眠気覚まし

眠気覚ましに効果的なツボ6選!もう眠気にはさよなら!

更新日:

眠気覚ましに効果的なツボ6選!もう眠気にはさよなら!

「日中にいつも眠くなる」「眠気覚ましのツボの押し方を知りたい」と考えてはいませんか?

実は、眠気覚ましに効果的なツボは数多くあり、即効性があるとされています。

この記事では、「眠気覚ましに効果のあるツボから押す強さや時間」を詳しく解説していきます。

眠気覚ましのツボを利用して、いきいきした生活を送りましょう。

眠気覚ましに効果のあるツボとは?

眠気覚ましに効果のあるツボとは?

ツボは体中の至るところに存在しているため、いつでも気軽に押すことができます。

本章では、眠気覚ましに効果のあるツボ6選とその効果を解説します。

①中衝

中衝は、中指の爪の生え際から下に2〜3mmのところにあります。反対の手の人差し指と親指で中指を挟むように持ち、ゆっくり力を加え、押していきましょう。

刺激すると脳、背中、腹部の諸症状(ストレスや不眠など)の改善に効果的です。

また、眠気覚ましだけでなく、更年期障害に悩む方にもおすすめです。

②労宮

労宮は、手のひらの中央にあります。反対の手の親指でゆっくりと力を加え、押していきましょう。

手のひらの中央は、健康とバランス全般、全身のエネルギー循環にとって重要なポイントです。

そのため、眠気覚ましだけでなく、ストレスを軽減してくれたり、気分を落ち着かせ、リラックスさせてくれる効果があります。

③合谷

合谷は、手のひろの甲にあります。親指と人差指の間の骨が合流している部分に合谷があります。手を軽く広げて、反対の手の親指と人差指で手を挟むようにして、力をゆっくり加え、押していきましょう。

合谷は万能のツボと言われていて、頭痛、喉の痛み、かぜ、肩こり、眠気覚まし、生理痛に効果があります。

また、ストレス軽減や体の代謝を促し、肌や自律神経の調子を整えてくれます。

④清明

清明は、目頭の上(左右)と鼻の付け根の間のくぼみにあります。押すというよりは、つまむイメージで力をゆっくり加え、押していきましょう。

刺激すると目の疲れや頭痛が軽減され、視界がクリアになり、眠気覚ましになります。

また、腫れぼったい目がぱっちり目になったり、花粉症にも効果があります。

⑤太陽

太陽は、こめかみ(眉毛の一番外側と目尻の一番外側を結んだ線の中心より少し外側)のくぼみです。両手の親指を使って、頭を持ち上げるようなイメージで力をゆっくり加え、押していきましょう。

太陽は別名「眼医者ごろし」と名付けられています。そのため、疲れ目などの眼精疲労や眠気覚ましに効果があります。

また、頭痛、肩こり、たるみなども改善してくれます。

⑥風池

風池は、首の後ろの髪の生え際あたりにあります。両手の親指を使って、頭を持ち上げるようなイメージで力をゆっくり加え、押していきましょう。

刺激すると肩から首の血流が改善され、頭痛、首や肩のこり、眠気覚まし、眼精疲労などに効果があります。

長時間のパソコンや携帯操作、スマホ首、顔のたるみで悩んでいる方におすすめです。

ツボの押し方|押す強さや時間は?

ツボの押し方|押す強さや時間は?

ツボが眠気覚ましなどに効果的だからといって強く押しすぎて良いわけではありません。

しっかり、ツボを押す強さと押す長さを理解しておくことにより、その効果を高めることができます。

ツボを押す強さはどのくらい?

ツボを押すときは、爪を立てずに指の腹の部分を使います。

強く押して「痛い」と感じるイメージではなく、ツボを「つまむ」イメージで痛みが心地よいと感じるくらいの強さが最適です。眠いときなどは、痛くないギリギリの強さを調整してみてください。

あまり強くツボを押しすぎると、体を傷つけてしまうため注意が必要です。

効果的なタイミングとしては、お風呂あがりの血流が良いときに行うと、より効果的です。

ツボを押す長さはどれくらい?

ツボを押すときは、いきなり強い力を入れるのではなく、ゆっくりと力を入れ、その後、力を抜いていくようにします。

一般的には、3〜5秒程度かけて力を入れ、3〜5秒程度かけて力を抜いていく動作を繰り返します。

セット回数は明確に定義された回数がないため、自身の体調や健康状態を考慮して行うようにしましょう。

ツボを押しても眠気が改善されない場合は、カフェインを摂取、太陽光を浴びる、ガムを噛む、運動をするなどして対処しましょう。

それでも症状が改善されない方は、自身の睡眠状況や現在おかれている環境を改善してみてください。

まとめ

眠気覚ましに効果的なツボまとめ

眠気や眼精疲労などに悩んでいる方は、今回紹介したツボを押すと症状が改善されるかと思います。

しかし、ツボは一時的な効果(即効性)はありますが、長期的な効果を得るためには、継続して行う必要があります。

また、今回紹介した6つのツボ以外にも人間の体にはツボが361個もあるとされています。

そのため、自身の体の不調などによって効果的なツボを調べてみてください。

眠気覚ましのツボを押して、毎日活気のある生活を過ごしましょう。

-眠気覚まし

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.