を含めます。

頭ごなしに否定すれば相手のメンツは丸つぶれで、攻撃されたと感じて関係も壊れてしまいます。

しかし、一旦相手を認めることでネガティブな印象をなくせるのです。

また、体調が悪そうなら「大丈夫?」とひと言かけるだけで、相手との距離を縮めやすくできます。

ほんのちょっとの気遣いですが、相手の立場を考えることで良好な関係は築けるのです。

人間関係で悩まないためのコツ

人間関係で悩まないためのコツ

人間関係を良好にするために気を遣っていても、悩んでしまうことは多々あります。

では、どのようにすれば悩みを少なくできるのでしょうか。

ここでは具体的なコツを紹介していきます。

苦手な人とは付き合わない

人間にはさまざまな価値観やタイプがあるので、どうしても苦手という人とは付き合わないようにするのです。

例えば、他者とはある程度の距離感を保ちたい人にとって、押しが強い人はめんどくさい相手でしょう。

そのため、できるだけ距離を取って接点をなくすようにしてください。

また、目が合うと話しかけるタイミングを与えてしまうので、近くにいても目を合わせないようにします。

職場や立場などによってはまったく付き合わなくすることは難しいです。

しかし、距離を取るようにすれば、自ずと相手にも伝わって疎遠になっていきます。

即効性はありませんが、人間関係で悩んでいるなら実践してみてください。

悩みを誰かと相談する

人間関係の悩みを解消したいなら、そのことを誰かに相談するのが有効です。

何かに悩んでいる時は、本来よりも大きく物事を捉えがちです。

そのため、本当ならそれほど悩む必要がないことでも、大げさに考えてしまっている可能性があります。

人に悩みを相談することで客観的に問題を見られるようになるので、正しい判断を導きやすくなるのです。

また、人に相談をするためには相手にしっかりと伝わるように、そのことについて自分の頭で考えなければなりません。

冷静に問題に向き合えるようにもなるので、人間関係の悩みを解消しやすくなるのです。

相手に相談する前にしてほしいことが、紙に悩みを書いてみることです。

紙に書けば単に頭の中で考える以上に悩みを整理できます。

そうすれば、相手により伝えやすくなるだけでなく、何に悩んでいるのか自分でわかるようにもなるのです。

問題によっては人に相談をしなくても解決できるかもしれません。

周囲からどう思われても平気と開き直る

「ジョハリの窓」についてすでに紹介しましたが、人間の見え方には4つあります。

自分と他者の見え方が一致している部分だけならいいですが、異なる部分があります。

そのため、違いがあることを認めて、開き直ってしまうことも必要です。

「他人は他人」と割り切ることで、悩みが小さくなります。

ただし、そのままにしておくことはおすすめできません。

相手を理解したり相手に自分をわかってもらったりするために、コミュニケーションを取ることも重要です。

そうして相手に自分の特徴を理解してもらうことで、前向きに悩みを解決できるようになります。

環境を変えて、人間関係をリセットする

究極的な人間関係の悩みをなくしてしまう方法は、すべての関係をリセットすることです。

例えば、職場や連絡先、住所、SNSのアカウントなどをリセットして関係をなくしてしまえば、人間関係の悩みも同時に消せます。

環境を変えることで再出発しやすくなるので、最後の手段としておすすめです。

ただし、何度も繰り返すことはおすすめできません。

人間関係を断ってばかりいると、人間関係リセット症候群を引き起こしやすくなります。

すると人との人間関係を深められない人間になり、生きづらくしてしまうリスクがあります。

まとめ

人間関係に疲れてしまう人はたくさんいて、そのことでストレスが溜まって心身の病気を引き起こしているケースが多いです。

特に、コミュニケーションをとるのが苦手な人や組織の空気に馴染めないような人は悩む傾向にあります。

しかし、人間関係を良好に保つためにはいくつかポイントがありますので、実践してみてください。

また、どうしても悩みがなくならないという人には悩まないためのコツもあります。

この記事ではそれぞれ説明しておりますので、人間関係で悩んでいる人は参考にしてみてください。

-人間関係

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.