退職代行

【体験談!】退職代行サービスの使い方から、トラブルまで徹底解説!

更新日:

「退職代行をした人の体験談ってあるの?」

「退職代行の使い方や起こりうるトラブルに関する生の声ってある?」

退職代行を使ってみたいと考えている人は、このような疑問を持っているのではないでしょうか?

実際退職代行にはたくさんのメリットがある一方で、デメリットがありリスクもあります。しかし、注意すべきポイントを見逃さなければ、安心して利用が可能です。

この記事では退職代行の使い方やメリット・デメリット、さらに体験談やレビューも詳しく紹介していきます。

読み進めていただければ、体験談などから自分にも使えるかどうか判断できるようになります。退職代行で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行とは?

退職代行という言葉は最近メディアなどでよく耳にします。実際身近な人が利用したという人も多いのではないでしょうか。

ここでは退職代行の具体的な中身とどんな人が利用しているのかを詳しく解説していきます。

退職代行サービスってなに?

退職代行サービスとは、ズバリ退職の手続きを弁護士や業者にやってもらうことです。

「退職」とひと言でいっても退職届を会社に届けたら終わりではありません。退職日の調整や有給休暇の消化、給料の未払い金があればその交渉などがあります。

他にも、離職票の取得や私物・会社からの借り物などの扱いについても話し合わなければなりません。

退職代行サービスはこのような退職にまつわるさまざまな手続きを本人に代わってすべてやってくれるサービスのことです。

意外と煩雑な手続きが多いので、経験豊富で優秀な業者に依頼できれば良い条件で退職が可能になります。

つまり、退職代行に依頼すれば煩わしい手続きをせずに済む上、希望に沿った形で退職ができるのです。

退職代行サービスとはどんな方が利用するの?

ひと言ではいえないくらい、退職代行はさまざまな人が利用しています。例えば、以下のような人たちです。

・パワハラ・セクハラ上司などで、退職届を直接出しにくい人
・有休を消化して退職したいけど、いい出しにくい人
・給料の未払い分などの交渉ができない人
・ノルマなどがきつ過ぎるので、即日退職したい人
・退職手続きを面倒に感じている人

などなどです。ちょっと挙げてみただけでも5つ出てきます。これらは主なケースですので、退職代行を依頼しようと考えている人はこれらに当てはまった人が多いでしょう。

しかし、その他にも退職を考えているけど会社にいえないという人・ケースはさまざまです。

「退職を自分からいい出しにくい」と感じている人はそれだけで退職代行を利用する価値があるので、ぜひ検討をしてみてください。

退職代行を利用する人は増えてきている!

どんな人が退職代行サービスを利用するのか紹介しましたが、実際利用する人は増え続けてきています。

その理由の1つとしてブラック企業やパワハラ・セクハラがなくならないことが挙げられます。

ブラック企業に勤めている人は長期労働を強いられたり休めなかったりして、精神的に追い詰められていくのです。パワハラ・セクハラが横行するような会社では安心して仕事ができません。


どちらのケースも会社に対して強い不信感があるので辞めたい一方、退職届を出すとどのような嫌がらせを受けるか心配で出せないのです。このような理由で、退職代行に依頼する人が増えているのです。

もちろん退職代行を利用すれば会社と直接交渉することなく即日辞められたり給料の未払い分を支払ってもらえたりするので、利用している人もいるでしょう。

いずれにしても、お金はかかるものの退職代行を利用すれば、その瞬間今の会社に関わることなく希望の条件で辞められるので利用者は増え続けているのです。

退職代行を利用するメリットとは?どんな方が利用するべき?

「退職代行サービスとはどんな方が利用するの?」でどんな人が使っているか紹介しました。

では利用すればどんなメリットがあるのか、また実際どんな人が利用するといいのか、ここで具体的に説明していきます。自分は利用すべきかどうかがわかります。

退職代行を利用するメリット!

退職代行を利用するメリットは以下のものが挙げられます。

・自分で直接いい出さないので、心理的に退職がしやすくなる
・会社に行って上司に会う必要がなくなる
・退職の煩わしい手続きをせずに済む

会社を辞める場合、優良な会社であったとしても辞める理由を聞かれたり思いとどまるように強く引き留められたりします。人によってはこれらに強いプレッシャーを感じます。

しかし、退職代行に依頼すれば業者が間に入って退職を伝えてくれるので、心理的にかなり楽に退職が可能になるのです。

また、パワハラやセクハラなどでもう顔も見たくないという上司に会うことなく辞められるのもメリットです。仮に話し合いが難しい相手でも、退職代行に依頼すればスムーズに退職できます。

さらに、一般的に退職をいい出した後も、退職日の調整や引継ぎ、離職票などさまざまなことで会社と何度も話し合いをしなければなりません。しかし退職代行に依頼しておけば、これらすべての手続きを一手に引き受けてやってもらえます。

つまり、退職代行に依頼すれば退職のストレスを一切受けずに辞められるのです。

退職代行はこんな方におすすめ!

