コーチング

【大注目】コーチングとは?メリットデメリットから、明日からできる実践方法まで解説!

更新日:

【大注目】コーチングとは?メリットデメリットから、明日からできる実践方法まで解説!

「コーチングの資格を取ると大きなメリットはあるの?」

「コーチングを仕事で実践したいけど、具体的にどんなやり方があるの?

コーチングに興味を持っている人はこのような疑問を抱いているのではないでしょうか。

コーチングは仕事で活かせる技術として、資格を持っていると国内外で評価されます。

しかし、技術を身につけて大きなメリットがあるのかどうか、また本当に実践できるのかどうかなど疑問に思っている人も多いでしょう。

そこで、この記事ではコーチングを学ぶメリットとデメリット、また明日からできる実践方法まで詳しく解説していきます。

コーチングとは?

コーチングとは?

コーチングについて興味を持っていても、コーチングの正しい意味を知っている人は少ないです。

コーチングとティーチングの違いを混同してしまっていませんか?

ここでは「コーチングとは何か」を詳しく解説していきます。

最近注目されているコーチングとは?

コーチングとは、ひと言でいうと「相手の目標達成を助けること」です。

例えば、問題を抱えている人に対して問いかけをすることで、相手に気づきを与えたり広い視野を持てるようにしたりするのです。

組織のリーダーは部下に対して正しく目標を認識させて導いていかなければなりません。

そのためには、コーチングの技術が必要なのです。

しかし、多くの場合正しくコーチングできている人は少なく、組織を上手にマネジメントできていません。

その理由には、以下のような問題があります。

○問題の複雑化

近年起こりうる問題は複雑化していて簡単には答えを見つけられません。

そうなってくると、優秀なリーダーがいたとしても、チームとして機能しないと問題を解決できないのです。

リーダーが指示を的確に出していても、受ける側が問題を正しく認識して自主性を持って行動できなければ対処できなくなってきています。

リーダーがいかに一人ひとりに合った問いかけでアプローチできるのかが組織の力になってきています。

つまり、組織の力を最大限に発揮させるためにはコーチングの技術が必要といえるのです。

○多様性

現代は昔以上にさまざまな価値観が混在しているグローバル社会で、今までの考え方では正しい答えを導き出せなくなってきています。

また、時代の変化もかなり急激に進んでいきます。

このような時代の舵を正しく切るには、広い視野を持っていることが必要です。

人に対しても同じことがいえ、組織に属する人にもさまざまな価値観の人がいます。

そのような人たちと同じ方向性で、目標に向かって行動を共にしていかなければいけません。

つまり、多様性と変化に対応するためには、相手からさまざまな考え方を引き出せるコーチングの技術が必要なのです。

コーチングの歴史

コーチングの歴史を紐解くと16世紀までさかのぼり、馬車(Coach)に由来します。

馬車の目的は「人を希望する場所まで送り届けること」です。

ここから派生して、コーチングとは「人が目的を達成できるまで支援する」という意味にも広がっていきました。

そして、現在のようにコーチングが注目されるようになったのは1990年代です。

アメリカでコーチングに関するビジネスがいくつも発生して、大きな役割を担うようになったためです。

特に国際コーチング連盟(ICF)ができてからは、コーチングの重要性が世界中で認識されるようになりました。

今ではビジネスの現場だけでなく、教育や医療などの世界でもコーチングの技術が求められています。

コーチングとティーチングは何が違うの?

