エナジードリンク

【中毒死?】エナジードリンク飲み過ぎによる死亡のリスクとは?

更新日:

【中毒死?】エナジードリンク飲み過ぎによる死亡のリスクとは?

最近、様々なメーカーから発売されているエナジードリンク。

レッドブルやモンスターといった人気商品もあり、「エナジードリンク」という単語自体の認知度もかなり高くなっているのではないでしょうか。

ちょっと疲れている日や、頑張らなければならない日に欠かせないといった人も少なくはないでしょう。

とは言え、いくら元気になるからといってたくさん飲めばいいというものではありません。

過剰に摂取すると、体に悪影響を及ぼすどころか、場合によっては死亡してしまう可能性もあるのです。

こちらの記事では、エナジードリンクを飲みすぎるとどうなるのか、死亡まで至る本数はどれくらいなのかをまとめていきます。

エナジードリンクによる死亡のリスクが気になっている人は、ぜひ参考になさってください。

エナジードリンクを飲みすぎると人体に悪影響?

エナジードリンクを飲みすぎると人体に悪影響?

何事にも言えることですが、過剰摂取は人体にとって悪影響を及ぼします。

当然、エナジードリンクも例外ではありません。

こちらの章では、エナジードリンクを飲み過ぎた場合に起こる体への影響を解説していきます。

原因はカフェインの過剰摂取?

エナジードリンクを飲むと体がシャキッとするのは、カフェインが入っているからだということをご存知でしょうか。

カフェインといえばコーヒーが代表的な飲み物ですが、エナジードリンクにもしっかりと含まれています。

コーヒーを飲んで眠れなくなったという話もよく聞きますよね。

同じように、エナジードリンクを飲むことで興奮状態になり、自律神経の働きが高まることで、目がさえたり集中力が高まったりといった状態になるのです。

エナジードリンクを飲み過ぎてしまうと、カフェインの過剰摂取に繋がっていき、人体に悪影響を及ぼしてしまうというわけです。

カフェインの過剰摂取による症状とは?

カフェインを過剰に摂取してしまうと、次のような中毒症状が起こります。

  • 吐き気
  • 情緒不安定
  • パニック
  • 手足の痙攣
  • 過呼吸

吐き気くらいの軽度な症状で治ればいいですが、重度になってくると動くことさえできなくなり、死亡する可能性も十分にあり得るのです。

エナジードリンクを飲んで、少しでも体に異常を感じた場合はカフェインの摂りすぎと言えます。

すぐに、エナジードリンクを飲むのをやめる必要があります。

子供はカフェインの影響を受けやすい?

