コーヒー

サイフォン式コーヒーとは?おすすめ製品から使い方まで解説します!

更新日:

サイフォン式コーヒーとは?おすすめ製品から使い方まで解説します!

カフェやコーヒー専門店などで、サイフォンを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

コーヒーの味わいを引き出す独特の抽出方法は、眺めているだけでワクワクします。

家でもサイフォンで淹れたコーヒーが味わえるとしたら、嬉しいですよね。

そこで今回は、サイフォン式コーヒーの使い方について詳しく解説します。

おすすめの製品淹れ方のコツも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

サイフォン式コーヒーの特徴とは?

サイフォン式コーヒーの特徴とは?

サイフォン式とは、蒸気圧によって押し上げられたお湯にコーヒー粉を浸すことで抽出する方法です。

科学実験で使いそうな見た目の器具ながら、使い方をマスターすればいつでもおいしいコーヒーが味わえます。

サイフォン式コーヒーにはどのような特徴があるのか、詳しくみていきましょう。

サイフォン式コーヒーの特徴とは?

コーヒーの作り方には、下記の2種類があります。

  • 浸漬法コーヒー粉をお湯に浸して抽出する方法
  • 透過法フィルターにコーヒー粉をセットし、上からお湯を注いで抽出する方法

今回紹介するサイフォン式コーヒーは浸漬法に分類されます。

サイフォン式はではフラスコ内の水を沸騰させることによって、上部のロートにお湯が移動します。そして、ロート内でお湯とコーヒー粉が混ざり合い、フラスコにコーヒーが抽出される仕組みです。

「浸漬法」で作られたコーヒーの味の特徴は、溶け出した成分が均一に広がるため、すっきりと飲みやすい味わいになります。

また透明な容器や熱源を使った本格的な手法は、喫茶店主のような気分を感じさせてくれるでしょう。

ドリップ式コーヒーとの違いとは?

よくあるコーヒーの淹れ方といえば、ドリップ式も挙げられるでしょう。

こちらは上記で紹介した「透過法」に分類されます。

コーヒーの成分がお湯に直接溶けることで、コクや深みを感じやすくなるという特徴があります。

さらにお湯を注ぐスピードや量によって味が変化するところも、ドリップ式ならではです。

サイフォン式コーヒーはどんな方におすすめ?

サイフォン式コーヒーは一定の時間をかけてじっくり抽出するため、苦味や雑味のないクリアな飲み口に仕上がります。

コーヒー本来の香り高さを味わいたい、という方におすすめです。

またドリップ式と比べて、湯量の加減などで味が左右されることもありません。

決まった味の好みがある方や、コーヒーを淹れ慣れていない初心者向きだといえるでしょう。

もちろん、抽出の過程までとことん楽しみたいコーヒー愛好家にもぴったりです。

サイフォン式コーヒーのおいしい作り方

サイフォン式コーヒーのおいしい作り方

「サイフォンの使い方って、何だか難しそう」

このように、サイフォン式コーヒーに対してハードルの高さを感じる方もいるのではないでしょうか?

