人間関係

【人間関係に疲れた】もう悩まないようになる対処法とは?

更新日:

【人間関係に疲れた】もう悩まないようになる対処法とは?

「人間関係に疲れる原因って何があるの?」

「人間関係に疲れた時にすべきことって何?」

普段生活していれば人間関係でこのような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

学校や職場などでは人と関りを無視できないので、どうしても苦手な人がいれば悩んで疲れてしまいます。

この記事では人間関係で疲れた人に向けて、疲れた時の対処法や悩まない方法などを紹介していきます。

実践しやすいものを中心に紹介していきますので、参考にしてください。

人間関係に疲れる原因とは?

人間関係に疲れる原因とは?

「人間関係に疲れた」と悩んでしまう原因はいくつかあります。

ここではよくある人間関係の悩みの原因を紹介していきます。

周りのみんなから好かれようとしている

人間関係に疲れてしまう原因の1つは、「八方美人」です。

すべての人から好かれようと頑張ってしまっているために、疲れた状態に陥ってしまうのです。

四文字熟語には「十人十色」という言葉がありますが、人は人数分だけ好みや意見があります。

もし、周りのみんなから好かれようとすれば、すべての違いに無理やり合わせなければならなくなるでしょう。

するとかなり大きな精神的な負担を強いられることになります。

仮に1人ずつなら何とか対応できたとしても、人が集まるグループの中で同時にすべての人となるとパンクしてしまいます。

社会の中で生きていく以上、周りに合わせることも時には必要です。

しかし、すべての人に好かれようと無理に頑張りすぎると人間関係に疲れてしまいます。

相性の良い友達はいいですが、合わない人とは適度な距離さえ保てればいいと割り切るようにしましょう。

そうすれば、人間関係で疲れたと感じにくくなります。

周囲の評価を気にしてしまう

人間関係に疲れやすいタイプとして、周囲の評価を気にする人も挙げられます。

「あんなことして私、変に思われていないかな」「今日は体調が悪くて帰りたいけど、サボったようには思われたくない」

周囲の目を気にしすぎる人は、ありのままの自分でいられていません。

つまり、自分のペースでいられないので、人間関係に対して疲れたと感じてしまうのです。

もちろん、ビジネスの場なら人事の評価を受け、プライベートでも周りの人から評価されます。

しかし、それはほとんどの場合、業務上影響がある範囲や表面的な部分に限定されてます。

ところが、人間関係に疲れたと感じている人は、すべてにおいて認められたい、称賛されたいと頑張ってしまうのです。

人の評価とは上がったり下がったりするものですし、また見ている人はしっかりと見てくれているものです。

周りの評価ではなく自分は何をしたいか、素直な気持ちに従ってみてはいかがでしょうか。

そうすれば、周りに振り回されることがなくなるので、人間関係に疲れたと感じにくくなります。

苦手な人と一緒にいる

苦手な人と一緒にいることが多い人は、人間関係に疲れてしまいやすいです。

その理由は、苦手な人と一緒にいると落ち着かずリラックスできないので、常に緊張状態が続くからです。

「どうやって時間を持たせようか」や「何の話をしようか」など、特別なことをしなくても一緒にいるだけで疲れてしまいます。

職場や仕事で苦手な人と一緒になる場合はある程度の我慢も必要でしょう。

しかし、そんな場合でも適度に息抜きをして人間関係から解放される時間を作ることが大切です。

ただし、第一印象など表面的なイメージで苦手と思っているだけの場合もあります。

苦手と思っている人がいる場合は、まずは思い切って話しかけてみてもいいかもしれません。

そうすれば、意外に相手のことがわかって、ストレスを感じにくくなることもあります。

どんなときでも使える!人間関係に疲れたときの対処法

どんなときでも使える!人間関係に疲れたときの対処法

人間関係で疲れ知らずの人を見ると羨ましく感じるのではないでしょうか。

しかし、疲れた素振りを見せないだけで、実は疲れた時に上手に対処して乗り切っているのです。

ここではどんな時でも使える人間関係に疲れた時の対処法を紹介します。

人間関係の悩みを友人に相談する

最も簡単でおすすめなのが、人間関係の悩みを友達などに相談することです。

実は「相談すること」には以下のような2つの効果があります。

1.客観的に物事を捉えられるようになる

2.言葉に出すことで気持ちがスッキリする

人間関係のことで悩んでいる時、頭の中はさまざまな情報や感情でこんがらがっています。

この整理されていない状態が悩みをさらに深めていくのです。

しかし、言葉に出して相手に伝えようとするとわかりやすくしようとするので、自然に情報が順序立てられて整理されます。

すると、どうして悩んでいるのかや偏った知識などに気づき、悩みに対しての理解が深められます。

その結果、自ずと問題を客観的に捉えられるようになるので、冷静に対処しやすくなるのです。