退職代行の利用がおすすめの人は以下のような人です。

・自分で退職をいい出しにくい人
・会社に行きたくない人
・上司の顔も見たくない人
・退職の手続きをしたくない人
・良い条件で辞めたい人

会社に退職を伝えたいけど、いろいろな事情によって直接伝えられないという人はおすすめです。もし退職代行に依頼すれば会社などと話し合いをせずに辞められるので、かなり切り出しやすくなります。

また、手続きに関してもすべてやってもらえます。有給や未払い金などの申請をする必要はありませんし、それ以前に「退職届の書き方って?」と調べる必要すらありません。新卒で初めて退職をする人でも安心です。

しかも、業者が有給休暇の消化や退職日の交渉をしてくれるので、自分の希望通りに退職できる可能性もあります。自分で交渉するとなると、なかなかいい出しにくい部分もあるはずです。

しかし、退職代行に依頼すれば、希望を伝えておけばその条件に近づくように交渉をしてくれるので、良い条件で辞めることも可能です。

退職代行のデメリットとは?こんな場合はトラブルになる?

退職代行に依頼することはたくさんメリットがあります。一方でデメリットもあり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるのです。

ここではどのようなデメリットがあるのかや利用が向いていない人、注意点などを紹介していきます。大切な部分ですので、しっかりと目を通すようにしてください。

退職代行のデメリット

退職代行を依頼する最大のデメリットは費用です。例えば、一般の退職代行業者なら3~5万円程度、弁護士なら5万円以上が相場です。

正直、退職は民法上認められているので、誰でも自分の意志で退職はできます。わざわざ多額のお金を払ってまで退職を依頼する必要はないでしょう。

数千円など経済的な負担が小さいのであればいいですが、数万円もする費用はかなりのデメリットといえます。

他にも退職代行にはさまざまなリスクやトラブルの可能性がありますので、次でさらに詳しく解説していきます。

退職代行業者とトラブルになりやすいのは?

退職代行業者とトラブルになるリスクが高い人は、ズバリ業者についてしっかりと調べていない人です。

例えば、一般の退職代行業者は弁護士法上、会社と直接交渉することができません。退職代行業者によってはホームページ上で「即日退職可能」などと謳っているところがあります。

しかし、一般の業者は単に退職の意思を伝えることしかできず、即日辞められるように手配はできません。そうと知らずホームページだけを見て依頼すると、業者とトラブルになるのです。

また、未払い給料や残業代などの請求も一般の業者ではできません。その額が何百万円もあったとしても、請求ができないので泣き寝入りになる可能性もあります。

特に会社と交渉ができるのかは大切なポイントです。会社と交渉ができるのは弁護士か労働組合ですので、退職代行業者とトラブルにならないためには、弁護士か労働組合なのかなど業者についてしっかりと調べるようにしましょう。

それだけでトラブルがなくなるわけではありません。しかし初歩的なトラブルはこれで十分に防げるようになります。

勤務先の会社とトラブルになりやすいのは?

しっかりとした退職代行業者に依頼しても、勤務先とトラブルに発展してしまう人もいます。

例えば、退職代行を依頼することによって勤務先との信頼関係を崩してしまうような人は勤務先とトラブルになりやすいです。

具体的に見ていくと、退職代行業者などの第三者から退職を伝えられるのを良しとしない会社です。

このような場合、退職を認めないといってきたり何かと理由をつけて懲戒免職にしたりするケースがあります。

また、重要な仕事を任されていた人の場合、一方的に辞めて損害が出てしまうと、その分の損害賠償を請求される可能性もあります。

勤務先によりますが、話し合いをしっかりとしておいた方がいい会社の場合は、事前にトラブルに発展しないように手を打っておくことが大切です。

なお、裁判に発展すると一般の退職代行業者や労働組合では対応できません。そのため、勤務先とのトラブルが心配な人は弁護士に退職代行を依頼するのがおすすめです。

こんな方には向いていない

退職代行業者への依頼は、以下のような人はおすすめできません。

・ただ単に退職手続きを面倒と感じている人
・退職代行業者など調べるべきことを調べられない人
・重要な案件を抱えている状態で退職する人

退職の手続きは煩雑ですべてをスムーズにできるとは限らないので、面倒だと退職代行業者に依頼をする人がいます。しかし、依頼をするにはかなりの費用がかかるので、単に面倒と感じている人は自分で行った方がいいでしょう。

また、業者をしっかりと調べずに依頼しそうな人もおすすめできません。悪徳業者などに依頼をしてしまった場合、業者や勤務先とトラブルに発展してしまう可能性があります。そうなると多大な時間とお金の両方がかかってきます。

最も注意すべきは重要な案件を抱えている人や役員の人などです。事前に退職について会社と話し合いをしておかないと、会社に損害を与えてしまうリスクがあります。最悪の場合、損害賠償を請求されたり裁判となってしまったりするのです。

退職代行業者に依頼するのが向いていない人が利用する場合は、しっかりと注意してからにしてください。

退職代行サービスの実際の使い方とは?