コーチングは人と対話をすることで目標を達成することを支援することです。

では、よく混同されるティーチングとは何が違うのでしょうか。

それは、アプローチのやり方や目的など多くの点で異なります。

例えば、コーチングのコミュニケーションはあくまで相手と対等なのが前提です。

そして相手に新しい気づきを与えたり視野を広げさせたりして、自発的に行動できるように促していくのです。

コーチは自ら答えを教えることはなく、相手が主体的に答えを見つけ行動できるように対話を重ねていきます。

単に方向性を指し示すだけでなく、相手の考える力も養うのです。

一方のティーチングの目的は対話ではなく「教える」です。

親や先生のように、今まで培ってきた経験や知識を相手に伝えていくのです。

この関係はコーチングのように対等ではなく、上下の関係性があります。

そのため、基本的に相手は受け入れるだけなので、考える必要はありません。

また、一方的なコミュニケーションになるケースが多々あります。

つまり、コーチングとティーチングは全く別物といえるのです。

コーチングの効果やメリット・デメリット

コーチングの効果やメリット・デメリット

コーチングの歴史やコーチングとティーチングの違いについて説明してきました。

コーチングは多くの点で優れていますが、どんな状況でもコーチングがよいわけではありません。

ここではコーチングのメリットとデメリット、またコーチングとティーチングの使い分け方などを紹介していきます。

コーチングのメリット

コーチングによって得られるメリットは大きく以下の3つがあります。

・相手のモチベーションが下がらない
・自ら考えて行動する力が育まれる
・多様性に対応できる広い視野を持てるようになる

コーチングは対等の関係で相手に自発的な行動を促します。

そのため、コーチングを受けた人は自分で考えて行動をするので、相手に「させられている」感覚があまりありません。

仕事でなくても無理やりさせられることは誰でもやる気が起こりにくいものです。

しかし、コーチングの場合は自分で行動をするので、相手のモチベーションの維持が容易にできるのです。

また、相手が率先して考えて行動できるようにもなります。

コーチングは相手に対して答えを教えることはなく、新しい考え方や気づきを得られるように対話によって導いていきます。

そのことによって、多様性に対しても対応できる広い視野を持てるようにもなるのです。

リーダーの視点でいえば、相手が目標に対して正しい認識を持てるようになり、かつ自分から行動ができるようになります。

つまり、業績がアップしやすくなるといえるでしょう。

コーチングのデメリット

一方で、コーチングにはデメリットも存在します。

1つ目は、短期的に結果が出ないことです。

コーチングは相手に考えさせて行動を促していくので、実際に動き出すまでに時間がかかります。

また、動き出しても期待通りの結果に結びつくとも限りません。

ティーチングの場合は「答え」をズバリ教えられるので、比較すると結果が出るまでに時間がかかるのです。

2つ目は、コーチングするには相手に一定の能力が必要である点です。

相手に答えを考えさせるためには、正しい答えを導き出せるだけの土台がいります。

相手がいくら前向きに取り組んだとしても、答えにたどり着くだけの力がないと意味がありません。

つまり、コーチングする側は相手にどの程度の力量があるかを見極めなければならないという力が求められます。

ティーチングと比べれば相手を選ぶので、面倒な要素といえるでしょう。

コーチングとティーチング、どちらを使えばよいの?

コーチングとティーチングにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

そこで、ここではコーチングとティーチングそれぞれの使い分けを紹介していきます。

コーチングの方が有効な場合

コーチングの方が有効な場合は、ズバリ時間に余裕があるケースです。

その理由はコーチングは相手と対話を重ねて自分で考えることを促すので、結果を出すには時間がかかるためです。

もし時間がない状態では、相手に考える時間を与えられないので十分な答えを導き出せません。

時間に余裕があれば答えを急がなくてもいいので、コミュニケーションを重ねて正しい答えに近づけます。

結果はすぐに出ない一方で、相手の考える力が養われるので組織の成長が促進されます。

コーチングでは相手に答えを教えることはないので、相手は自分で答えを発見していかなければなりません。

視野を広げて選択肢を増やせるので、相手の成長を促したい時はコーチングがおすすめです。

長期的に見ればコーチングを受ける相手が自発的に考えて動ける能力をつけられるので、組織の成長にもつながります。

時間に余裕がある時は積極的にコーチングによって組織の可能性を広げていきましょう。

ただし、コーチングのアプローチ法は一人ひとり異なるので、同時に複数人できないことにも注意してください。

ティーチングの方が有効な場合

ティーチングの方が有効なケースは、結果を急ぎたい時です。

ティーチングの特徴は「してほしいこと」「すべきこと」「やり方」など、答えを教えることです。

そのため、短期的に結果を上げたい時はティーチングをするとよいでしょう。

例えば、新人など土台が未完成の相手に対しては、コーチングよりもティーチングの方が向いています。

ティーチングで基礎をしっかりと叩き込むことで、考えるための土台を作っていきます。

そうすれば、のちにコーチングをする時に結果を出しやすくなるのです。

ただし、コーチングとは違ってティーチングは「指示」「命令」となりがちで、相手の考える力を育てることはなかなかできません。

また、相手とのコミュニケーションも一方通行になりやすく、関係を深める手段としても不向きです。

ティーチングは「今すぐどうにかしたい」という時に使うようにしましょう。

コーチングに必要な能力や資格とは?

コーチングに必要な能力や資格とは?

コーチングとはどういうものかは説明しましたが、実践するにはどのような能力が必要なのか疑問が残ります。

ここではコーチングに必要な能力やコーチング資格について紹介していきます。

コーチングに必要な能力やスキルとは?

