テレワーク

リモートワークとは?テレワークとの違いからメリットまで徹底解説

更新日:

リモートワークとは?テレワークとの違いからメリットまで徹底解説

2016年度に政府が発表した「働き方改革」、そして2019年~現在まで続く「コロナ禍」で注目されているのが、オフィスやデスクで働かない「リモートワーク」です。

ニュース番組やバラエティでも、出演者の一部は別の場所からリモートで出演していますよね。

リモートワークはコロナ禍で普及されたと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、実は違います。

実はコロナ騒動の前から、積極的にリモートワークを推進し成功した企業がいくつも存在するのです。

今回は、リモートワークの語源由来、類似語であるテレワークとの違いメリット・デメリット、そしてリモートワークを行う際の注意点をご紹介します。

コロナ禍で誕生した新しい働き方を効率的に活用すれば、ライフスタイルがポジティブな方向に変わりますよ。

リモートワークとは?どのような働き方なの?

リモートワークとは?どのような働き方なの?

リモートワークと言っても、最初はどのような働き方なのか分からず戸惑っている方も多いかと思います。

そこでこの章では、リモートワークの定義や意味、類似語であるテレワークとの違いを簡単に解説します。

リモートワークの定義とは?

リモートワークとは、ICT(International Technology Communication:情報通信技術)を活用し、場所や時間に捉われない働き方を指します。

オフィスやデスクに限らず、自宅、カフェ、ホテルでWi-Fiとパソコン1台で好きな時間に働けるということです。

リモートワークとテレワークや在宅勤務との違いは?

リモートワークの他に、テレワークや在宅勤務など、似た表現が多く混乱する場合も多いかと思います。

ここで各々のフレーズの意味合いを整理していきましょう。

テレワークとの違いとは?

リモートワークと同等の頻度で使われるのがテレワークというフレーズ。

「work:働く」の形容詞である「リモート」と「テレ」の意味は、どちらも「遠い・遠隔の」です。

どちらも「オフィスから離れた場所で働く」という意味で、出社時間を省き負担を減らすという目的があります。

結論、明確な違いはほぼありません

政府による使用頻度が高いのが「テレワーク」というだけで、どちらも同じ意味合いを持つ言葉だということです。

在宅勤務との違いは?

そして似た意味合いを持つ言葉が在宅勤務です。

その名の通り自宅を仕事場にして働くことですが、背景には育児や介護などの家庭事情を理由に通勤が困難になり、人材の長期確保や作業効率を向上させるために、主に主婦の方に多い働き方です。

リモートワークは「オフィスから離れて働くこと」を意味するので、オフィス以外で働く在宅勤務との違いもないと考えていいでしょう。

モバイルワークとの違いは?

「モバイル」とは和訳すると「可動性のある、持ち運べる」という意味。

定義は「移動中や勤務先、カフェを就業場所としてスマホやタブレット端末で働くこと」です。

少しの移動時間やスキマ時間を使って、スマホで資料作成や会議を行って作業効率を向上させる働き方のこと。

今ではスマホで完結する仕事が山ほどありますから、立って働けるというのは非常に魅力的ですね。

ノマドワークとの違いは?

このフレーズを聞いたことがあるのは少数派だと思いますが、アメリカや欧州で主流になっています。

ノマドとはフランス語の「nomade」を語源としており、意味は「遊牧民・放浪者」。

原則オフィスやデスクでは仕事をせず、カフェやホテル、コワーキングスペース(共同作業所)などを転々として業務を行う人々を指す言葉で、気分によって場所を変える行為を遊牧民に例えた表現です。

「オフィスで仕事をしない」のはリモートワークと共通しているので、明確な違いはありません。

SOHO,HOHOとの違いは?

これらはアメリカで誕生した働き方の名称ですが、1つずつ解説していきます。

SOHO(ソーホー)とは「Small Office Home」の略語で、自宅以外の小さなオフィスや事務所で作業をする働き方のこと。

またHOHO(ソーホー)は「His Office Her Office」の略で、定年退職した夫婦が、自宅にオフィスを作り働くことを意味します。

どちらも会社以外の所にオフィスを作るという意味なので、在宅勤務やテレワークと同意義と言っていいでしょう。

リモートワークが注目されているのはなぜ?

リモートワークが注目されているのはなぜ?

冒頭で少し触れましたが、日本で最初にリモートワークをした企業はNEC(日本電気)です。

東京・吉祥寺にサテライトオフィスを増築したことで作業員の離職率も低下し、特に女性従業員からの支持が多く、社内の雰囲気も良くなったという結果が報告されています。

リモートワークは今後の働き方にも多くの影響を及ぼしそうです。

続いては、リモートワークが注目されている理由を解説していきます。

リモートワークが注目されている理由とは?