しかし、必要な器具を揃えてしっかり準備をすれば、サイフォンを使いこなすことができます。

ここからは、サイフォン式コーヒーのおいしい作り方を学んでいきましょう。

必要な器具

サイフォン式コーヒーを作る際には、最低限必要な器具を揃えておかなければなりません。

それぞれ種類・サイズが異なっており、自分の目的やニーズに合ったものを選ぶようにしましょう。

また、製品によっては使用できない器具もあるため、事前のチェックが大切です。

サイフォン器具一式

まず、サイフォン本体の一式を用意しましょう。

コーヒー粉を入れる上ボール部分がロート、水を入れて温める下ボール部分がフラスコです。

一度に淹れられる量として、1杯用から5杯用までサイズ展開しています。

この2つのボールの間で、フィルターの役目を果たすのがろ過器です。

また、フラスコでお湯を沸かすためには、熱源が必要となります。

・アルコールランプ
・ガストーチ
・ハロゲンランプ
・電気式

4種類の熱源から、使い方に応じたタイプを選んでください。

サイフォンを固定して支えるスタンドも忘れずに。

竹べら

コーヒーの粉がお湯に浸る段階で、まんべんなく混ざるようにかき回す必要があります。

竹べらは、この撹拌と呼ばれる作業で使用します。

サイフォン式コーヒーのおいしさには、丁寧な撹拌が欠かせません。

コーヒーが均一に抽出されるよう、竹べらでしっかりフォローしましょう。

ろ過布

ろ過布は、ろ過器に取り付けることでフィルターの代わりになります。

新品の場合は表面に糊が付いているので、ぬるま湯でもみ洗いしましょう。

さらにコーヒー粉を加えた水で煮沸し、コーヒーをなじませるようにします。

使用後のろ過布の手入れにも気を付けましょう。水で洗い、洗剤は使いません。

また、乾燥やコーヒー成分の酸化を防ぐために、布を水に浸した状態で冷暗所に保管してください。

コーヒー粉

サイフォン本体と並んで必須のアイテムが、コーヒー粉です。

今や各メーカーから、バリエーション豊かな商品が販売されています。

焙煎の仕方や苦味・酸味のレベルを基準に、好みのコーヒー粉を見つけましょう。

コーヒーを淹れる容器

サイフォンで抽出したコーヒーを淹れるカップも必須です。

カップに事前にお湯を注いで温めておけば、コーヒーの味わいを一層引き出すことができます。

ちょっとしたひと手間で、おいしいコーヒーを楽しみましょう。

キッチンタイマー

サイフォン式コーヒーでは、撹拌の際にきっちり時間を測っておくことが肝心となります。

1分間を正確に計測できるタイマーを準備してください。

デジタル式でも問題ありませんが、経過を視認しやすい砂時計タイプでもいいかもしれません。

はかり

コーヒー粉やお湯の量を間違えてしまうと、せっかくのコーヒーが台無しになってしまいます。

はかりキッチンスケールを用意し、目安の分量を守るようにしましょう。

サイフォンを使用する上での下準備

サイフォン式コーヒーを作る前には、下準備としてろ過器のセッティングをします。

おいしいコーヒーを淹れるためにも、忘れないようにしましょう。

  1. まずはろ過布を洗い、起毛している面を外側にして水気をしっかり絞り取ります。
    起毛部分は外側のままで布を広げ、シワを伸ばしてからろ過器を真ん中にセット。
  2. ろ過布に付いているヒモを引っ張り、ろ過器全体を包みます。
    布が緩んでいると蒸気が抜けてしまうため、ヒモをしっかり蝶々結びしておきましょう。
    余ったヒモと結び目は、布とろ過器との間に挟み込みます。
  3. ろ過器に布を装着したら、ロートに取り付けましょう。
    ろ過器の鎖を下に向けてロートの中に差し入れ、フック部分をロートの先端に引っ掛ければ完了です。

