エナジードリンク

【毎日飲んでないですか?】エナジードリンクを毎日飲む危険性とは?

更新日:

【毎日飲んでないですか?】エナジードリンクを毎日飲む危険性とは?

「出勤前にコンビニに立ち寄ってエナジードリンクを買って飲む」というのが毎朝のルーティンになっていませんか?

確かにエナジードリンクには疲れを癒す効果は期待できますが、その反面リスクもあります。

実は、エナジードリンクを毎日のように飲んでいると、いつの間にか病気になっている可能があるので要注意です。

あなたの健康のために、エナジードリンクの危険性について詳しくご紹介しましょう。

エナジードリンクの定義とは?

エナジードリンクの定義とは?

突然ですが、ここで問題です。

「エナジードリンクは栄養ドリンクの仲間である。〇それとも×?」

答えは×。

お店によっては、同じ売り場に並んでいることもありますが、細かく言うと全く違う飲み物ということになります。

では、その違いはどこにあるのか解説しましょう。

エナジードリンクとは?

あなたが毎日飲んでいるエナジードリンクがどんな飲み物かと、ひと言で表現するとただの「ジュース」と言って良いでしょう。

例えば、お店や自販機で販売されている、コーラなどの炭酸飲料、お茶や缶コーヒー、ミネラルウォーター、さらには野菜ジュースや豆乳とも同じ仲間ということになります。

これらの飲み物は、「清涼飲料水」と分類されていますから、エナジードリンクもその仲間の一員ということです。

ちなみに清涼飲料水は、アルコールを含んでいない(アルコール1%未満ならOK)、味や香りがある飲み物と定義されています。

栄養ドリンクやスポーツドリンクとは違うの?

栄養ドリンクのラベルには、滋養強壮や疲労回復があるということが記載されているのはご存知かと思います。

しかし、エナジードリンクにも似たような効果があるにも関わらず、どのような効果があるのかが商品には記載されてはいません。

この違いは何かと言えば、「栄養ドリンクは法律上、医薬部外品に分類されているため、効果や効能の記載はOK」とされている点にあります。

一方、エナジードリンクは清涼飲料水に分類されていますが、これらの飲み物は「食品衛生法によって効果や効能があると謳ってはいけない」と定められているため、栄養ドリンクの仲間に入ることができないのです。

もしもエナジードリンクが栄養ドリンクの仲間に入りたいのなら、生薬や漢方由来の成分であったり、疲労回復や肝臓の働きを向上させる効果があるタウリンを含んでいる必要があります。

また、運動や仕事で汗をかいた後飲むと良いとされるスポーツドリンクは、エナジードリンクと同じ清涼飲料水に分類されています。

両者は同じ飲み物ではありますが、スポーツドリンクは発汗で失われてしまった体内の水分やミネラルを補う役割に特化された飲料ですから、効果の面で言えば全く違う飲み物と言って良いでしょう。

エナジードリンクを飲むメリット

エナジードリンクを飲むメリット

毎日のように飲んでいるエナジードリンクには、どのような成分が入っていて、どのようなメリットをもたらしてくれるのかご存知でしょうか?

ただ漠然とエナジードリンクを飲んでいるという方もいらっしゃるかもしれませんが、飲むからには成分から得られる効果を知っておくことも大切です。

エナジードリンクはいろいろな物を原料として作られていますが、この中には体に良い効果を与える成分が3つ含まれています。

エナジードリンクの成分が影響をもたらす

昨日の疲れを朝まで引きずっている、夕べ夜更かしをして昼間は絶対眠くなるだろうなという時などに、エナジードリンクを飲むことが多いかと思います。

エナジードリンクを飲むことによって得られる効果は以下の3つです。

  • 疲労から解放してくれる
  • 眠気を覚ましてくれる
  • 気分がスッキリとなる

この3つの相乗効果によって、集中力を高めることにつながりますから、仕事を効率的に行えるようになったり、勉強に集中して取り組むことができるなど、あなたが持つ力を最大限に引き出してくれます。