まずはコーチングに欠かせないスキルについて3つ紹介していきます。

傾聴

傾聴とは、相手の話を細部までしっかりと聴いたり、表情やしぐさ、話し方などに注意を払ったりするコミュニケーション技術のことです。

コーチングだけでなくカウンセリングでも使われる技術で、これによって相手を理解して関係を深めていきます。

傾聴で重要なポイントは、議論が目的ではないので相手の話している内容をありのままに受け止めることです。

こうすることで、相手は積極的で自主的に話しができます。

また、自分自身で考えてものをいいやすくなることで、建設的に話しができます。

すると、話しながら自分自身の理解をも深められるのです。

コーチングは相手が自分で考えて答えを導き出していく手助けをすることですので、傾聴は重要な能力です。

コーチングをする時は単に相手の話を聞くだけでなく、耳と目を使って相手を深くまで理解するように努めましょう。

傾聴がうまくできると相手との信頼関係が深まるので、目的達成の支援がしやすくなります。

質問

コーチングでは質問がかなり重要で、実際に行う時には細心の注意が必要なスキルです。

コーチングの目的は答えを指し示すことではなく相手に答えを「気づかせること」ですので、質問のやり方がそのままコーチングの成功・失敗に結びつきます。

例えば、営業成績が上がらない相手に対して「なぜ○○を提示しないの?」「どうして資料を見せなかったの?」と営業の進め方を質問したとします。

相手は非難されていると感じるので前向きな答えを考えることはなく、その場しのぎのいいわけを考えるでしょう。

一方「ここで資料を提示できなかった要因は何が考えられる?」と質問すると、相手の失敗に焦点が向きにくくなります。

また、客観的に問題と向き合えるようになるので、自分で考える余裕が生まれます。

その結果、自分で反省点を分析して答えを導き出せるようになるのです。

同じ事象に対しても質問のやり方1つで相手に気づきを与えられるかどうかに大きな影響を与えます。

コーチングで質問をする時は、相手に気づきを与えられる質問かどうかを考えて行うようにしましょう。

評価(承認)