なんといってもまずは、コロナ禍による接触制限や通勤時間の減少がもたらした結果と言えるでしょう。

2019年度に新型コロナウイルスが大流行し始めてから、政府は原則7割のリモートワークを推奨してきました。

感染拡大防止のため、マスク・消毒・手洗い・うがいの他にテレワークや在宅勤務をしている職業も多いです。

中には全社員自宅勤務を原則として、社内から従業員を閉め出している企業もあるほどです。

コロナ終息後も生活に大きく関わるリモートワークですが、ここで現時点での普及率を確認しましょう。

リモートワークはどのくらい普及しているの?

コロナ以前の2017年度とコロナ禍での2019年度の普及率をご覧ください。

2017年度の総務省の調査では13.9%、東京都産業労働局では6.8%

2019年度の総務省の調査では20.9%、東京都産業労働局の調査では25.1%

以前に比べると遥かに値が高くなりましたが、政府が推奨する7割には遠く及ばない結果です。

飲食店や百貨店などの接客サービスを主とする企業は、リモートワークが難しい状況なのが現状です。

また国民が生活するうえで欠かせない「エッセンシャルワーカー」は、緊急事態下でも出勤せざるを得ないのです。

具体的にはヤマト運輸や佐川急便、Amazonなどの物流会社、スーパーやコンビニなどの生活用品店が該当します。

リモートワークのメリット・デメリット

リモートワークのメリット・デメリット

これまでリモートワークの定義、語源、普及率をご紹介しましたが、続いては実際にリモートワークを行う際の気を付けたい注意点、そしてメリット・デメリットを解説していきます。

リモートワークの5つのメリット

自分の集中しやすい環境で仕事ができる

自宅やお気に入りのカフェなど、普段から馴染みのある場所で仕事ができるのが大きなメリットです。

集中するのが難しい場合は、作業用BGMやルームフレグランスを使うとより作業効率が向上します。

仕事時間が柔軟に対応できる

自宅が仕事場なので、オフィスのように強制的に仕事をする必要がなく、

家事や育児の空き時間や好きな時間に働けるのも主婦の方々には嬉しいポイントです。

さらに書斎などの仕事モードに入れる環境作りをすると、より仕事の効率がアップします。

移動時間が無くなる

電車やバスなど公共機関での通勤が無いので、時間、交通費、そして満員によるストレスの緩和にもなります。

子育てや介護の時間も取りやすくなる

結婚後に退職して在宅勤務を行う主婦の方も多いでしょう。

自分の好きな時間に好きなだけ働けるので、緊張と緩和のスイッチが切り替わりやすいのも長所です。

育児や介護のバタバタがあっても、曜日によってフレキシブルに対応できるので、ストレス緩和にもつながります。

仕事外の勉強時間も取りやすくなる

仕事と家事のメリハリがつくようになると、心にも余裕ができるようになります。

子供を寝かしつけた後やリラックスタイムに、好きなお菓子や飲み物と一緒に資格の勉強や読書をするなど、新しい学びにも入りやすくなります。

リモートワークの3つのデメリット

一見メリットが多いようですが、仕事も家事も自宅作業になると、それなりの弊害も出てきます。

続いては実際にリモートワークをしている方からよく挙がるデメリット3つをご紹介します。

コミュニケーションのハードルが上がる

在宅勤務だと、同僚や上司との会話が圧倒的に減少するため会話不足になります

そしていざオンライン会議となると、言葉に詰まって積極的に発言できないなどの現象が起こってしまうのです。

また慣れない場合だと情報共有が困難になり、判断を誤ってトラブルを引き起こすケースも増えてきます。

あるリモートワーカーからは日中1人だと孤独感が強く作業が捗らないと言う声もあるほど、家に籠りがちになり精神的に不安定になってしまう可能性もあるのです。

仕事とプライべートとの区別がしにくい

日本は「外で仕事、家で休む」という帰属意識が非常に強い国民性があります。

リモートワークは家が仕事場なのでモチベーション管理が難しく、精神状態によっては作業効率が大きく下がり、最悪心の病になってしまう可能性も出てきます。

人の目がないのでダラダラしてしまうリスクがある

在宅勤務は原則個人作業なので、その日のノルマや目標設定も自分で行わなければいけません

会社では上司や同僚の監視で強制的に仕事スイッチが入りますが、リモートワークではそれが不可能です。

失敗するのも仕事をさぼるのも全て自己責任なので、誰かから言われないと仕事ができない人には不向きです。

リモートワークに向いている職業とは?

リモートワークに向いている職業とは?

