エナジードリンク

エナジードリンクとはどんな飲み物?栄養ドリンクとは違うの?

更新日:

コンビニや自動販売機でよく見かけるレッドブルやモンスターといったエナジードリンクをご存知の方は多いでしょう。ですが、多くの人は具体的にエナジードリンクがどういうものであるのか知らずに飲まれる方が多いはずです。

また、普段何気なく飲んでいるためにどういった効果があるのか知らない方もいるでしょう。もちろん、それでもエナジードリンクを楽しんで飲むことはできるので問題ないのですが、健康を意識している方は疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事ではエナジードリンクがどういったものであるかの概要を具体的に解説し、効果や含まれている成分の違いも解説して読者の方の知識が深められるようお伝えします。

健康を意識する方はもちろん、単にエナジードリンクに興味がある人にとっても役立つ内容となっているので、ぜひ最後まで見ていきましょう。

エナジードリンクとは?

エナジードリンクとは?

エナジードリンクと一言で言っても具体的にどのような定義でそう呼ばれているのか知らない人が多いでしょう。あるいは、栄養ドリンクとの違いはどこなんだろうと疑問を抱く人もいるはずです。

そこで、栄養ドリンクとの違いをここでは解説し、エナジードリンクの定義も同時に解説します。基礎的な部分になるので、ここでしっかりと栄養ドリンクとの違いを覚えておきましょう。

エナジードリンクは栄養ドリンクではありません

よく薬局やコンビニでも栄養ドリンクを見かける方が多いでしょう。有名な栄養ドリンクと言えば「リポビタンD」などが挙げられますが、エナジードリンクと一緒にして考えてはいけません。

では、具体的にどの部分が違うのかというと栄養ドリンクには肝細胞に作用する「タウリン」という成分が含まれているのです。ですが、エナジードリンクには「タウリン」を含まれておらず、代わりの成分として「アルギニン」が成分として含まれています。

尚、アルギニンはアミノ酸の一種であり、血流の改善や成長ホルモンの分泌といった作用があると言われています。もし気になる方はレッドブルやモンスターエナジーなど裏面を見てみると良いでしょう。

タウリンが含まれておらず、アルギニンやカフェイン、ナイアシン、ビタミンB6・B2・B12といった成分が含まれているはずです。では、エナジードリンクはどの分類に入るのか次に解説します。

エナジードリンクは炭酸飲料水です

先程の說明の通り、エナジードリンクにはタウリンが含まれていないため栄養ドリンクではありません。通常の炭酸飲料水として分類されるのです。よく栄養ドリンクと間違われる方も多いのですが、厚生労働省が定めた定義では、炭酸を配合した清涼飲料水に分類されています。

また、栄養ドリンクではないので、効能表示をすることもできません。一部の海外産のエナジードリンクでは、タウリンが含まれていることが原因で、日本で販売できないものもあるので、成分を変えて日本用に販売しているものもあります。

効能表示はできませんが、ビタミンなどの成分が多く含まれていて、我々の体に対して病気の予防や健康維持に役立つ効果が期待されています。

エナジードリンクの効果とは?

エナジードリンクの効果とは?

エナジードリンクの効果を具体的に知りたい人も多いはずです。それにはまず含まれている成分に注目する必要があります。エナジードリンクには様々な健康維持に役立つ成分が含まれているので、それらの効果や違いを知りましょう。

では、どのような成分が含まれているのか、そしてそれらの成分の効果を以下に解説していくので覚えておきましょう。

エナジードリンクの成分ごとの効果とは?

ここではエナジードリンクに含まれている主な成分を3つ述べていきます。それぞれ違いを確認しましょう。また、これらの成分はほとんどのエナジードリンクに含まれています。

カフェイン

カフェインは興奮作用や覚醒作用があり眠気覚ましに良いとされている成分です。エナジードリンクだけでなく、緑茶やコーヒーに含まれていることも多いです。なので、集中したい時には効果を発揮しますが、カフェインには依存性があるため過剰摂取は禁物。

また、夜寝る前に飲んでしまうと眠れなくなる人もいるので寝る前のカフェイン摂取にも注意しましょう。ただ、大量に摂取しなければ特に問題はないので、上手に取り入れれば集中したい時に便利です。

会議や試験勉強に集中したい時などにカフェインを少し摂取すると良いでしょう。そういった意味でエナジードリンクを飲むタイミングも大切です。

ビタミンB群

エナジードリンクにはビタミンB6やビタミンB2、ビタミンB12など様々な成分が含まれています。これらビタミンB郡はエネルギ生成代謝を良くし、血流を正常に保つ役割を果たします。

そのほか、精神的的能力の維持や疲労回復の効果があり、疲れた時にエナジードリンクを飲まれるアスリートの方も多いと言われています。さらに、ビタミンB郡は脳内で中心的役割を果たすことから、神経系の機能を正常に保つ働きもします。

このように、我々の健康を維持する成分がたくさん含まれていることもエナジードリンクの魅力的な部分です。

アルギニン

タウリンの代わりの成分としてエナジードリンクにはアルギニンと言われる成分が含まれています。アルギニンには成長ホルモンを促す効果があり、免疫力の向上や疲労回復の効果があると言われています。

また、生活習慣病の予防や美容効果があると言われていて、我々の体をサポートしてくれる成分です。海外のエナジードリンクにはタウリンが配合されているものもありますが、アルギニンも同等な効果をもたらすため健康を意識される方は心配しなくても大丈夫でしょう。

しかし、エナジードリンクの中には十分なアルギニンが含まれておらず、糖分が多いものもあるので注意も必要です。

エナジードリンクの種類ごとの違いとは?

