CBD

CBDの効果が感じられない?8つの原因と6つの対処法を徹底解説!

更新日:

CBDの効果が感じられない?8つの原因と6つの対処法を徹底解説!

CBDやCBDオイルを摂取して効果を感じられていますか?CBDにはリラックス効果や「キマる」効果がありますが、実際に実感したことがないという方は多いでしょう。

CBDの効果を実感するには量だけでなく、摂取方法やCBDの種類が問題の可能性もあります。また、CBDの感じ方にも個人差があるため、一概にこうすればCBDの効果を感じるとはいえませんが、効果を感じやすくするためのコツはあります。

そこで本記事では、CBDの効果を感じられない原因は何なのか、効果を実感するための方法などを詳しく解説します。

CBDでキマリたいのに、効果を実感できないという方はぜひご覧ください。

CBDを摂取しても効果がない8つの原因

CBDを摂取しても効果がない8つの原因

CBDは継続して使用するものになるので、即効性が必ずしもあるわけではありません。

また、個人差もあり、同じCBD製品を使用しても効果を感じる人とそうでない人がいます。

ですが、継続してもCBDの効果を感じられないのであれば何らかの原因が考えられるので、ここでは8つ原因として考えられるものを述べていきます。

CBDの使い方に問題がある4つのパターン

効果が出にくい摂取方法をしている

CBDの効果を感じられないのであれば、効果が出にくい摂取方法をしている可能性があります。CBDは摂取することで、体内でCBD成分を取り込み、効果が現れます。しかし、摂取方法によっては、体内に取り込む中で、CBD成分が薄くなっていき、十分に吸収できておらず、効果が現れていないといったケースがあるのです。

そのため、CBDの効果を実感したい場合には、より直接体内にCBD成分を取り込む方法がよいです。CBD成分をどのくらい体内に取り込んでいるのかは「吸収率」という単位を使い、吸収率が大きいほど体内に多くの量を取り込んでいるといえます。CBDの摂取方法には大きく分けて下記の3種類があります

摂取方法CBDの吸収率CBD製品例
1吸入摂取34〜56%CBDリキッド、VAPE
2舌下摂取13〜15%CBDオイル、CBDリキッド
3経口摂取6〜20%CBDグミ、CBDチョコ

こちらの表を見ると、吸収率の平均値は「吸入摂取」が一番大きく、「経口摂取」が一番小さいと考えられます。「吸入摂取」とはVAPE(CBD電子タバコ)などを利用し、直接CBD成分を肺に入れるため、吸収率が高くなっています。「舌下摂取」とは、CBDオイルやCBDリキッドを、舌の下に垂らす方法です。粘膜を通し、血液内にCBDが吸収されるため、比較的吸収率は高くなっています。「経口摂取」とは、CBDグミなどの食べ物系のCBD製品を食べる方法で、消化器や肝臓を通ってから吸収されるため吸収率は低くなっています。

そのため、よりCBDの効果を得たい場合は、CBDグミやCBDチョコを利用するよりも、CBDリキッドやVAPE(電子タバコ)を利用したほうが良いと考えられます。

摂取するCBDの量が少ない

摂取する量が少ないことによりで効果が出ないということも考えられます。この場合は、自分にとって適切な量を地道に見つけるしかないでしょう。

たとえば、高濃度のCBD製品を使用したとしても、摂取する量が少なければ効果が出ない可能性があります。

こちらは個人差があるため、人によっては少量でも効果が出る人もいれば、一定の量を摂取しないと効果が出ない人もいます。

なので、始めは目安の量(10〜15mg程)から試していき、効果が出るまで少しずつ増やすといった工夫が必要になります

CBDを利用するタイミングが間違っている

CBDには効果が出にくいといわれるタイミングがあります

特に、食前や空腹時は、CBDの吸収率が4分の1になってしまい、効果が出にくいとされています。

ミソネタ大学で行われた研究によると、CBDを脂質が多く含まれる食事と一緒に摂取すると、空腹時に摂取した場合と比較して、CBDの吸収率が4倍になったとされています。

つまり、CBDの効果をより高めたい場合には、空腹時の摂取は避けるべきでしょう。

服用期間が短く効果がまだ現れていない

CBDは長期間摂取すると、効果を感じやすいと言われています。

個人差はありますが、摂取した初日からCBDの効果が現れたという人もいれば、1〜2ヶ月摂取してやっと効果が実感できたという人もいます。

多くの場合は、数日〜数週間で効果を実感できますが、それでも効果が実感できないという方は効果が出るまで、粘り強く服用を続けてみましょう。

利用しているCBD製品に問題がある2つのパターン

CBD製品のCBD濃度が低い(そもそも入っていない)