カフェインには、大人よりも子供の方が影響を受けやすいといった特徴があります。

子供は大人に比べて消化機能や代謝機能の発達が未完全です。

そのため、少しの量のカフェインでも中毒症状が起こりやすく、睡眠障害が起きたり利尿作用の高まりにより脱水症状が起こったりしてしまいます。

もちろん、大人と同じくカフェインの過剰摂取により死亡に至ることもゼロとは言えません。

エナジードリンクの飲み過ぎで死亡することも

エナジードリンクの飲み過ぎで死亡することも

エナジードリンクを過剰に摂取すると、死亡してしまうといった最悪なパターンも起こりかねません。

事実、日本でもエナジードリンクを飲みすぎて死亡したという事故は起こっています。

日本での実例

日本で初めてのエナジードリンク過剰摂取による死亡事故は、2015年に九州で起きました。

深夜勤務をしていた当時20代の男性が、眠気覚ましのためにエナジードリンクを毎日のように過剰摂取しており、結果的に死亡してしまったという事故です。

この事件に限らず、2011年から5年間の間にエナジードリンクの中毒症状で救急搬送されたのは、実に100名を超えています。

その中で、死亡にまで至った人は3名だったという調査結果を日本中毒学会が発表しています。

世界では毎年死亡者が出ている

エナジードリンクは世界的にも認知度の高い飲料水です。

そのため、世界でもエナジードリンクによる死亡事故は毎年のように起こっているのです。

例えば、16歳の男性がエナジードリンクの過剰摂取により死亡しています。

心臓疾患などもない健康な男性でありながら、エナジードリンクを一度にたくさん飲んだことが原因でこのような痛ましい事故が起こってしまったというわけです。

エナジードリンクの摂取目安量とは

エナジードリンクの摂取目安量とは

ここまでくると、一体どれくらいの本数のエナジードリンクを飲むと死亡に至るのかが気になるところですよね。

続いては、エナジードリンクを飲む際に知っておきたい適量と、死亡のリスクがある摂取量について解説していきます。

エナジードリンクの摂取目安量とは

実は、エナジードリンクの摂取量の目安として、日本におけるガイドラインは設けられていません。

しかし、エナジードリンクが普及しているアメリカやヨーロッパでは摂取量の目安があり、それぞれ次の通りとなっています。

  • アメリカ・・・400ml/1日
  • 欧州・・・・・200ml/1日

それでは、カフェインで考えた場合はどうでしょうか。

厚生労働省によると、健康的な成人におけるカフェインの摂取量は400mg/1日までが好ましいとされています。

つまり、これ以上の量をとると過剰摂取となるというわけです。

このカフェインの適量をエナジードリンクの本数で計算していきましょう。

とは言え、メーカーや種類によってカフェインの量も異なってきます。

今回は、エナジードリンクの中でも人気の高い「レッドブル」と「モンスター」の355ml缶で計算していきます。

◆レッドブル

レッドブルの355ml缶1本あたりに入っているカフェイン量は113.6mgとなっています。

そのため、1日の摂取目安としては、次の計算が当てはまります。

400mg÷113.6mg=約3.5本

つまり、4本飲むと過剰摂取になることがわかります。

◆モンスター

モンスターの355ml缶1本あたりのカフェイン量は142mgです。

レッドブルと同じように計算していきましょう。

400mg÷142mg=約2.8本

モンスターの場合、3本で過剰摂取に当てはまります。

欧州の200mg/1日の基準に当てはめると、どちらも1日1本が限界の本数ということになるわけです。

どのくらいの摂取量で死亡のリスクがあるの?

1日の摂取目安が最大でもレッドブルの4本だとしても、流石にすぐに致死量に至るわけではありません。

それでは、どれくらいの本数のエナジードリンクを飲むと死亡のリスクがあるのでしょうか。

もちろん、個人差はありますが、一般的にカフェインを5g〜10g摂取すると死亡に至ると言われています。

エナジードリンクを代表してモンスターで計算していきましょう。

5000mg÷142mg=約35.2/1日

1日に35本以上飲むと死亡に至る可能性があるという結果となりました。

なかなか現実的ではない本数ですが、死亡までに至らないにしてもあまりに沢山飲むことは健康に悪影響を与えるのは確かです。

エナジードリンクを飲む際の注意点とは?

エナジードリンクを飲む際の注意点とは?

カフェインが多く含まれているエナジードリンクは、むやみに飲むと健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

もちろん、上手に利用すれば疲れた時や頑張らなければならない時のサポートになるでしょう。

そのためにも、エナジードリンクの正しい飲み方を理解しておかなければなりません。

この章では、エナジードリンクを飲む際の注意点を解説していきます。

摂取目安量以上飲まない

エナジードリンクを摂取する際に、まず大切になるのが摂取目安量です。

前章でお伝えしたように、日本におけるエナジードリンクの上限摂取量はないものの、適切なカフェイン摂取量と照らし合わすことで摂取目安は換算できます。

摂取目安量を超えてしまうと、過剰摂取となり体に悪影響を及ぼすリスクが高まります。

また、自分の体調と相談して気分が悪くなるようなことがあれば、摂取目安量より少なくても飲むのを控える方が賢明でしょう。

エナジードリンクを飲まない日を作る

お酒を飲まない日を休肝日と言いますが、同じようにエナジードリンクを飲まない日を作るのも大切です。

毎日飲み続けるとだんだん麻痺してしまい、中毒症状に陥りかねません。

また、カフェインには依存性があり、エナジードリンクを摂取しないと不安になったり、疲労感に苛まれたりすることも起こり得ます。

このような中毒症状が起きてしまうと、頑張るために飲むエナジードリンクの本当の活用方法と真逆の展開となってしまいます。

エナジードリンクは、本当に必要な時に飲むことが大切です。

空腹時に飲む際は注意!

エナジードリンクに含まれているカフェインは、劇薬に近い成分です。

そのため、何も食べていない空腹時に摂取すると、カフェインが作用し吐き気や倦怠感を起こすリスクが高まります。

また、起床時すぐの胃が働いていないような段階でエナジードリンクを飲むと、胃が荒れる可能性も否めません。

エナジードリンクは食後か食中に摂取するようにしましょう。

子供は特に注意!

エナジードリンクは、コーヒーと同じようにカフェインが含まれているのにも関わらず、その飲みやすさから子供も摂取しがちです。

しかし、カフェインの量はコーヒーと同じ、もしくはそれ以上に含まれている場合もあり、注意を怠ってはいけません。

カナダの保健省では、子供はカフェインの感受性が強いということを指摘しており、以下のように定めています。

  • 4〜6歳・・・最大45mg/1日
  • 7〜9歳・・・最大62.5mg/1日
  • 10〜12歳・・・最大85mg/1日

これらを踏まえると、エナジードリンクを子供が1本飲むことがいかに危険かがわかります。

いくら美味しくても、子供に飲ませる際には十分に注意を払って、摂取量に気をつけるようにしましょう。

まとめ

エナジードリンクのリスクまとめ

エナジードリンクは、ここぞという日に力を発揮してくれる優れものです。

しかし、摂取量を間違うと最悪の場合、死亡にまで至ってしまう危険な飲み物でもあります。

エナジードリンクを摂取する際には、しっかりと摂取量目安を把握して過度に飲みすぎないように注意をしなくてはなりません。

周りで、頑張っている同僚や友人がエナジードリンクを摂取し過ぎているような様子を見かけたら、すぐにその危険性を教えてあげてください。

エナジードリンクの正しい飲み方を知って、効果的にエナジードリンクを活用しましょう。

-エナジードリンク

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.