CBD

CBDの危険性とは?2つの副作用と安全性について徹底解説!

更新日:

CBDの危険性とは?2つの副作用と安全性について徹底解説!

皆さんは、CBDの副作用を知らずに利用していませんか?

CBDは大麻由来の成分であることから危険性や安全性について疑問を持っている方は多いでしょう。しかし、実際にどのような副作用や危険性があるのかご存じでしょうか?

実は、CBDには重大な副作用はありません。しかし、CBDを利用する方によっては、一部の副作用により危険性が高くなる可能性があるため、注意が必要です。

そこでこの記事では、CBDの副作用や、CBDの危険性とその対処方法、またデメリットまで徹底的に解説していきます。

この記事を読んで、CBDの危険性について正しい知識を身につけましょう。

そもそもCBDは大麻とは違うの?

そもそもCBDは大麻とは違うの?

CBDと大麻は同じものだと思っている方は多いのではないでしょうか?

まずは、CBDと大麻の違いについて簡単にご紹介します。

CBDと大麻の違いとは?

皆さんも御存知の通り、日本では「大麻」は人体への危険性が高いとして、違法とされています。そのため、「大麻」を所持・流通・販売をしてしまうと、大麻取締法により罰則を受けることになります。

実は、「CBD」はそんな大麻から作られています。しかし、大麻と違い、危険性が低く安全性が高いため、日本では合法となっています。なぜ、大麻から作られたCBDは安全性が高いのでしょうか?

CBDと大麻の最も大きな違いは、含まれている有効成分にあります。

大麻には2つの主要な有効成分が入っており、それが「THC」と「CBD」です。この大麻の有効成分の「CBD」こそが皆さんが利用しているCBDなのです。つまり、「CBD」とは大麻の成分のうちのひとつなのです

このCBDには、精神活性作用はなく、リラックスを促す作用が主となっています。そのため、CBDを利用することにより、うつや不安の軽減、不眠症の改善、リラックス効果を得ることができます

大麻は危険性が高いとされていますが、その有害作用はもう一つの有効成分「THC」によりもたらされています「THC」は精神活性作用を持っており、副作用として強い依存性や、脳への悪影響、記憶障害をもっています

大麻が違法として取り締まられている理由は、有害成分である「THC」を含んでいるからであり、「THC」を含んでいないCBD製品は取り締まりを受けていないのです

より詳しくCBDと大麻の違いについて知りたい方は、こちらの「CBDと大麻の違いとは?」を御覧ください。

CBDは違法ではない

ここまでで述べたように、CBDは違法ではありません

実際に、厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部の、CBDについてのガイドラインに以下の記載があります。

2.CBD 製品について

・大麻草の成熟した茎又は種子以外の部位(葉、花穂、枝、根等)から抽出・製造された CBD 製品は、「大麻」に該当します。

・なお、大麻草から抽出・製造されたかを問わず、大麻草由来の成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)を含有する CBD 製品は、「大麻」に該当しないことが確認できないので、原則として輸入できません。また、化学合成された THC は麻薬及び向精神薬取締法で「麻薬」として規制されていますので、原則として輸入できません。

※「大麻」の輸入は、大麻研究者が厚生労働大臣の許可を受けた場合にのみ可能です。また「麻薬」の輸入は、麻薬輸入業者が厚生労働大臣の許可を受けて輸入する場合等のみ可能です。

・「大麻」に該当する CBD 製品を輸出入、所持、譲渡、譲受した場合は罰せられる可能性があります。

・化学的に合成された CBD は規制対象とされていませんが、輸入に当たっては「大麻」でないことの確認を求められる場合があります。

「出典:CBDオイル等のCBD製品の輸入を検討されている方へ

要するに、大麻の成分である「THC」を含まない、CBD製品の輸出入・所持・流通は、日本では違法にならないのです。

逆に、「THC」を含むCBD製品を輸出入・所持・流通すると違法とみなされるため、注意が必要です。

CBDを取り締まる法規制や、違法なのか?を詳しく知りたい方は、こちらの「CBDを取り巻く法規制」を御覧ください。

CBDの7つの効果

CBDを使用することにより、有用性が認められている効果は以下の7つです。

  1. 痛みを和らげる(多発性硬化症、関節リウマチ)
  2. 不安やうつ病の軽減(心的外傷後のストレス、不安神経症)
  3. がんとがん関連の症状の軽減
  4. にきびを減らす可能性(抗炎症作用)
  5. 神経障害治療の可能性(てんかん、脳卒中、認知症)
  6. 心臓の健康に役立つ(高血圧抑制)
  7. 熟睡・リラックス効果(不眠症)

その他にも、いくつもの研究によりCBDが「抗精神病効果・薬物乱用治療・抗腫瘍効果・糖尿病の予防」に役立つ可能性があるとして研究が進められています。

しかし、注意点として、どれも科学的に完全に証明されているわけではなく、あくまでもこれらの要因を改善する可能性が高いということを頭に入れておく必要があります。

CBDの効果をより詳しく知りたい方は、こちらの「CBDの効果とは?」を御覧ください。

 CBDの2つの副作用とは?

 CBDの2つの副作用とは?