なぜエナジードリンクがこのように良い影響を与えてくれるのかと言えば、エナジードリンクに含まれている3つの成分が肝となっているからなのです。

カフェインによる良い効果

カフェインが入っている飲み物といえば、緑茶や紅茶といた茶類、コーヒー、炭酸飲料があり、食べ物ではチョコレート、ガムが思い浮かぶかと思います。

これら以外にも、医薬品では鎮痛薬や風邪薬にも用いられており、普段の生活の中で口にしない日は無いと言って良いかもしれません。

良く知られているカフェインの効果として、「眠気覚まし」が挙げられますが、これはカフェインが中枢神経を覚醒させることが影響しています。

疲労感の軽減と相まって集中力の向上が期待できますから、「眠いけどこれから夜勤だ」、「明日は試験だし徹夜で勉強しよう」という方が、エナジードリンクを飲んでしのぐ行為は理にかなっていると言っても良いでしょう。

カフェインによる影響はこれだけではなく、脂肪を燃焼させる効果や利尿作用があることが知られています。

ダイエットをしたい方や、むくみが気になる方には朗報かもしれませんが、たくさん摂取すればより効果的ということはありませんので要注意です。

アルギニンによる良い効果

アルギニンはアミノ酸の一種で、栄養ドリンクやエナジードリンクにも用いられている成分です。

アルギニンが与える効果としては、疲労回復、免疫力の向上、生活習慣病の予防が挙げられます。

エナジードリンクを飲んだ後に疲労が軽減されると感じるのはアルギニンによるものであり、この成分は人間の体内で作ることができませんから、飲むなどして体外から取り込むしかありません。

ちなみに、疲労回復に効果的な成分として栄養ドリンクに利用されているタウリンですが、エナジードリンクの場合は同じ効果を持つアルギニンを代用しています。

ビタミンB群による良い効果

ビタミンB群には、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸など合わせて8種類があります。

それぞれが様々な働きをするのですが、注目すべきはビタミンB群が一つになってより力を発揮してくれる「エネルギーの代謝を促進してくれる」という点です。

エネルギーの代謝が悪くなっていると疲れを感じてきますが、そんな時にビタミンB群が含まれたエナジードリンクを飲むことで、疲労感から解放してくれます。

ビタミンB群は野菜、レバー類、魚にも含まれていますが、手軽に摂取するにはエナジードリンクが最適です。

エナジードリンクには危険性もある?

エナジードリンクには危険性もある?

ここまでエナジードリンクによる良い効果を解説してきましたが、実は良いことばかりではありません。

毎日のようにエナジードリンクを飲んでいると、健康を害する可能性が高まり、生命の危機にさらされることもあります。

何も考えずに惰性で毎日飲んでいると、いつの間にかあなたの寿命を縮めているもあり得るので、危険性があるということを知っておきましょう。

カフェインによる悪影響とは?

眠気覚ましには欠かせないカフェインですが、非常に依存性が強いというのがデメリットです。

いつもの量では効果に満足できなくなって、「さらに多くの量が欲しくなる」、「摂取しなければ気が済まない状態になる」といったカフェイン依存症になることがあり、自覚症状があまりないというのが特徴です。

この他にも、カフェインを過剰に摂取したことで、不眠になったり、めまいがする、心拍数が増える,下痢、嘔吐 といった症状もあり、日常生活に影響を与えかねません。

ちなみに、カフェインは健康的な成人な人の場合、1日に摂取して良い量は400㎎までですが、エナジードリンク1本には100~140㎎程度含まれています。

エナジードリンクを複数本飲み、さらにコーヒーやお茶を飲むという方は、あっさりと上限値を超えてしまうことがありますから、摂取量には十分注意しましょう。

カフェイン中毒になることも

カフェイン依存症とは別に、カフェインの摂取し過ぎによるカフェイン中毒になる危険性も指摘されています。

短時間に大量のカフェインを摂取すると、カフェイン中毒を起こす可能性が高まりますから、エナジードリンクの飲み方にも注意しましょう。

カフェイン中毒の症状としては、軽度の場合ですと食欲不振、興奮、嘔吐、頻脈などを起こすことがあり、重症化すると痙攣、高血糖、意識障害、不整脈、低血圧を発症する恐れがあります。

特に毎日何本もエナジードリンクを飲んでいるという方は、カフェイン中毒を起こす可能性が高いので要注意です。

最悪の場合、死亡のリスクがある?