評価(承認)とは、相手の言動をほめることです。

相手の長所やよい部分を言葉や態度でほめることで、相手の「またほめられたい」という気持ちを掻き立てます。

これを繰り返していくことでよい傾向を定着させていくのです。

注意すべきポイントはしっかりと相手を理解して本当によい部分をほめることです。

何が何でもほめていては相手との信頼関係を築くことはできず、評価していることを十分に伝えられなくなります。

ココというポイントでしっかりと言葉や態度で相手をほめて承認していくようにしましょう。

コーチング資格の種類

コーチングのスキルを身につけるのは簡単ではありません。

ここでは正しいスキルを身につけられる資格について紹介していきます。

スキルを身につけたい人は、ここで紹介する資格を考えてみてください。

国際コーチ連盟のコーチング資格

国際コーチ連盟(ICF)とはアメリカに拠点を置き、世界約140ヵ国にプログラムを提供して約30,000以上の会員がいる世界最大の団体の1つです。

取得すれば世界的にも認められるので、多国籍企業などで仕事をしたいと考えている人におすすめです。

国際コーチ連盟では主に3つの資格があります。

・ACCアソシエート認定コーチ
・PCCプロフェッショナル認定コーチ
・MCCマスター認定コーチ

この中で、最も短期間で取得できるのが、ACCアソシエート認定コーチです。

具体的には60時間以上のトレーニングと100時間以上のコーチング経験です。

もちろん低いハードルではありませんが、国際コーチ連盟の資格を取得したい人は目指してみてください。

日本コーチ連盟のコーチング資格

日本コーチ連盟は日本でコーチを学びたい人のための一般社団法人です。

主な資格は以下の3つです。

・(社)日本コーチ連盟認定プロフェッショナル・コーチ
・(社)日本コーチ連盟認定コーチ
・(社)日本コーチ連盟認定コーチング・ファシリテータ

この中で、最も取りやすいのは(社)日本コーチ連盟認定コーチング・ファシリテータです。

なお、日本コーチ連盟ではコーチの資格の他にコーチング技術を教えるインストラクターを育てるための資格もあります。

管理職のリーダーがコーチングスキルを取得するだけでなく、インストラクター資格も取得すれば部下に技術を教えられます。

自分だけでなくコーチングスキルを持った人を育てたいという人は、日本コーチ連盟の資格を目指してみてはいかがでしょうか。

一般財団法人生涯学習開発財団のコーチング資格

日本のコーチング資格の中で最も有名なのが生涯学習開発財団のコーチング資格です。

生涯学習開発財団は文部科学省の外郭団体ですので、信頼性も高いです。

主な資格は以下の3つです。

・認定コーチ
・認定プロフェッショナルコーチ
・認定マスターコーチ

なお、認定マスターコーチを取得して一定の条件を満たすと、国際コーチ連盟の資格を取得できます。

ビジネスで利用できるコーチングの実践方法

ビジネスで利用できるコーチングの実践方法

ビジネスの世界でコーチングを使うためには、流れや身につけ方などを知っておかなければなりません。

ここではコーチングの流れや実践方法について紹介していきます。

コーチングの流れ

まず、最も大切なことはコーチングの流れです。

コーチングを進めていく方法をしっかりと理解していないと、全く結果が伴わないことになります。

ここではどのような流れで進めるとコーチングが機能するのか紹介していきます。

STEP1:目的、目標を決める

コーチングを効果的に行うためには、目的や目標を明確にすることから始めなければなりません。

目的地がしっかりと定まっていないと、ゴールに到達するのは困難です。

例えば「リーダーとしてマネジメント力をつける」「より機動的な組織にしていく」という目標では曖昧で不十分です。

そこでコーチングをする前に相手と目標を具体的に話し合っておかなければなりません。

仮に「より機動的な組織にしていく」という目標を設定するのであれば、以下のような目標が有効です。

・組織内の情報の共有化を進める
・生産性・創造性が高いチームを作る
・技術開発に力を入れる

目標を具体的にすることで、現状から考えて何が必要になってくるのかが見えてきやすくなります。

具体的な目標の設定方法としてはいったん作った目標に対して「なぜ?」「どうして?」「どのように?」などと、より深めていくのです。

こうすることで効果的なコーチングの土台が作れます。

STEP2:コーチングの実践方法を決める

コーチングを行っていくには、実際に進めていく具体的な方法を考えなければなりません。

すでに説明してきた通り、コーチングはかなり専門的で高度なスキルが必要です。

質問1つとってもコーチングのスキルを身につけていないと正しい質問ができず、相手を伸ばすことはできません。

基本的にはコーチングを実践する方法は以下の3つが挙げられます。

・プロのコーチをつける
・セミナーでスキルを習得する
・認定資格を取得する

コーチングを実践する3つの方法

コーチングを実践する方法3つを挙げましたので、ここからはそれぞれの方法をより具体的に説明していきます。

①プロのコーチをつける

コーチングにおいては、プロのコーチをつけることが有効です。

なぜならコーチング技術の習得は時間がかかる上に、簡単に身につくものでもないからです。

仮にビジネスの現場で実践しようとすれば、かなりの時間がかかります。

そのため、組織を管理する立場にある人に対してコーチをつけて、コーチングをしてもらうのが一般的です。

プロのコーチをつける方法は日本ではまだまだ普及していませんが、アメリカやヨーロッパなどコーチング文化が進んでいる地域では一般的です。

特に海外のトップ企業であれば当たり前のように行われています。

もちろん、プロのコーチを外部から雇うとなると持続的に費用がかかります。

しかし、それ以上のメリットが見込めるのであれば、積極的にプロのコーチをつけてみてはいかがでしょうか。

②セミナーでスキルを習得する

セミナーでコーチングスキルを磨くのも実践方法としては考えられます。

今は短期のセミナーが各地で行われているので、そこでコーチング技術を学ぶのも有効です。

傾聴や質問、承認など基本的な知識でも、知っているのと知らないのとでは結果が全く違います。

またセミナーによっては実技の機会もありますので、どこを改善すればよいのかなども現地で教えてもらえます。

そうすればすぐに職場で活用できるようになるので、実践方法としては優れたものといえるでしょう。

また最も少ない費用で学べるので出費を抑えたい人にもおすすめです。

ただし、セミナーではプロレベルの技術を身につけるには至りません。

プロレベルに到達したいという人は別の方法を考えてください。

③認定資格を取得する

最も時間がかかりますが、持続的にコーチングをしたいなら資格を取得するのがおすすめです。

例えば、管理職などのリーダーが資格を取得すれば、いつでも誰にでもコーチングを実施できるようになります。

資格は発行する団体によって費用や時間、プログラムに違いがあります。

そのため、自分に最も合った条件の資格を目指すのがおすすめです。

コーチングの効果がない?コーチングがうまくいかない理由とは?