CBDは、基本的に危険性はないとされています。

しかし、使用方法や摂取量を間違えると副作用が起きる危険性があります。具体的には、どの薬にも副作用が起きる危険性があるのと同じで、CBDにもその可能性があるということです。

CBDを使用して副作用を起こさないために、事前に副作用について学んでおきましょう。

CBDには2つの副作用がある

CBDは一般的には、忍容性(副作用が発生した場合にどの程度耐えられるのか)が高く安全だとされていますが、一部の人には有害反応を示す危険性があります。

CBDの安全性と副作用に関する研究」によって指摘された危険性は、「心身への微小な影響」と「薬物相互作用」の2つです。

心身への微小な影響とは、下痢、眠気、倦怠感、食欲と体重の変化のことをいいます。もし、このような症状を少しでも感じた場合には、CBDの量を調整するなど注意が必要と思われます。

もう一つの薬物相互作用とは、薬や栄養補助食品との飲み合わせによる副作用のことをいいます。研究では、シトクロムP450という酵素の働きを阻害することが示されています。そのため、下記のような薬を飲んでいる方は特にご注意ください。

  • ステロイド
  • 抗てんかん剤
  • 抗生物質
  • 抗うつ剤
  • 免疫抑制剤
  • 抗不整脈薬
  • 抗ヒスタミン薬

これらの薬を服薬している場合は、安全を確保するために医師にご相談ください。

CBDの副作用から身を守るための対処方法とは?

副作用が起こる原因は、世界保健機関(WHO)のレポートにも記載がある通り、使用用法・用途を守らずに過剰摂取した場合に起こるとされています

また、CBDは日本ではまだまだ普及していないことから、ほとんどが海外から輸入された商品になります。

そのため、「製造元・製造国・その会社が存在していて安全であるか」「有害成分が含まれていないか」「適切な摂取量・服用方法」を確認して、CBDの危険性から自分の身を守る必要があります。

CBDを利用する際の3つのデメリット

CBDを利用する際の3つのデメリット

CBDは、さまざまな効果がある一方、デメリットもあります。

デメリットをしっかりと理解した上でCBDを使用するか検討しましょう

CBDの効果が現れない可能性がある

CBDの効果には個人差があり、効果が現れやすい方と現れにくい方がいます

つまり、同じ製品を使用していても人によっては効果を最大限感じることができきる人もいますが、全く感じない人もいるということです。

またCBD製品は、リキッド、VAPE、オイルなど種類も豊富でそれぞれ使用感・効果が異なるため、自分に合った製品を選ぶのが難しいといえます。

そのため、効果が現れない可能性を踏まえながら、自身で摂取量・製品・使用方法を調整する必要があります。

CBDを利用中にもかかわらず、効果を感じられないという方は、こちらの「CBDの効果が感じられない原因と対処法」を御覧ください。

適正なCBD製品の見極めが難しい

CBD製品にはたくさんの種類があるため、それが良品か粗悪品かどうかを判断するのが非常に難しいといえます。

さらに商品に含まれる、CBD含有量、CBD以外の成分、生産地などが違うため、どの商品も質が異なります。

また、CBDは海外から輸入されたものがほとんどのため、表記が外国語で確実な情報を手にするのが非常に困難です。

そのため、自身で製品についての危険性などを調べて、判断する必要があります。

日本では医療用途でのCBDの利用は認められていない

CBDの効能が魅力的で自身の体調が改善されたとしても、CBDは日本では医療用として認められていません

また、保険が適用外であることから、コスト面・成分の量など制限された範囲での利用になります

現在日本国外では、大麻が合法になったりと医療用として認められつつあります。

しかし、日本で大麻が合法になったり、CBD製品に大麻の成分を含めても良いといったことが行われるのは当分先の話になることを考慮しておきましょう。

CBDを安全に利用するための3つの注意点

CBDを安全に利用するための3つの注意点

CBDから身の危険を守る方法は3つあります。

この3つの約束を守ればCBDを安全に使用し、効果を最大限発揮することができます。

CBDは信用できるメーカーから購入しましょう

日本ではまだCBD製品が、普及しておりません。

そのため、日本に出回っている製品は、ほとんどが海外製品になります。

CBDの安全性については、世界保健機関(WHO)も認めていますが、日本国内での法整備はまだまだ完全には整っていません。

そのため、製品の製造元・成分・その会社の信頼性などを考慮して、信頼できるメーカーから購入するようにしましょう。

個人輸入でCBDを購入しない

CBDは、基本的に海外輸入であると説明しましたが、個人で輸入するのは危険なのでやめましょう

直接購入した方が金額が安くすむというメリットはありますが、THCが含まれている製品を輸入してしまった場合、大麻取締法に適用され処罰を受ける危険性があります。

海外から日本に輸入されている商品は、輸入時にかかるコストを含んでいるため、割高ですがその分検査もしっかりされているため、安心であるともいえます。

CBDを過剰摂取しない

CBDは、基本的に副作用はなく安全であるとWHOでも報告されています

一方で、過剰摂取など使用用途・用量を守らないと副作用を引き起こし、とても危険であるとも報告されています。

そのため、使用用途・用量をしっかり守ると同時に、自身の健康状態を確認した上で、少ない量から少しづつ始めてみましょう。

ここまでで、CBDを利用するには、より安全な場所で効果が実証されている製品を選ぶことが大事ということがわかったのではないでしょうか?

具体的におすすめのCBD製品を知りたいという方は、こちらの「本当に効果があるCBD5選!」を御覧ください。

まとめ

CBDについての危険性・副作用やデメリットを解説しました。

まとめると、CBDにはさまざまな効果があり、安全に使用することができます。

一方で、使用用途・用量などを守らないと副作用が起き、危険であるため、製品について自身であらかじめ確認しておく必要があります

CBDの危険から身を守るためには、この記事を読んでCBDについての危険性をあらかじめ知っておきましょう。

-CBD
-,

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.