退職代行のメリットやおすすめの人、業者選びの注意点などを紹介しましたので、自分に合っているのか、使えるのかわかったと思います。

そこでここからは退職代行サービスを実際に使う流れを解説していきます。ポイントポイントで注意点も紹介するので、利用を考えている人は確認していってください。

退職代行サービスの流れとは?

退職代行サービスを利用するためには電話やLINE、メールなどで相談をしなければなりません。

ここでは今や連絡手段の中心であるスマホを使った方法を紹介していきます。

スマホで退職について相談!

退職代行サービスをしているほとんどの業者とは、スマホがあればすぐに連絡が可能です。電話やLINE、メールなどいろいろな手段で相談ができるので、自分の都合のいい方法で連絡を取ってみてください。

中には夜勤や看護師で日中に連絡ができない人もいるでしょう。しかし24時間365日いつでも相談を受け付けている業者がありますので、日中連絡ができない人でも連絡が可能です。

基本的に相談は何度しても無料ですので、退職に際して伝えておきたいことやサービス内容、費用について入金前にしっかりと確認しておきましょう。

もちろん直接話ができない・したくないという人はメールやLINEでも相談できます。これならどんな相談をしたか記録を残せるので、後から頭を整理して少しずつ話を詰めていくことができます。

いずれにしても、勢いで決めてしまうのではなく、納得ができるまで相談を重ねて決めることが大切です。スマホはいろいろな形で記録を残せるので、最大限活用しましょう。

代金を入金

相談を重ねて手続きの進め方や退職代行サービスの内容、費用などに納得ができれば入金をします。入金方法は業者によって違いますが、基本的にクレジットや銀行振り込み、電子マネーなどで可能です。

基本的に入金後は退職代行サービスが開始されるので、後は退職が完了するのを待つだけです。

ただし、どうしても着金が確認されるまでには時間がかかります。もし今すぐにでも手続きを開始してほしいという人は、業者と相談の上で支払ったことがわかる通帳のコピーを用意するなどしてください。

入金が確認できればすぐに開始するという業者もあるので、希望する人は相談の段階で「入金を確認できればすぐに開始してくれるか」を確認しておくようにしましょう。

退職手続きを開始

着金が確認されれば、希望日時を待って退職代行手続きが開始されます。もし着金確認後すぐであれば、その日に退職の連絡を会社にします。

相談の段階で退職をスムーズに進めるための情報をすべて伝えていれば、後は手続きが終わるのを待っていればいいだけです。

適切な方法で退職の申し出があれば、よほどのことがない限り会社は依頼者の退職を認めます。そのためほとんどの場合は、退職代行の業者から結果報告、つまり手続きが完了し、退職ができたと報告を受けて終わりです。

必要があれば退職後に会社とやりとり

基本的に退職手続きが終われば、会社との関係も切れます。しかし、場合によっては退職後に会社とのやり取りが必要になるケースもあります。例えば、離職票の受け取りや私物・貸与物などをどうするかです。

退職代行業者が事前に話を済ませておいてくれることもありますが、状況によっては本人がしなければならないこともあります。退職後にロッカーや机から私物が見つかったなどはこのケースです。

このような場合は、退職後に本人が会社とやり取りをしなければなりません。しかし、退職後に会社と連絡を取るのは気まずいものです。そこで、退職後に会社と連絡をどうしても取りたくないという人は、アフターフォローがある業者を選ぶようにしましょう。

アフターフォローがあれば、後で会社との連絡が必要になっても対応してもらえます。

退職代行サービスのおすすめTOP5!体験談やレビューを紹介!

退職代行サービスについて詳しく解説してきましたが、結局どこがおすすめなのか知りたいのではないでしょうか。

そこでここでは体験談やレビューをもとに、おすすめの退職代行業者TOP5を紹介していきます。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアンを使った人の体験談やレビューを紹介していきます。

・30代男性
仕事を辞めようと会社に何度か退職願を出していたが、全然できなかった。退職代行ガーディアンに依頼したところ、すぐに話が進んだ。

・40代女性
費用は他よりも安い上にスムーズに退職ができたので、大変満足です。

・30代女性
退職手続きが進めば会社と連絡を取る必要はないといわれていたが、会社から一旦来てほしいと連絡が来た。退職はできたがここが不満でした。

いくつものメディアに掲載されているので、信用と実績がある退職代行業者です。基本的に「すぐに退職できた」という体験談が多かったです。

ただ、体験談には会社から連絡が来たことに不満をいうものがありましたが、会社に連絡をしないように依頼をしても、強制力はないので会社によっては直接連絡を取ってきます。