サイフォン式コーヒーの作り方

道具を揃えて下準備まで済んだら、いよいよサイフォンでコーヒーを淹れてみましょう。

ここでは、サイフォン式コーヒーの作り方を段階ごとに説明します。

ぜひ手順を覚える参考にしてみてください

STEP1:コーヒーとお湯を準備する

最初に、コーヒー粉とお湯の準備をしましょう。

コーヒー粉は、必要な杯数分の量を用意します。

サイフォン式では、コーヒー粉がお湯を2割吸い込んでしまうため、抽出量に対して2割増しのお湯が必要です。

使うお湯の量を計算してから水量をはかり、フラスコに注ぎましょう。

コーヒー粉とお湯の目安量は、以下の表を参考にしてください。

目安の分量表

杯数コーヒー粉量できあがり量使用湯量
1杯12 g120 ml144 ml
2杯24 g240 ml288 ml

またフラスコが濡れてしまっていると、加熱時に割れる危険性があります。

必ず水気をふき取ってから、お湯を沸かすようにしてください。

STEP2:お湯が沸騰するのを待つ

お湯が沸騰すると、フラスコの底からろ過器の鎖へと気泡が立つようになります。

このサインを確認したら、ロートにコーヒー粉を入れてフラスコにしっかり差し込みます。

スタンドが倒れてしまわないよう、支えながらセットするようにしましょう。

STEP3:ロートに上がってきたら撹拌する

セットしたロートにお湯が上ってきたら、コーヒー粉も一緒に上昇します。

1分タイマーを起動し、粉がお湯全体に広がるように混ぜ合わせましょう。

この際、竹べらがフィルターに触れるとコーヒーが濁ってしまうので、気を付けてください。

1回目の撹拌では、ロート内の状態に注目します。

泡・粉・液体の3層ができていれば、撹拌が成功した証拠です。

STEP4:加熱する

タイマーで1分経過したのを確認したら、火を止めてください。

そこから再び竹べらでぐるぐるとかき混ぜ、2回目の撹拌を行いましょう。

抽出が終わってくると、上の層が白っぽくなってきます。

STEP5:コーヒーが落ちるのを待つ

撹拌を終えたら、コーヒーがフラスコに落ち切るのを待ちましょう。

50秒以内にコーヒーが落ちていくのが理想とされています。

最終的にろ過器の表面に泡が残った状態となれば、抽出成功です。

STEP6:コーヒーカップに注いでできあがり!

ロートを前後に動かしてフラスコを取り外し、コーヒーカップにコーヒーを注いだらできあがりです!

【おいしさ倍増】おいしいコーヒーを作る3つのコツ

【おいしさ倍増】おいしいコーヒーを作る3つのコツ

サイフォン式コーヒーの作り方を覚えたら、もっと上達したくなりますよね。

そこで、おいしいコーヒーを作る3つのコツをご紹介します。

コーヒー粉とお湯はゆっくり回す

サイフォン式で行う2回の撹拌は、コーヒーの抽出を促すための大事な過程です。

コーヒー粉とお湯を荒くかき混ぜてしまうと、コーヒー粉に圧力がかかって雑味の原因となります。

これでは、サイフォン式コーヒーの特徴であるすっきりした味わいが台無しに。

優しくゆっくりと混ぜ合わせることを意識しましょう。

撹拌のやり方次第で味が変わってしまうので、丁寧さを心がけたいポイントです

挽き立てのコーヒー豆を使う

コーヒー豆やコーヒー粉が古いものだと、味も香りも劣化してしまいます。

せっかくサイフォンでコーヒーを淹れるなら、挽き立てのコーヒー豆を用意しましょう。

お店で購入するのもいいですが、自宅でもミルを使えば気軽にコーヒー豆を手挽きできます。

ぜひ豆の質からこだわって、新鮮な味と香りのコーヒーを堪能してください。

抽出時間は40秒〜1分がおすすめ!

サイフォン式コーヒーの抽出時間は、40秒から1分がおすすめです。

抽出が短すぎると味も薄くなってしまいますが、長すぎても苦味・雑味が出てしまいます。

ただし、コーヒー豆の種類によっても味は変化するので、正解といえる抽出時間はありません。

コーヒー豆や抽出の長さを変えて試すうちに、好みに合った味を見つけることができるでしょう。

自分にとってベストな淹れ方を探す過程も楽しんでみてくださいね。

コーヒーサイフォンの人気おすすめ3選!

コーヒーサイフォンの人気おすすめ3選!

コーヒーサイフォンは、国内外のメーカーから販売されています。

多彩なラインナップの中からどれを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。

サイフォンを選ぶ時のポイントはあるのでしょうか?

コーヒーサイフォンを選ぶ4つのポイント

①熱源の種類

熱源の種類によって、それぞれ特徴やメリットが異なります。使うシーンや目的に沿って選びましょう。

アルコールランプ
  • メジャーな熱源として人気があり、誰でも手軽に使用可能。
  • 低価格帯の本体が多く、替えのアルコールランプも入手しやすい。
  • 風の影響を受けやすいので、屋内での利用が適している。
ガストーチ
  • カセットコンロ用のガスボンベが使用できる。
  • 強く安定した火力で、細かな調節も可能。
  • アウトドアでも使えるところがメリット。
ハロゲンランプ(ビームヒーター)
  • 火力の調整が可能で、抽出後には保温もできる機能性の高さが魅力。
  • 実際に火を使わず加熱できるので、安全性が高い。
電気式
  • 電源に接続して使用でき、アルコール・ガスなどの消耗品が不要。
  • 直火ではないので火傷等の心配もなく、安全に使える。
  • 火力調整は不可だが、手軽で初心者向き。