製品自体の問題で、そもそもCBDが入っていなかったということも考えられます。

CBD製品は年々増加傾向であり、中には日本製と謳いながら実はCBD成分が全然含まれていない粗悪品もあります

また、CBD成分が含まれていたとしても著しく低濃度や、全然別の成分が含まれているケースもあります

そのほか、CBDの品質が低いことも考えられるでしょう。当然、このような製品を選べば効果が出るわけがありません。

そのため、CBD製品を購入する場合は「信頼できるメーカー」から「信頼できる場所」で、CBD含有量がどのぐらいなのか確認してから購入しましょう

利用中のCBDがオレンジ由来である

CBDは大麻から作られていると考えている方が多いと思われますが、実はオレンジ由来のものもあります。

オレンジ由来のCBDと大麻由来のCBDで、成分や安全性に変わりはありません。しかし、大麻由来のCBDのほうがより効果を実感しやすいと言われています

これを裏付ける研究やデータはないため、本当かどうかは確かめることはできません。現在、その理由として唱えられているのが、大麻から作られたCBDは、CBDと相性が良い成分を含んでいるためと言われています。

実際のところは確認のしようがありませんが、少しでも効果を高めたいという方は、大麻由来のCBDを利用するとよいでしょう。なお、安全性はオレンジ由来のものと変わりませんので、ご安心ください。

自分の体質に問題がある2つのパターン

CBDの効果を実感しにくい体質である

CBDの効果の感じ方は個人差が激しいとお伝えしましたが、体質上ほとんど効果を感じないという場合もあります。

具体的には、内因性カンナビノイドを自身の体で自然に作られている場合です。

研究によると、アメリカ人の20%の人が内因性カンナビノイドを身体の中で生産している報告が挙がっており、日本人にもこのような体質の人がいることが考えられます。

そのため、生まれつきこのような体質ですと、CBDを摂取したとしても元々身体の中にある内因性カンナビノイドが同じような作用をしているため、ほとんど効果を感じられないという傾向になります。

すでに健康でCBD利用前後で変わらない

CBDは元々疾患持ちの人や病気の人、心身のどこかに不調を感じている人であれば大きな効果をもたらすものです。

ですが、既に健康的な人の場合は実感することが難しいこともあります。もちろん、健康的な人でもCBD製品を使用することは問題ありません。

ただ、健康的な人は体内にあるエンドカンナビノイドシステムや内因性カンナビノイドが正常であるため、CBDが作用したとしても大きな変わりがないことが考えられます。

なので、健康的な人が使用する場合は継続して一旦様子を見るか、リラックス効果に期待をしてCBD製品を使われると良いでしょう

【速攻効く】CBDの効果を実感する6つの対処法

【速攻効く】CBDの効果を実感する6つの対処法

CBDの効果を感じられない原因がわかったところで、効果を実感するにはどうしたら良いのでしょうか。

CBD製品を使用されている方は悩んでしまうところですよね。これをすれば必ずCBDの効果を感じるという方法はありませんが、CBDの効果を少しでも感じてもらうために、6つの方法を紹介します

なので、自身が何らかの原因でCBDを感じられないのであれば、これから述べる方法を試してみましょう。

①CBDの摂取する量を増やしてみる

今の摂取量でCBDの効果を感じられないのであれば、その量はあなたにとって適切でない可能性があります。どのぐらいの摂取量で効果を感じるのかは個人差によるものなので、具体的にどのぐらい摂取すれば効果を感じるかは試していくしかありません。

そのため、今使われているCBD製品の摂取量を徐々に上げて行き、どのぐらいで効果を感じることができたのか記録すると良いでしょう。

徐々に摂取量を上げて一定のところで、CBDの効果を感じられるようになれば、それがあなたにとっての適切なCBDの量になります。

CBDの適切な量とは?

CBDには製品ごとに適切な量があります。主に商品のパッケージに書かれていることが多いです。

たとえば、CBDグミであれば朝に1粒、夜に1粒食べるのが一般的です。CBDオイルであれば、1日1回、舌に1滴2滴垂らして摂取するなどが一般的でしょう。

基本的には適切な量を守ってればCBDの効果を感じられるのですが、適切な量を摂取してもCBDを感じられないのであれば、徐々に量に増やしていく必要も出てくるでしょう。

しかし、過剰に摂取してしまうと副作用を起こしてしまう場合があるので注意が必要です

なので、最初はきちんと適切な量を守り、少しずつ摂取量を増やし、効果を感じられる量を探してみましょう。

②CBDの摂取方法を変えてみる

CBDの摂取方法を変えるのも一つの方法です。摂取方法は主に下記の3種類があります。

  • 経口摂取(グミやチョコタイプで、口から食べることで摂取する)
  • 舌下摂取(舌の下に液を垂らし、体内に取り込むことで摂取する)
  • 吸入摂取(電子タバコタイプで、体内に直接取り込むことで摂取する)