 カフェインは適度に摂取すれば、体に良い効果を与えてくれますが、過度に摂取すると有害であり、疲れが取れるからとエナジードリンクに頼りっぱなしでは非常に危険です。

過去に日本国内では、エナジードリンクに頼りすぎた生活をしたことが原因でカフェイン中毒を起こした男性が死亡したという事故が起こっており、農林水産省のホームページでもカフェインの過剰摂取について注意を呼び掛けています。

世界各国でもカフェインによる健康被害が報告されていますから、エナジードリンクを常用している方は特に注意が必要です。

エナジードリンクは清涼飲料水ですが、最悪の場合、命を落とす危険性がある飲み物だと知っておきましょう。

エナジードリンクを毎日飲むとどうなる?

エナジードリンクを毎日飲むとどうなる?

仕事や勉強で忙しい毎日を過ごしていると、疲労から解放されたいがために、栄養ドリンクやエナジードリンクを飲むことがいつの間にか日課となっている方が多いのではないでしょうか?

エナジードリンクを飲むことによって、その日をやり過ごすことが出来るかもしれませんが、毎日飲むのは健康のために良いとはいえません。

表向きは元気ではあっても毎日エナジードリンクを飲んでいると、いつの間にか病気になっている可能性があります。

カフェインによるカフェイン中毒のリスク

お茶やコーヒーを適度に嗜む程度なら問題ありませんが、疲れを取りたいがためにエナジードリンクを毎日何本も飲むような生活をしていると、カフェイン中毒を起こす可能性が非常に高くなります。

特に急性カフェイン中毒を発症した場合、全身にさまざまな影響を及ぼし、最悪の場合死んでしまうこともあるほどです。

しかも、カフェイン中毒に対する特効薬はなく、病院の集中治療室で生死をさまよいながら対処療法を受けて回復を待つしかありません。

そうならないためにも、エナジードリンクに頼った生活を改める必要があります。

糖分の取りすぎによる糖尿病の発症リスク

エナジードリンクの中には疲れを取り除く成分以外にも、糖分を多く含んでいるため、毎日エナジードリンクを飲んでいると糖尿病を発症する可能性が高くなります

糖分の取りすぎると太りやすくなるリスクもあり、糖尿病を悪化させると死に至る危険性もあるので要注意です。

エナジードリンクは清涼飲料水ですが、清涼飲料水に当てはまるもの全般的に糖分が多く含まれているため、エナジードリンクに限らず清涼飲料水の飲み過ぎは体に良くありません。

糖尿病にかかってしまうと、完治は難しく一生病気と付き合って生活していかなければなりませんから、日ごろの食生活にも注意しましょう。

【結論】毎日飲むのは控えましょう!

エナジードリンクを毎日飲んでいると、1本では物足りなく感じるようになり、2本、3本と飲む量が徐々に増えて行くようになり、飲まずにはいられないようになってしまいます。

飲む量が増えて行くと、カフェイン中毒を起こしたり、糖尿病を発症する可能性がかなり高くなるため、さらには生命の危機に陥ることもあるので要注意です。

エナジードリンクを飲むのを止めようとまでは言えませんが、毎日のように飲む生活を改めるよう努力をしましょう。

今日はいつもより体がキツイなという日にだけ飲むなどして、エナジードリンク依存の生活からの脱却を図ってください。

まとめ

疲労回復や眠気覚ましにエナジードリンクは一定の効果はあるものの、手軽に購入できるために毎日飲むという人が多くいます。

適度な量を飲むのは問題ありませんが、1日に複数本飲むようになると、カフェイン中毒や糖尿病になるリスクがあるので要注意です。

今エナジードリンクに頼りっぱなしという方は、まずは睡眠時間の確保と健康的な食生活を送ることにシフトすることを考えましょう。

例えば仕事の休憩時間に少し眠るだけでも、頭がスッキリして仕事にも良い影響を与えますよ。

-エナジードリンク
-,

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.