エナジードリンクの種類ごとの違いとは?

エナジードリンクには様々な種類があります。もちろん、どれも含まれている成分は似ていますが違う部分もあるので、どのエナジードリンクを飲まれるかも大切です。

そこで、代表的な3つのエナジードリンクを紹介してそれぞれ特徴を解説します。以下をぜひ参考にしてみてください。

モンスター

モンスターは味にクセがなく、初めてエナジードリンクを飲まれる方にも飲みやすい飲料です。パッケージも若者層に人気があり惹きつけるデザインとなっています。また、高麗人参やクエン酸も配合されていて気軽に栄養摂取できるのも特徴的です。

ただし、カフェインの量が142gと他のエナジードリンクと比べて高めため、過剰摂取には注意が必要です。ただ、先程も解説したようにカフェインには覚醒作用があるので、寝る前を避けて集中したい時に飲まれると良いでしょう。

レッドブル

最も有名なエナジードリンクとして知られていると言っても過言ではありません。レッドブルは微炭酸で飲みやすいのが特徴的であり、甘みと酸味が程よく合わさったバランスは多くの人に愛されている飲料です。

また、カフェインが80mgと少なめであり、ビタミンB郡が豊富に含まれているのもポイント。さらに、パントテン酸と言われる抗ストレスビタミンも含まれていて、ストレスが多い人にもおすすめなエナジードリンクです。

Zone

Zoneはデジタルパフォーマンスをコンセプトとしていて、パッケージのデザインがまさに今の若者をターゲットにしている感じです。また、複数種類(ピンク・黒・赤・青・銀)があります。

特徴は酸味が少なく、飲みやすくて大容量なため、長時間かけてたっぷりの飲むことができます。また、カフェインは75mgでビタミンB2、ビタミンB6、アルギニンなど、エナジードリンクの中ではバランス良く栄養成分が含まれています。

しかし、コンビニなどで見かけることは少ないため、販売している自動販売機を探すのが手間だったりするので注意しましょう。

エナジードリンクに関する嘘?本当?

エナジードリンクに関する嘘?本当?

エナジードリンクには我々の体の健康をサポートしてくれる様々な成分があることがわかりました。ですが、それでも摂取に懸念を持たれる方は多くいます。たとえば、飲みすぎであったり、海外製は危ないといった声であったり、多くの方が懸念されていることでえしょう。

そこで、皆さんの疑問が解決するように詳しくこれらのことについて解説するので参考にしてみてください。

エナジードリンクは飲みすぎてはいけない?

エナジードリンクには健康を維持してくれる成分が含まれていますが、飲みすぎてしまうと副作用を起こす可能性があります。たとえば、心拍数の増加やめまい、血圧の上昇、興奮、不安、不眠症、吐き気などの症状です。

これらの症状は主にカフェインの過剰摂取が影響していて、飲料の特製から短時間で体内に多量のカフェインが入ってしまうことが原因とされています。2016年には20代の男性がカフェインを過剰摂取したことで死亡した症例の報告もあります。

では、カフェインが多く含まれていなければ大丈夫なのかというとそうでもありません。エナジードリンクには糖分も含まれていることが多く、過剰摂取してしまえば別の要因で体に不調を起こすことになるでしょう。

なので、1日1本を目安にしてくれぐれも飲みすぎないように注意することが大切です。

エナジードリンクの「カロリーゼロ」は本当なの?

カロリーゼロと謳われる商品はエナジードリンクでなくとも多いですが、成分表を見た時に炭水化物と表示されていれば糖分は入っているものだと考えましょう。消費者庁から0.5g未満であればゼロと表示しても良いと認められていて、我々購買者の購入を促進させるためでもあるのです。

また、人口甘味料が含まれていれば砂糖なしでも甘さを引き出すことが可能です。ただ、先程の說明と関連して飲み過ぎなければ問題はありません。ただ、ダイエット目的で過度な期待をするのは危険なので注意しましょう。

海外製のエナジードリンクは危ないの?

海外製のエナジードリンクは成分の違いが多少ありますが、一概に危ないとは言えません。しかし、海外製であるがゆえに日本のものよりも大容量で過剰摂取になってしまいがちなので、飲みすぎないように注意しましょう。

また、カフェインの量も違っていて実は日本の方がカフェインが多いというケースもあります。モンスターエナジーを挙げるとするなら、アメリカでは100mlあたり33.8mgですが、日本の方では100mlで40mgであることが分かります。

そのため、日本のものの方が副作用を起こす可能性もあるので、海外製も含まていずれも飲み過ぎには注意しましょう。

まとめ

エナジードリンクのまとめ

栄養ドリンクとよく勘違いされる人も多いエナジードリンクですが、本記事にて違いが明確になられた方もいるのではないでしょうか。また、普段何気なく飲まれている方もはっきりしたことでしょう。

エナジードリンクは我々の健康をサポートしてくれる魅力的な飲料ではありますが、過剰摂取には注意が必要であることは述べさせて頂きました。そのため、飲むのであればタイミングや適切な量を守ることが大切です。

きちんとした量を守ってくれればエナジードリンクはあなたの生活を支えてくれる飲料となるので、ぜひ本記事の内容を頭に入れて適切な量を守って飲むようにしましょう。

-エナジードリンク

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.