そのCBD製品に合った摂取方法をするのが基本ですが、人によっては違う摂取方法で吸収率が良くなる場合もあります。

ですが、こちらも個人差が激しいところになるので、一概にこの摂取方法でCBDの効果が感じられるとは言えません。

なので、あくまでも一つの方法として覚えて頂き、たとえば、CBDオイルを使われているのであれば、基本は舌下摂取になりますが、自分の体に塗ってみたりすると良いでしょう。

そのほか、CBDクリームをお使いであれば肌に塗って、皮膚から摂取するのが基本ですが、吸収率が低いため、より効果を高めるのであれば、食べてみて経口摂取するのも良いでしょう。

③効果が出やすいタイミングでCBDを利用する

CBDは効果が出やすいタイミングがあります。具体的には、下記の2つのタイミングでCBDを摂取すると、より高い効果を期待できるとされています。

  • 食後など、空腹ではないタイミング
  • 脂質が多く含まれる食事を食べるタイミング

特に脂質が多く含まれる食べ物を食べる際はおすすめです。このタイミングに効果が出やすい理由としては、CBDと脂質の相性がよく、体内に吸収しやすいためと考えられています。

空腹時にCBDを利用されていた方は、食後に利用してみると、より効果を実感できるかもしれません。

④長期間服用してみる

CBDは継続してその効果を感じられる場合もあります。もちろん、製品や種類によっては即効性のあるものもありますが、人によって効果の感じ方は様々です。

CBDの効果を感じられていない場合は、体がまだCBDに慣れていない可能性も考えられます。そのため、一定期間の継続は必要でしょう。

まずは、目安として2周間〜1ヶ月ほど試してみて、どのぐらいの効果を感じられたのか見てみると良いでしょう

それでもCBDの効果を感じられなかったら、別の原因を探る必要があると思うので、摂取量を変えてみたり、CBD製品の種類を変えてみたり、様々な対処法を試す必要が出てくるはずです。

なので、CBD製品を使用するのであれば、即効性を求めず気長に使う心構えも必要になります。

⑤CBD製品の種類を変えてみる

CBD製品には下記のようにたくさんの種類があります。有名なものは、CBDオイルやVAPE、また食べ物系のCBDグミやCBDチョコでしょう。

  • CBDオイル
  • CBDリキッド
  • CBD電子タバコ(VAPE)
  • CBDクリーム
  • CBDワックス
  • CBDグミ
  • CBDチョコ
  • など

それぞれ製品の種類によってCBDの吸収率が変わってくるので注意しましょう。今使われている製品がどのぐらいのCBD含有量なのかも確認する必要もあります。

そのほか、CBDの効果を感じられない原因の部分で述べましたが、食べ物系のCBD製品は消化器系を通して吸収されるため、CBDの吸収率が低いということも考慮しなければなりません。

そうなれば、吸収率の高いCBD電子タバコやCBDリキッドなどを試す必要が出てくると思いますし、使われている製品の種類を変える必要があるでしょう。

⑥濃度が高いCBD製品を利用する

同じCBDオイルの製品でも、CBDの濃度が異なることで、十分な摂取量を取れていない可能性もあります。

特に、CBDを少量しか利用していないという方は、その製品のCBD濃度が低ければ十分なCBD成分を体内に取り込めていないかもしれません

一般的なCBD製品のCBD濃度は3〜5%ほどですが、モノによっては15%のものもあります。

CBDの効果を高めるコツとしては、CBD濃度ではなく、CBDの摂取量を測るというものがあります。例えば、CBD製品を100mg摂取するにしても、CBD濃度が5%の場合のCBD摂取量は5mg、CBD濃度が15%の場合ではCBD摂取量は15mgとなります。

CBD摂取量で測ることにより、CBD製品の種類が変わっても、どのくらいの量が適切なのかわかりやすくなるという利点があります

その他にも、CBDの効果を高める方法として、音楽や瞑想と組み合わせる方法があります。音楽や瞑想そのものに高いリラックス効果があるため、CBDと組み合わせることでより高いリラックス効果を目指し、「キマる」感覚を実感するという方法です。こちらを詳しく知りたい方は、「音楽や瞑想でCBDの効果を高める方法」を御覧ください。

本当に効果のあるCBD製品の選び方とは?

本当に効果のあるCBD製品の選び方とは?