また、思い悩んでいる人は「どうせ解決できない」と、自分一人でため込んでいるケースが多々あります。

クヨクヨ考えていると悩みは増幅していくので、人間関係を解決できず余計疲れたと感じてしまいます。

しかし、言葉に出すことで抑えられていた気持ちが除かれてスッキリとさせられるのです。

この現象は「カタルシス効果」といわれていて、カウンセリングで期待できる効果の1つです。

何も深く考える必要はありません。

人間関係に疲れた時は、近くの人に相談してみるようにしましょう。

ストレスの解消方法を持つ

人間関係で疲れを感じた時に有効なのは、ストレスを解消できることをすることです。

そのため、何もないという人は夢中になって楽しめるものを探してください。

人間関係に悩んでいる時はそのことが頭から離れないので、ドンドン追い詰められていきます。

するとうつ状態になって楽しいことが何もできなくなってしまいます。

そうならないために、嫌なことがあったら楽しいと思えることをやって、ストレスをコントロールするのです。

悩む時間を減らすことで、人間関係に疲れたと感じにくくなります。

自分が気楽に過ごせる環境を持つ

人間関係に疲れた時はリラックスできるような環境を持つ、あるいは作ることが大切です。

つらい時や悩んでいる時は正常な判断ができないので、何をやってもうまくいきにくいものです。

そんな時に頑張っても空回りして、悪循環に陥ってしまいます。

そのため、人間関係に疲れたと感じている時などは、気持ちが落ち着くような環境へ行くことが有効です。

例えば、自分が好きな場所やパワースポット、アロママッサージなどです。

人によって気楽に過ごせる場所は違いますので、自分に合った場所を探してみてください。

関係がうまくいっていない相手と話し合ってみる

人間関係を良好な人ほどやっているのが、関係が嚙み合っていない相手と話し合ってみることです。

「人は見た目が9割」といわれるほど、第一印象によって相手を判断してしまっています。

そのため、初めのイメージだけで関係がうまくいっていないと感じていることも少なくないのです。

人間関係で悩みが少ない人はそれを知っているので、積極的に話をする機会を作っていることが多いです。

すると服装や顔などの外見だけではわからない相手の価値観や人間性などが見えてきます。

また、自分と合う趣味や話題などもわかるので、一緒にいることが疲れなくなってきます。

怖い顔の人などは躊躇するかもしれませんが、うまくいっていないと感じている人に思い切って話しかけてみてください。

そうすれば、人間関係に疲れたりしにくくなるでしょう。

「仕事」で人間関係に疲れたときの対処法

「仕事」で人間関係に疲れたときの対処法

仕事で人間関係に疲れた時は、すでに説明した方法と合わせて他の対処法もあります。

ここでは「仕事」に限定して人間関係に疲れた時の対処法を紹介していきます。

なるべく関わらないようにする

仕事上で人間関係を疲れさせる人がいる場合は、できるだけ関わらないことが一番です。

例えば、以下のような方法があります。

1.物理的に距離を取る

2.対応を誰かに頼む

3.関わる場合の反応を考えておく

席が隣だと難しいですが、出退勤や昼休みに会ってしまう場合は、タイミングをずらす事で物理的な距離を取れます。

出退勤や昼休みの行動はある程度決まっているので有効な対策です。

また、書類を持って行く場合も自分が直接持っていくのではなく、他の人に頼むのがおすすめです。

職場に仲の良い人がいれば、相談して頼んでみてください。

そして、どうしても関わらないといけない場合でも、対応の方法を決めておけばストレスを軽減できます。

少し準備が必要なものもあるので、人間関係に疲れた時のために準備しておきましょう。

転職してしまう

人間関係に疲れた時は転職してしまうのも方法の1つです。

大きな会社であれば上司や人事部の人と相談して、異動させてもらえます。

しかし、小さい会社や役員と合わないなどどうしても避けられないような場合は、転職するのが有効です。

仕事は生活をする上で必要ですが、何よりも自分の心の方が大切です。

人間関係の悩みを解消できないような時は、一度転職して環境をリセットすることも考えてください。

状況を白紙にすることで環境が好転していくきっかけを作りやすくなります。

「日常生活」で人間関係に疲れたときの対処法

「日常生活」で人間関係に疲れたときの対処法

人間関係に疲れたと感じる場面は仕事だけでなく、「日常生活」にもあります。

仕事よりも普段の生活に近いので、日常生活の方が対応が難しいと感じている人も多いでしょう。

ここでは日常生活の人間関係の疲れに有効な方法を紹介していきます。

思い切って関係をやめてしまう

「転職する」と同じような意味合いがありますが、思い切って関係を断ってしまうのは有効です。

何をしてもお互いを理解し合えず苦手意識が残るような人は、一緒にいてもいいことはあまりありません。

関係を維持するツールを削除してしまいましょう。

例えば、いつもの出会いの場に行かないようにしたり、電話番号や住所、SNSなどのアカウントを変えてしまったりです。