その点は考慮しなければならない点です。

退職代行ガーディアンのポイント

①東京労働経済組合が運営する組織ですので、会社とも交渉ができる
②費用も相場水準ですので、コスパないいといえるでしょう。

退職代行EXIT

退職代行EXITを使った人の体験談やレビューを紹介していきます。

・40代男性
退職代行EXITはメディアで知っていたので、安心できると思い依頼してみました。実際利用したらその日に退職ができました。

・20代女性
派遣の仕事が終わった深夜に連絡をしましたが、気持ちよく対応してもらえました。支払いは翌日にしましたが、思っていたよりもスピーディにすべてが終わった印象です。

・50代男性
どうしてもすぐに辞めたかったので、退職代行EXITを利用しました。ただ終わってから気づいたことですが、料金が相場よりも高かったので少し後悔があります。

退職代行の先駆けの業者ですので、経験が豊富で安心感がある会社です。体験談を調べていると、実際スピードに感心しているものが多数ありました。

ただし、料金に関しては他と比べて高いので、費用を抑えたい人は注意が必要です。

退職代行EXITのポイント

①退職代行の草分け的存在
②対応の早さには定評がある

退職代行SARABA

退職代行SARABAを使った人の体験談やレビューを紹介していきます。

・40代女性
相場よりも費用が安いので、利用に少し心配がありました。でも手続きが始まると退職までしっかりと対応してもらえました。

・50代女性
退職代行を使うことに抵抗がありました。でも退職代行を使うことに問題はないことがよくわかりました。安心できるサービスでした。

・20代男性
電話で相談をしましたが、深夜だったからか少し事務的な感じで冷たかったです。ただ、退職代行自体は問題なくやってもらえました。

費用が安いので利用している人が多い退職代行業者です。費用は安いですが労働組合なので会社と交渉が可能です。そういう意味ではコスパがいいといえるでしょう。

対応に悪いレビューがありましたが、決して接客態度が悪いわけではありませんので、安心してください。

退職代行SARABAのポイント

①相場よりも安い価格
②職代行SARABAユニオンという労働組合なので、会社と交渉ができる

退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチを使った人の体験談やレビューを紹介していきます。

・30代男性
10年以上勤めていたので、引き留めが激しかった。そこで退職代行ニコイチに依頼をすると、スムーズに円満退社ができました。

・20代男性
地方に住んでいるので対応してもらえる業者があまりありませんでしたが、退職代行ニコイチはすぐに対応をしてくれました。

・50代女性
電話対応は細かいところまでしっかりとしてくれました。ただ、事務的すぎるところが少し気になりました。

退職代行ニコイチは日本で初めて退職代行を始めた会社で、今なお業界No.1の実績を誇ります。費用も相場よりも安く追加費用もかからないので安心できる業者です。

接客対応では細かいところまで聞いてれるので、それが少し気になる人もいるようです。

退職代行ニコイチのポイント

①日本で初めて退職代行サービスを始めた業者
②弁護士が監修しているのに相場よりも安い

弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士法人みやびの退職代行サービスを使った人の体験談やレビューを紹介していきます。

・40代女性
期待以上の結果に驚いています。ブラック企業だったので揉めるのではと思っていましたが、申し込んだ2日後に退職ができました。

・20代男性
厄介な社長だったので弁護士事務所の退職代行サービスを利用しました。退職がすんなりできたのはもちろん、未払いの給料も受け取れたので最高の結果でした。

・50代女性
弁護士なので仕方ないのかもしれませんが、着手金が高いです。しかも郵送料などは実費なので、新卒や派遣の人には費用が厳しいかも。

損害賠償や裁判になっても安心なのが弁護士の退職代行業者です。弁護士法人みやびの退職代行サービスは弁護士に任せられるので、万が一にも万全なのがポイントです。

ただし、着手金が高かったり、書類の郵送料が別途かかったりするので、費用は相場よりも少し高いといえるでしょう。

弁護士法人みやびの退職代行サービスのポイント

①会社との対応は安心できる弁護士
②弁護士でも相談は無料

まとめ

退職代行はメディアでも取り上げられるほど、注目を集めているサービスです。退職したくてもいろいろな事情でできない人を弁護士や労働組合などが助けるものです。

利用には多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。しかし、注意すべきポイントを抑えておけば、安心して使えます。

この記事ではおすすめの退職代行サービスを紹介しているので、選ぶ時間がない人はこの中から選んでください。そうすれば、スムーズに希望通りの退職ができるでしょう。

-退職代行
-,

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.