全て個人作業で自己責任になるリモートワークですが、一方で1フリーランスとしての仕事も多くあります。

賃金が固定されている会社勤めとは異なり、実力と報酬が比例することも珍しいことではありません。

ここからは、リモートワークに向いている職種を4つご紹介します。

ITエンジニア・プログラマー

インターネット、情報工学、ソフトウェアの専門家であるエンジニアやプログラマーは、必要ソフトがインストールされたパソコン1台があれば、どこへでも飛んでいけます。

仕事日と休息日が不定期でスケジュールが立てにくいですが、パソコンとWi-Fiだけで時間・場所問わずに働けます。

デザイナー

ウェブ上のホームページや広告など、絵や模様を使って豊かに創り上げるWebデザイナーも即戦力の人材です。

大きな依頼だと1件数十万なんていうことも珍しくはありません。

ライター

書籍や雑誌の記事、ウェブサイトの文章を書く編集者やライターもリモートワークに向いています。

PC1台と情報共有ツールがあれば、自宅やカフェなど自分の好きな場所で好きなだけ働けます。

オンライン会議やチャットアプリでの業務連絡も随時行えるので、コミュニケーション不足の心配もありません。

マーケター

広告、営業、経営などに応用される「マーケティング」の専門知識を持ったマーケターは、

企業からの依頼で商品が売れる戦略やどのような広告が良いかをアドバイスするコンサルタントの役割もします。

オンラインやチャットツールでも簡単にアドバイスできるので、スキマ時間にも仕事が行えます。

リモートワークを導入する上での5つの注意点

リモートワークを導入する上での5つの注意点

リモートワークは選択肢なので、メリットデメリットを見極めたうえで決断しなければなりません。

続いてはリモートワークを行るうえでの注意点を5つご紹介します。

セキュリティや情報の取り扱いルールを作る

真っ先に注意しなければならないのは、情報漏洩のリスクです。

社外秘の極秘情報第三者に知られないよう、公共施設の無料Wi-Fiはできるだけ使わないようにしましょう。

最悪の場合、セキュリティ不備により情報が漏れてしまう可能性があります。

社内限定Wi-Fiや暗号化したパスワードを全員で共有すると、漏洩のリスクを回避できます。

勤怠管理や評価方法を見直す

リモートワークでは直接顔を合わせることがないので、社員の勤務状況が可視化できません

そうならないよう、始業・休憩・終業時刻を把握できるビジネスアプリやメール機能、電話報告を駆使すると社員の労働状況が把握できます。

長時間労働や過労を防ぐためにも、欠かさずしておくといいでしょう。

福利厚生を見直す

福利厚生とは、「企業が社員に対して通常賃金以外に支給する非金銭的報酬」を意味します。

具体的にいうと、業務時の備品代、社内での食事代、通期手当が挙げられますが、

リモートでは社内への通勤も食事も不要なので、リモートワークに特化した福利厚生を設定する必要があります。

例えば、通勤代・食事代廃止の代わりに、業務環境の構築支援や食事関連補助がリモートワーク向けになります。

業務を円滑に進めるためのツールを活用する

現代はLINE、Chatwork、Slackなどの業務連絡に特化したビジネスルールが数多くあります。

グループを作り従業員の進歩状況や日報を送ると、情報共有がスムーズになり疎外感なく仕事に集中できるようになります。

定期的にコミュニケーションをする場を設ける

リモートワークでの業務に限らず、オンライン飲み会やZoomでの懇親会などコミュニケーションする場所を積極的に作ると、社員のモチベーションアップやリラックス効果が見込めて、より作業に集中できます。

普段と違ったカジュアルでアットホームな雰囲気に、より愛社精神が高まるでしょう。

リモートワークの導入成功事例

リモートワークの導入成功事例

冒頭で触れたNSCのように、初期からリモートワークを導入し収益や信頼アップに繋げた企業や自治体があります。

最後に、成功事例をご紹介しましょう。

日本IBM社

1987年に女性従業員の作業効率向上のためにリモートワークを導入したIBM。

現在eWork(週3の在宅勤務)ホーㇺオフィス(週4~5日の在宅勤務)サテライトオフィスなどリモートワークの幅を拡大し、事業を展開しています。

イオン

小売り授業の大手企業であるイオンモールも、2015年度より在宅勤務制度を導入しました。

ダイバーシティ推進の観点で特に女性従業員の管理職に力を入れており、リモートワーク導入後は当事者から

育児と介護の両立が可能になり、作業効率が上がった」と高評価で、社内の空気も明るくなったといいます。

神戸市

もともとペーパーレス化とICT化に特に力を注いでいた神戸市は、来庁せずに業務可能な電子対応の増強を行っており、コロナ禍でも働き方改革と並行して、モートワークやモバイルワーク、フリーアドレスの利用可能まで拡大しています。

まとめ

繰り返しますが、リモートワークはあくまで1つの選択肢にすぎません。

本業以外に収入や名声を得て余暇を楽しみたい方は、副業として勉強しながらトライしてみてもいいでしょう。

コロナ禍で変わった働き方に新しい波が入ってくるのは新鮮な気持ちになりますが、

始めるからには、それ相応の覚悟がないと実現できません。

重要なのは、失敗するリスクを恐れず挑戦し続けることです。

リモートワークの導入が人生の新たなコンパスになってくれると、ライフスタイルも大きく変わりますよ。

-テレワーク

Copyright© リラックス睡眠ドットコム , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.