趣味などいつも会っていた場所に行かないようにするだけで関係を断てるのであれば、すぐに実行してみてください。

ただし、電話番号や住所などを変更しようとすると、かなり面倒で負担がかかります。

どうしても関係をやめたい相手がいる場合に限るようにしましょう。

今はネットを通じて簡単に人間関係を構築できるので、今の人間関係に疲れた人は思い切って関係をリセットするのも選択肢としてアリです。

自分の時間を大切にする

人間関係に疲れた時に有効なのが、プライベートの時間をしっかりと作ることです。

いくら気の合う友達であったとしても、ずっと一緒にいると一人になりたいと思うこともあります。

そんな時に自分の時間を作らないと、嫌になって人間関係に疲れてしまいます。

それが一時的な感情であったとしても、ストレスを蓄積させることはお互いによくありません。

人間関係を壊れてしまう前に自分の時間を作るようにしましょう。

もし仕事や家事が忙しくて時間がないという人は、1日のスケジュール表を作ってみるのがおすすめです。

無駄にしてしまっている時間や気づいていなかった空き時間などが見えてきます。

そのような時間を自分時間にすることで疲れた自分を癒せます。

人間関係に疲れた時は自分を労わる時間を作るようにしましょう。

良い人を演じるのをやめる

人間関係に疲れた時はありのままの自分に戻ることが何よりも大切です。

特に周りの目を気にしている人や利他的で優しい人は良い人を演じてしまっていないか、自分を見つめなおしてみてください。

人間関係を良好にするためには嫌われないようにすることは重要です。

しかし、過度に意識して背伸びをしていると心と体が疲れてしまいます。

「本当は何がしたいのか」「相手にどうしてほしいのか」自分に問いかけてみましょう。

もし無理して周りに合わせすぎていると感じたなら、一度それらをストップします。

急に変わると「どうしたの?」と思われるかもしれませんが、それで大丈夫です。

そうしてありのままの自分に戻ることができれば、人間関係に疲れた感覚が和らいでいきます。

どうしても人間関係がうまくいかないときは?

どうしても人間関係がうまくいかないときは?

人はそれぞれ考え方や価値観が違うので、関係がこじれることはよくあります。

しかし、そのままにしていては自分を追い詰めてしまってよくありません。

そこで、ここではどうしても人間関係がうまくいかない時の対処法を紹介します。

人間関係を見直してみる

ここまでにいろいろな対処法を紹介してきましたが、何をしてもうまくいかない時は人間関係を見直してみてください。

例えば、中学や高校など子供の時からずっと友達という関係もあるでしょう。

しかし、人間関係が古く長いからといって、ずっとベストの関係とは限りません。

環境や立場などが変わればお互いの関係も変わることは考えられます。

もし変わった環境に昔の人間関係が合っていないのであれば、スパッと解消してしまうことも必要です。

リセットしてしまわなくても、少しの間距離を取るだけでも効果があります。

客観的に人間関係を見つめ直すことで、心地がいい距離感が見つかるかもしれません。

いずれにしても、どうしてもうまくいかない時は今の人間関係を見直してみてください。

退職や転職を検討する

いろいろ試してみたものの人間関係がうまくいかず職場にいにくい場合は、退職や転職を考えるのも必要です。

会社などでは組織の空気や雰囲気にどうしても合わないということがあります。

その場合、頑張って周りに合わそうとしても浮いた存在になってしまい、疲れてしまいます。

退職や転職するとなると、いろいろな負担がかかってくるので、周りと相談したりしてよく考えなければなりません。

もし考えた結果「もう少し頑張れる」「試せることがまだある」と感じた時は、ここで紹介した対策を試してみてください。

しかし、それでも職場を離れる方が自分のためになると感じた時は、思い切ってやめてしまいましょう。

心機一転!新しい環境に引っ越す

生活圏を変えられるのであれば、新しい場所に引っ越してしまうのも有効です。

新しい環境に移れば気持ちを切り替えられるので、人間関係も違った向き合い方ができる可能性があります。

また、今までとは違った出会いもあるので、新しい人間関係を築くチャンスもあります。

仮に苦手な人に引っ越し先を教えなければ、人間関係をリセットすることも可能です。

引っ越しするとなると自分にさまざまな負担がかかりますが、見返りもたくさんあります。

どうしてもうまくいかない時は選択肢の1つにしてみてください。

まとめ

人間関係に悩んで疲れてしまうことは誰にでもあります。

しかし、心身共に健康に過ごすためには、上手に対処していかなければなりません。

この記事では人間関係に疲れる原因やその場合の対処法を詳しく解説してきました。

今すぐ実践できるものもありますので、参考にしてください。

-人間関係

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.