コーチングの効果がない?コーチングがうまくいかない理由とは?

コーチングを実践しているのに、なかなか効果が出ないことはよくあります。

コーチングはすぐに結果が出ないので様子を見る必要はありますが、一向に結果が出ない場合は以下のような原因が考えられます。

・コーチの能力不足
・効果が出ない場でコーチングしている

以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

コーチングをする人の能力不足

コーチングには高度なスキルが要求されるので、能力がない人が行ってもなかなか結果は出ません。

例えば、コーチは相手の考えを整理させて、さまざまな方向に目を向けられるようにすることが求められます。

そうして自発的に考えて行動するように仕向けていくのです。

ところが、相手の話をしっかりと聴く能力が欠如していたり、質問の方法が不適切であったりすれば、いくらコーチングをしても効果は上がらないでしょう。

このような場合は、コーチを担当している人を交代したり資格を取得させたりしてください。

また、もし資格を取得している人であれば、セミナーに行かせて基本を思い出させるのがいいでしょう。

コーチングが有効ではない場でコーチングをしている

コーチングで効果が出ないケースとしては、コーチングが不向きな状況で行っていることも挙げられます。

例えば短期的に結果を出したいのに、コーチングを行っている状況です。

コーチングは相手が問題点に気づいて分析し、行動をしていくために時間がかかります。

そのため、すぐに結果が欲しい時にコーチングをしても、実践方法が適切でも思うような結果は出ません。

また、目標が曖昧な状況でもほとんど結果は出ないでしょう。

コーチングが最も力を発揮するのは「もう少しで何かが見える」という状態です。

そこから視点を変えたり選択肢を増やしたりすることで答えに気づいていくのです。

ところが、目標が不十分では気づくための材料ないので、なかなか結果が出ません。

コーチングをしても結果が出ない時は、環境が正しいかどうかを考えるようにしてください。

コーチングを本格的に学ぶ!おすすめ本3冊を紹介!

コーチングを本格的に学ぶ!おすすめ本3冊を紹介!

コーチング技術は実際にやってみないとなかなか身につきませんが、本で学んでおくことも重要です。

そこでここではおすすめの本を3冊紹介していきます。

まず全体像をつかむのに最適!『新版 コーチングの基本』

コーチングおすすめ本①『新版 コーチングの基本』
出典:Amazon

著者:コーチ・エィ
出版社:日本実業出版社

この本は実際に企業向けのトレーニングを実践しているコーチ9名が執筆しています。

そのため、経験に基づいたさまざまなエピソードが入っているので、かなりわかりやすい内容です。

初心者でもコーチングとは何かを体系的に学べる一冊となっています。

初心者にも読みやすい!『マンガでやさしくわかるコーチング』

コーチングおすすめ本② 『マンガでやさしくわかるコーチング』
出典:Amazon

著者:CTIジャパン
出版社:日本能率協会マネジメントセンター

この本はコーチングとは何なのかを楽しく理解したい人におすすめの本です。

マンガと文章が織り交ぜられているので、文章が苦手な人でもしっかりと学ぶことができます。

マンガだけでも十分な内容となっているので、はじめはマンガだけを読んで後から文章を読む方法でも十分に理解を深められます。

コーチングの入門書を探している人は手元に置いてみてはいかがでしょうか。

コーチングのテクニックまで学べる!『図解入門ビジネス 最新コーチングの手法と実践がよ~くわかる本』

コーチングおすすめ本③『図解入門ビジネス 最新コーチングの手法と実践がよ~くわかる本』
出典:Amazon

著者:谷口祥子
出版社:秀和システム

この本は実際にコーチングを実践する時に役立つものです。

例えば、コーチングの基本スキルが書かれているだけでなく、活用例も示されています。

コーチングの技術がわかってもどのように活用するのかイメージできないと、なかなか実践では使えません。

この本ではスキルや相手に向かう姿勢などが書かれていて、かつ絵柄の図解もあるので初心者でも実践しやすくなっています。

コーチングの現場をイメージしながら学びたい人は購入してみてください。

まとめ

コーチングとは相手の目標達成を手助けするためのスキルです。

しかし、なかなかコーチングを実践するのは簡単ではありません。

コーチングで組織を活気づけたいと考えている人は資格を取ったりプロを雇ったり、セミナーに行ったりしてみてください。

なお、コーチングに関する書籍はいくつもあり、この記事ではおすすめのものを3つ紹介しました。

気になる人は参考にしてみてください。

-コーチング

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.