②コーヒーサイフォンのサイズ

2~3杯用のサイフォンが一般的なサイズとされています。替えの部品が多く販売されており、扱いやすさとしても初心者向きです。

③使用できるフィルターの種類

サイフォンに使用できるフィルターや熱源の種類を確認しましょう。単一ではなく、複数の備品に対応しているものが便利です。

④手入れのしやすさ

サイフォンは特殊な形だったり割れやすいガラス製だったりするため、手入れのしやすさを重視しましょう。付属品が壊れた場合、すぐ交換できるかどうかも大切です。

このようなポイントを押さえて、おすすめのコーヒーサイフォンを紹介します。

おすすめ①:HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン テクニカ 2杯用 TCA-2

コーヒーサイフォンの人気おすすめ①HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン テクニカ 2杯用 TCA-2
「出典:Amazon

価格:9,900円(税込)

こちらの商品は、HARIOのサイフォンの中でも2杯用のスタンダードモデルとして人気です。

アルコールランプガスのどちらも熱源として使用できるので、アウトドアにも持って行けますよ。

洗って手入れしやすいシンプルな構造となっています。

初めてのサイフォンにはぴったり。もちろんサイフォンに慣れている方にもおすすめです。

容量2杯用
熱源アルコールランプ(業務用のガスバーナーも使用可能)
フィルターの種類ネル、ペーパー、 金属
下ボール形状丸型
タイマー機能なし
製品サイズ幅16×奥行9.5×高さ34cm
付属部品竹べら、アルコールランプ、計量スプーン、ろ過器、ろ過布

ほとんどのパーツがガラスでできていて、小学生のころに使ったようなアルコールランプが熱源です。理科の実験が好きだった人にとっては最高のひとときになると思います。実際に使ってみて、コーヒーメーカー、ハンドドリップ、サイフォン、それぞれに味が違うということが判りました。サイフォンを使うとアツアツでこくのあるコーヒーを飲むことができます。

「出典:Amazon

おすすめ②:BONMAC(ボンマック) ゴールド サイフォン TCA-3GD-BM

コーヒーサイフォンの人気おすすめ②:BONMAC(ボンマック) ゴールド サイフォン TCA-3GD-BM
「出典:BONMAC

価格:12,375円(税込)

木製パーツとゴールドの彩色がおしゃれで、高級感溢れるデザインが特徴。

BONMACはHARIOの別ブランドで、部品も同じ規格となっているため、壊れても入手しやすいところが魅力です。

また、BONMACから販売されているハロゲンランプも使用可能。

3杯用で、しっかりとした濃度のコーヒーを抽出できます。

容量3杯用
熱源アルコールランプ
フィルターの種類ネル、ペーパー、 金属
下ボール形状丸型
タイマー機能なし
製品サイズ幅16×奥行9.5×高さ33.3cm
付属部品竹べら

サイフォンを使うのが初めてで不安でしたが、説明書通りにやって上手くいきました!
ゴールドの装具なので高級感もあり、インテリアとしても上品で素敵です。

「出典:Amazon

おすすめ③:ツインバード工業 サイフォン式コーヒーメーカー

コーヒーサイフォンの人気おすすめおすすめ③:ツインバード工業 サイフォン式コーヒーメーカー
「出典:Amazon

価格:22,000円(税込)

こちらは日本メーカーで唯一の電気式サイフォンです。

コンセントに差し込むだけで使える手軽さが、電気式の嬉しいメリット。

アルコールやガスのように、燃料のストックもいりません。

また、取り外して洗いやすいように配慮された設計です。

4杯用なので、家族や友人にもサイフォン式コーヒーを振る舞いたくなりますね。

容量4杯用
熱源電気式
フィルターの種類ネル、ペーパー、 金属
下ボール形状平型
タイマー機能なし
製品サイズ幅25.5×奥行18×高さ32.5cm
付属部品竹べら、計量スプーン、ろ過器(ろ過布・ろ過布取付金具・クサリ)、ガイドシート

電気式がなぜ今までなかったかと思う。とても美味しく淹れられるし、アルコールランプの面倒もない。コーヒー好きは買いだと思います。

「出典:Amazon

まとめ

サイフォン式コーヒーについて、使い方からおすすめの商品までご紹介しました。

一見複雑そうなサイフォン式コーヒーも、道具を揃えれば簡単に使い始めることができます。

手順を覚えて、自分好みの味を探求しましょう。

自宅でもアウトドアでも、サイフォンがあれば本格的なコーヒーを楽しめますよ。

おすすめの商品を参考にして、ぜひ充実したコーヒータイムを過ごしてください。

-コーヒー

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.