自分に合ったCBD製品を見つけるには普段どのような生活を送っていて、どのようなCBD製品を使いたいのか考えてみましょう。

その上でCBD製品を購入して使ってみることが大切です。使用しながら向き不向きを感じれば、後にどのようなCBD製品が自分に合うのかわかるでしょう。

「そうは言ってもやっぱりどれが自分に合うのかわからない」という人もいますよね。そこで、CBD製品の種類と摂取方法、適切な量をここでお伝えしていきので参考にしてみてください。

また、製品自体にも様々な特徴があるので実際に使用してみて向き不向きを調べる必要も出てくるでしょう。

本当に効果のあるCBD製品の選び方

CBDの種類で選ぶ

ここまでで述べてきましたが、CBDは吸入摂取や舌下摂取のほうが、直接体内に取り込めるため、より効果は高まりやすいとされています

そのため、特にこだわりがなければ、VAPEやCBDオイルを選ぶのがよいでしょう。

CBD濃度で選ぶ

少しの量で効果を得たいのであれば、高濃度のCBD製品がおすすめです。

CBD濃度が高ければ高いほど、同じ量のCBD製品でも含まれているCBD成分は多くなります。そのため、体内に取り込むCBDの量が多くなり、より効果が高まるということになります。

CBD濃度は3〜5%が一般的ですが、より高い効果を望むのであれば15%のものやそれ以上のものを選ぶと良いでしょう

注意点としては、少しの量で多量のCBDを取り込むことができるため、大量に摂取してしまうと副作用などのリスクが大きくなります。量を増やす場合には特に気をつけましょう。

【注意!】信頼できるメーカーから、信頼できる場所で購入する

個人輸入で購入した場合や、聞いたこともないCBD製品を購入すると、粗悪品のリスクが高くなります

もし、粗悪品だった場合、CBD濃度が著しく低かったり、そもそも入っていないという可能性もあります。また、他の成分が混ぜられており、体に害があるといったケースもあります。

最悪の場合、違法成分である「THC」が含まれており、懲罰を受けてしまうといった可能性もゼロではありません。

なので、購入する場合は必ず、信頼できるメーカーから信頼できる場所で購入しましょう。

CBDの規制や違法性については、こちらの「日本でのCBDの法規制」を御覧ください。

間違いない!おすすめCBD製品2選!

最後に、これを購入すればまず間違いがないという製品を2つご紹介します。

これからCBDを検討するという方は参考にしてみてください。

①+weed(プラスウィード)「PREMIUM E-LIQUID」

おすすめCBD製品①+weed(プラスウィード)「PREMIUM E-LIQUID」
出典:楽天市場

価格:16,390円(税込)

まずおすすめなのが、+weedのCBDリキッドです。

こちらは国産で安全性も高く、10%と高濃度で高い効果が期待できます。

VAPE用のCBDリキッドであるため、使い方は吸引摂取であり、高い吸収率となっています。

フレーバーの種類も2種類あるため、CBD初心者でもおすすめの製品になっています。

内容量10ml
CBD濃度10%
原産国日本
おすすめ度★★★★★

対応が良い

丁寧な梱包をして頂きました。ありがとうございました。

出典:楽天

②GREEN BULLDOG 「CBDフルスペクトラム30%」

価格:3,850円(税込)

こちらも+weedと同じく、国産のVAPE用CBDリキッドになります。

おすすめポイントとしては、特に効果が高いと言われる「フルスペクトラム仕様」で、さらにCBD濃度も30%という非常に高品質な点が挙げられます。

しかも、この品質で、価格は3,000円台とコスパ最強のCBDといえます。

フレーバーの種類も3種類あり、CBD経験者でもおすすめな製品になります。

CBD濃度30%
原産国日本
おすすめ度★★★★★

GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)使い捨てポッドを初めて使った感想は、体感性が半端ないってこと。
いろんなCBDリキッドを使ってきましたが、体感性は最高クラスです。

使用した感想は、使って15分くらいでかなりリラックスします。そして、頭がボーッとしてきたあとは、知らぬ間に寝ていました。
すぐに実感できた効果は、朝もスッキリ起きられることが多くなりました。

高品質のフルスペクトラムCBD30%なので、本当に体感性が半端ないですね。

出典:CBD電子タバコの達人

ここでは、効果が期待できるCBD製品を2つ上げましたが、他にも効果が期待できるおすすめ製品はあります。詳しく知りたい方は、こちらの「キマる最強CBD5選!」を御覧ください。

まとめ

せっかくCBDを摂取しても効果を感じられないと残念な気持ちになってしまいますよね。

継続的に使用しているのに効果を感じられなかったら尚更残念な気持ちでしょう。ですが、CBDの効果を感じるには個人差もあり、摂取方法で吸収率も様々です。

また、製品自体に問題のある可能性もあります。色々な要因が考えられるので、まずはどこに原因があるのか、本記事を参考にて探ってみると良いでしょう。

CBDの効果を感じられたら生活の楽しみが一つ増える可能性があります。ぜひ、あなたに合うCBD製品を見つけて快適なライフスタイルを送りましょう。

-CBD
-,

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.